研究者
J-GLOBAL ID:201701002010097499   更新日: 2020年08月06日

岡本 翔平

オカモト ショウヘイ | Okamoto Shohei
所属機関・部署:
職名: 特別研究員(日本学術振興会)
研究分野 (3件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  医療管理学、医療系社会学 ,  経済政策
研究キーワード (4件): ライフコース ,  健康政策 ,  社会政策 ,  社会疫学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2021 人口高齢化と疾病構造の変化に対応したユニバーサルヘルスカバレッジに関する研究
  • 2019 - 2020 疫学転換に対応したUniversal Health Coverageモニタリング指標の開発
論文 (8件):
  • Murayama H, Kobayashi E, Okamoto S, Fukaya T, Ishizaki T, Liang J, Shinkai S. National prevalence of frailty in the older Japanese population: Findings from a nationally representative survey. Archives of Gerontology & Geriatrics. 2020. in press
  • Shiraishi K, Sumita K, Kamimura K, Okamoto S, Komamura K. Relative income and life satisfaction: Who compares their income to whose income and to what extent?. PDRC Discussion Paper Series: Panel Data Research Center, Keio University. 2019. DP2019-002
  • Okamoto S. Socioeconomic factors and the risk of cognitive decline among the elderly population in Japan. International Journal of Geriatric Psychiatry. 2019. 34. 2. 265-271
  • Okamoto S, Avendano M, Kawachi I. Intergenerational income mobility and health in Japan: A quasi-experimental approach. Social Science & Medicine. 2019. 230. 37-48
  • Okamoto S. Hours of work and health in Japan. Annals of Epidemiology. 2019. 33. 64-71
もっと見る
MISC (10件):
  • 岡本翔平. 高齢期の就労が健康行動に与える影響についての実証分析. 高齢者の健康と生活に関する縦断的研究-第9回調査(2017)研究報告書. 2020. 65-84
  • 岡本翔平. デミスパンによる身長の予測. 高齢者の健康と生活に関する縦断的研究-第9回調査(2017)研究報告書. 2020. 19-24
  • 小林江里香, 岡本翔平. 第9回調査の研究対象と実施方法. 高齢者の健康と生活に関する縦断的研究-第9回調査(2017)研究報告書. 2020. 1-18
  • 岡本翔平. 高齢期の就労と健康(特集:健康寿命と資産寿命). 健康長寿ネット, 公益財団法人長寿科学振興財団. 2019
  • 岡本翔平. 健康の社会的決定要因:仕事からの引退と健康との関わりについて. 東京都健康長寿医療センター研究所NEWS. 2019. 295
もっと見る
講演・口頭発表等 (20件):
  • Social isolation and cognitive functioning among older Japanese adults
    (The 2019 Gerontological Society of America Annual Scientific Meeting 2019)
  • Living alone and psychological well-being among older adults in Japan
    (The 11th International Association of Gerontology and Geriatrics Asia/Oceania Regional Congress 2019)
  • 中高年者の認知機能低下における男女差の要因分解
    (第78回日本公衆衛生学会 2019)
  • Epidemiological transition and universal health coverage in Japan
    (The 5th International Conference on Public Health 2019)
  • 全国高齢者代表サンプ ルを用いた日本人高齢者の Frailty の分布推計と健康アウトカムとの関連
    (第 61 回日本老年医学会 学術集会 2019)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 2017 - 2020 慶應義塾大学 経済学研究科 後期博士課程
  • 2017 - 2017 King's College London Institute of Psychiatry, Psychology & Neuroscience (IoPPN) Epidemiology & Statistics for Mental Health Research
  • 2016 - 2017 慶應義塾大学 医学研究科 衛生学公衆衛生学 修士課程
  • 2014 - 2016 慶應義塾大学 経済学研究科 修士課程
  • 2010 - 2014 慶應義塾大学 経済学部
学位 (4件):
  • 学士(経済学) (慶應義塾大学)
  • 修士(経済学) (慶應義塾大学)
  • 修士(医科学) (慶應義塾大学)
  • 博士(経済学) (慶應義塾大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター 研究所 特別研究員(日本学術振興会)
  • 2018/10 - 2020/03 慶應義塾大学 研究員
  • 2018/04 - 2020/03 東京都健康長寿医療センター研究所 非常勤研究員
  • 2014/04 - 2019/03 慶應義塾大学 リサーチアシスタント
  • 2017/10 - 2018/03 King's College London 訪問研究員
受賞 (2件):
  • 2018/10 - 日本公衆衛生雑誌 優秀論文賞
  • 2016/11 - 日本介護福祉・健康づくり学会 学会大会最優秀賞
所属学会 (6件):
International Epidemiological Association ,  日本老年社会科学会 ,  日本疫学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  医療経済学会 ,  生活経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る