研究者
J-GLOBAL ID:201701002504640993   更新日: 2019年11月18日

塚本 僚平

Tsukamoto Ryohei
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 地理学
研究キーワード (3件): 産業集積 ,  地域産業 ,  地場産業
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2015 - 2017 繊維関連産業集積地における構造変化と地域コミュニティに関する地理学的研究
論文 (9件):
  • 塚本 僚平. 地場産業産地における構造変化と産地維持 : 岡山県倉敷市児島地区におけるジーンズ生産を事例に. 商経論叢. 2016. 57. 2. 89-106
  • 塚本 僚平. ネットワーク、コミュニティ、産業地域社会と地場産業研究 : 近年における集積研究の動向から. 商経論叢. 2016. 57. 1. 15-34
  • 塚本 僚平. 今治タオルのブランド化と産地維持 (横山秀司教授退職記念号). 商経論叢. 2015. 56. 2. 35-52
  • 塚本 僚平. 「産業地域社会」論の再検討. 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要. 2013. 36. 271-289
  • 塚本 僚平. 地場産業の産地維持とブランド化 : 愛媛県今治タオル産地を事例として. 経済地理学年報. 2013. 59. 3. 291-309
もっと見る
MISC (2件):
  • 塚本 僚平. 地場産業産地における生産・流通構造 : 児島アパレル産地を事例に (2016年度 地域地理科学会 大会記録). 地域地理研究 = Journal of systematic regional geography. 2016. 22. 2. 23-25
  • 塚本 僚平. 瀬戸内地域における地場産業産地の形成と発展・存続 : 東かがわ手袋産地を中心に (2014年度 地域地理科学会 大会記録) -- (シンポジウム 地域地理科学会・中四国都市学会共催 「瀬戸内」の今日的意義 : 近年における地域産業の動向から). 地域地理研究 = Journal of systematic regional geography. 2015. 21. 1. 24-26
講演・口頭発表等 (5件):
  • 地場産業産地における生産・流通構造-児島アパレル産地を事例に-
    (地域地理科学会 第26回大会 2016)
  • 今治タオルのブランド化と産地維持
    (日本地理学会 秋季学術大会 2015)
  • 瀬戸内地域における地場産業産地の形成と発展・存続-東かがわ手袋産地を中心に-
    (地域地理科学会 第24回大会 2014)
  • 今治タオル産地における生産工程の変化と産地ブランド化
    (日本地理学会 春季学術大会 2011)
  • 地場産業産地の構造変化とその要因-香川県東かがわ市の手袋製造業を事例として-
    (中国四国歴史学地理学協会 2008年度大会 2008)
学歴 (4件):
  • 2010 - 2013 岡山大学大学院 博士後期課程
  • 2009 - 2010 岡山大学大学院
  • 2007 - 2009 岡山大学大学院 博士前期課程
  • 2002 - 2007 岡山大学 行動科学科
経歴 (3件):
  • 2017/04 - 現在 福山市立大学 都市経営学部 都市経営学科 専任講師
  • 2014/04 - 2017/03 九州産業大学 商学部 商学科 専任講師
  • 2013/04 - 2014/03 岡山大学大学院 社会文化科学研究科 客員研究員
所属学会 (4件):
地域地理科学会 ,  経済地理学会 ,  人文地理学会 ,  日本地理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る