研究者
J-GLOBAL ID:201701002856272374   更新日: 2020年08月25日

鈴木 基史

スズキ モトフミ | Suzuki Motofumi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 腫瘍生物学 ,  放射線科学 ,  腫瘍診断、治療学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - 2020 オートファジーによる細胞防護効果の分子機構の解明と新規治療法への展開
論文 (1件):
  • Maeda K, Yasui H, Yamamori T, Matsuura T, Takao S, Suzuki M, Matsuda A, Inanami O, Shirato H. A Nucleoside Anticancer Drug, 1-(3-C-Ethynyl-β-D-Ribo-Pentofuranosyl)Cytosine, Induces Depth-Dependent Enhancement of Tumor Cell Death in Spread-Out Bragg Peak (SOBP) of Proton Beam. PloS one. 2016. 11. 11. e0166848
MISC (20件):
  • 平山亮一, 鵜澤玲子, 鈴木基史, LIU C, 武島嗣英, PAZ A, 松藤成弘. 重粒子線特異的な生物効果と放射線線質効果に関する基礎研究. 量子科学技術研究開発機構研究報告書(Web). 2019. 13. 129-130 (WEB ONLY)
  • 鵜澤玲子, 鈴木基史, 鈴木基史, 平山亮一. 重粒子線による腫瘍再酸素化の病理組織学的評価による基礎研究. 量子科学技術研究開発機構研究報告書(Web). 2019. 13. 78-79 (WEB ONLY)
  • 平山亮一, 鵜澤玲子, 鈴木基史. 重粒子線による腫瘍再酸素化に関する基礎研究. 量子科学技術研究開発機構研究報告書(Web). 2018. 8. 65-66 (WEB ONLY)
  • 平山亮一, 鈴木基史, 鵜澤玲子, LIU C, 松藤成弘. 重粒子線の線質が及ぼす大気下ならびに低酸素環境下での生物効果. 量子科学技術研究開発機構研究報告書(Web). 2018. 8. 110-111 (WEB ONLY)
  • 鈴木基史, 鈴木基史, 松本謙一郎, 中西郁夫, 長谷川純崇. 放射線によって誘導されるオートファジーと細胞周期チェックポイントとの相互制御機構の解明. 日本放射線影響学会大会抄録(Web). 2018. 61st. 78 (WEB ONLY)
もっと見る
書籍 (1件):
  • 酸化ストレスの医学 改訂版第2版
    診断と治療社 2014 ISBN:4787821180
学歴 (2件):
  • 2013 - 2017 北海道大学大学院 獣医学研究科
  • 2007 - 2013 東京農工大学 農学部 獣医学科
学位 (1件):
  • 博士(獣医学) (北海道大学)
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所 協力研究員
  • 2019/02 - 現在 北海道大学 助教
  • 2018/04 - 2019/01 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 研究員
  • 2017/04 - 2018/03 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所 研究員
委員歴 (1件):
  • 2019/01 - 2019/12 若手放射線生物学研究会 副運営委員
受賞 (3件):
  • 2019/06 - 日本酸化ストレス学会 第72回日本酸化ストレス学会優秀ポスター発表賞
  • 2016/10 - 日本放射線影響学会第59回大会 優秀発表賞
  • 2015/09 - 日本獣医学会第158回大会 生理生化学分科会奨励賞
所属学会 (3件):
日本放射線影響学会 ,  日本獣医学会 ,  日本酸化ストレス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る