研究者
J-GLOBAL ID:201701002547127165   更新日: 2021年07月20日

小松 徹

コマツ トオル | Komatsu Toru
所属機関・部署:
職名: 特任助教
ホームページURL (1件): http://www.f.u-tokyo.ac.jp/~taisha/
研究分野 (1件): 薬系化学、創薬科学
論文 (98件):
  • Kouichi Yanagi, Toru Komatsu, Shusuke Ogihara, Takayoshi Okabe, Hirotatsu Kojima, Tetsuo Nagano, Tasuku Ueno, Kenjiro Hanaoka, Yasuteru Urano. Establishment of live-cell-based coupled assay system for identification of compounds to modulate metabolic activities of cells. Cell reports. 2021. 36. 1. 109311-109311
  • Isshin Shiiba, Keisuke Takeda, Shun Nagashima, Naoki Ito, Takeshi Tokuyama, Shun-Ichi Yamashita, Tomotake Kanki, Toru Komatsu, Yasuteru Urano, Yuuta Fujikawa, et al. MITOL promotes cell survival by degrading Parkin during mitophagy. EMBO reports. 2021. 22. 3. e49097
  • Koji Numasawa, Kenjiro Hanaoka, Takayuki Ikeno, Honami Echizen, Tomoe Ishikawa, Masakazu Morimoto, Toru Komatsu, Tasuku Ueno, Yuji Ikegaya, Tetsuo Nagano, et al. A cytosolically localized far-red to near-infrared rhodamine-based fluorescent probe for calcium ions. The Analyst. 2020. 145. 23. 7736-7740
  • Ryo Tachibana, Mako Kamiya, Akihiko Morozumi, Yoshiyuki Miyazaki, Hiroyoshi Fujioka, Aika Nanjo, Ryosuke Kojima, Toru Komatsu, Tasuku Ueno, Kenjiro Hanaoka, et al. Design of spontaneously blinking fluorophores for live-cell super-resolution imaging based on quantum-chemical calculations. Chemical communications (Cambridge, England). 2020. 56. 86. 13173-13176
  • Ryu J Iwatate, Akira Yoshinari, Noriyoshi Yagi, Marek Grzybowski, Hiroaki Ogasawara, Mako Kamiya, Toru Komatsu, Masayasu Taki, Shigehiro Yamaguchi, Wolf B Frommer, et al. Covalent Self-Labeling of Tagged Proteins with Chemical Fluorescent Dyes in BY-2 Cells and Arabidopsis Seedlings. The Plant cell. 2020. 32. 10. 3081-3094
もっと見る
MISC (2件):
  • Toru Komatsu, Yukihiro Itoh. Challenges of young chemists to be global. Yakugaku Zasshi. 2019. 139. 2. 185-186
  • Yuichiro Ishii, Hiroyuki Okuno, Toru Komatsu, Tetsuo Nagano, Yasuteru Urano, Haruhiko Bito. Quantitative imaging of synaptic receptor dynamics using a fluorescence activation-coupled protein labeling (FAPL) method. NEUROSCIENCE RESEARCH. 2011. 71. E319-E320
書籍 (10件):
  • 酵素のはたらきを見て疾患を知る ~Activity-based diagnosticsの最新動向~/月刊「細胞」2021年 5月臨時増刊号 分子夾雑effect: 見えてきた疾患や創薬との繋がり
    2021
  • 1分子計測リキッドバイオプシーの夜明け/日本プロテオーム学会誌2020 年 5 巻 1 号 p. 23-32
    2020
  • (+)-カテキンを介した大腸がん細胞のヒストンメチル化の減少/バイオサイエンスとインダストリー 78(4), 326-328, 2020
    2020
  • 疾患と関わる代謝異常を見る、操る ~”live” biochemistry による疾患関連タンパク質の機能理解~/実験医学増刊 Vol.38 No.10 食と健康を結ぶメディカルサイエンス
    2020
  • ペプチド代謝活性の網羅的解析による新規疾患関連酵素の発見と機能制御/MEDCHEM NEWS 30巻(2020)20号
    2020
もっと見る
講演・口頭発表等 (36件):
  • 抗体クリック反応による細胞表面選択的凝集による機能制御
    (第21回日本蛋白質科学会年会 2021)
  • 血液中1分子酵素活性の網羅的検出による新規疾患関連酵素の探索
    (第75回 日本口腔科学会学術集会 2021)
  • Diced electrophoresis gel アッセイ法を用いた疾患関連酵素の探索
    (第71回日本電気泳動学会総会 2020)
  • 酵素活性の網羅的解析(enzymomics)に基づく新規疾患診断技術の開発の試み
    (東北大学 生命科学研究科 生命科学 web セミナー 2020)
  • Development of Enzymomics Platform for Screening Altered Enzymatic Functions in Diseases
    (The 7th International Postgraduate Conference on Pharmaceutical Sciences (iPoPS 2020) 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2004 - 2009 東京大学
  • 2000 - 2004 東京大学
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2010/10 - 現在 東京大学 大学院薬学系研究科 助教
  • 2013/09 - 2018/03 国立研究開発法人 科学技術振興機構 さきがけ 個人研究者
  • 2010/04 - 2010/09 スクリプス研究所(米国) 博士研究員
  • 2010/04 - 2010/09 日本学術振興会 海外特別研究員
  • 2009/04 - 2010/03 ジョンズホプキンス大学(米国) 医学系研究科 博士研究員
全件表示
受賞 (5件):
  • 2020/10 - 日本電気泳動学会 日本電気泳動学会第21回奨励賞(服部賞) Diced electrophoresis gelアッセイ法を用いた疾患関連酵素の探索
  • 2019/11 - 公益社団法人 日本薬学会 医薬化学部会 2019年度 日本薬学会 メディシナルケミストリーシンポジウム優秀賞 ペプチド代謝子活性の網羅的解析による新規疾患関連酵素の発見と機能制御
  • 2018/04 - 文部科学省 平成30年度 文部科学大臣表彰(若手科学者賞) 「酵素の動的機能の理解による疾患関連タンパク質の探索研究」
  • 2017/10 - International Chemical Biology Society Young Chemical Biologist Award 2017 "Development of enzymomics approach to search for disease-related alternation of enzymatic functions"
  • 2017/03 - 公益社団法人 日本薬学会 平成29年度 日本薬学会奨励賞 「酵素の動的機能の理解による疾患関連タンパク質の発見と機能評価」
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る