研究者
J-GLOBAL ID:201701003360563154   更新日: 2021年01月16日

磯部 紀子

イソベ ノリコ | Isobe Noriko
所属機関・部署:
職名: 特任准教授
研究分野 (1件): 神経内科学
研究キーワード (5件): 遺伝子型-表現型関連解析 ,  遺伝子解析 ,  ヒト白血球抗原 ,  視神経脊髄炎 ,  多発性硬化症
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2023 視神経脊髄炎の横断性脊髄炎遺伝リスクBKチャネルの作用機構解明と神経保護療法開発
  • 2019 - 2022 遺伝環境リスクと病態特異的抗神経分子抗体に基づく脱髄疾患の自己免疫機構解明と治療
  • 2019 - 2022 新規同定環境リスク因子に基づいたウルチ米アミロースによる多発性硬化症の画期的治療
  • 2019 - 2022 日本人多発性硬化症での疾患修飾薬による進行性多巣性白質脳症多発機序の解明と防止
  • 2018 - 2021 アリルの片親起源効果を考慮した多発性硬化症リスク遺伝子の新規同定と寄与機構の解明
全件表示
論文 (67件):
  • Mitsuru Watanabe, Yuri Nakamura, Shinya Sato, Masaaki Niino, Hikoaki Fukaura, Masami Tanaka, Hirofumi Ochi, Takashi Kanda, Yukio Takeshita, Takanori Yokota, et al. HLA genotype-clinical phenotype correlations in multiple sclerosis and neuromyelitis optica spectrum disorders based on Japan MS/NMOSD Biobank data. Scientific reports. 2021. 11. 1. 607-607
  • Fumie Hayashi, Noriko Isobe, Jacob Glanville, Takuya Matsushita, Guzailiayi Maimaitijiang, Shoko Fukumoto, Mitsuru Watanabe, Katsuhisa Masaki, Jun-Ichi Kira. A new clustering method identifies multiple sclerosis-specific T-cell receptors. Annals of clinical and translational neurology. 2021
  • Hidenori Ogata, Xu Zhang, Saeko Inamizu, Ken-Ichiro Yamashita, Ryo Yamasaki, Takuya Matsushita, Noriko Isobe, Akio Hiwatashi, Shozo Tobimatsu, Jun-Ichi Kira. Optic, trigeminal, and facial neuropathy related to anti-neurofascin 155 antibody. Annals of clinical and translational neurology. 2020. 7. 11. 2297-2309
  • Takuya Matsushita, Katsuhisa Masaki, Noriko Isobe, Shinya Sato, Ken Yamamoto, Yuri Nakamura, Mitsuru Watanabe, Toshihiko Suenaga, Jun-Ichi Kira. Genetic factors for susceptibility to and manifestations of neuromyelitis optica. Annals of clinical and translational neurology. 2020. 7. 11. 2082-2093
  • Nathan Nakatsuka, Nick Patterson, Nikolaos A Patsopoulos, Nicolas Altemose, Arti Tandon, Ashley H Beecham, Jacob L McCauley, Noriko Isobe, Stephen Hauser, Philip L De Jager, et al. Two genetic variants explain the association of European ancestry with multiple sclerosis risk in African-Americans. Scientific reports. 2020. 10. 1. 16902-16902
もっと見る
MISC (99件):
  • 磯部 紀子. 免疫介在性疾患の病因追究手段としてのHLAその他の遺伝子解析手法の原理と臨床的意義づけ. 神経免疫学. 2020. 25. 1. 58-58
  • 松下 拓也, 磯部 紀子, 眞崎 勝久, 渡邉 充, 福元 尚子, 林 史恵, 中村 優理, 迫田 礼子, 吉良 潤一. フマル酸ジメチル導入による多発性硬化症再発抑制効果とその関連因子. 神経免疫学. 2020. 25. 1. 128-128
  • 磯部 紀子, 新野 正明, 松下 拓也, 中村 優理, 中島 一郎, 渡邉 充, 酒井 康成, 迫田 礼子, 中原 仁, 河内 泉, et al. 第5回全国調査が示す多発性硬化症・視神経脊髄炎総患者数の増加. 神経免疫学. 2020. 25. 1. 129-129
  • 福元 尚子, 渡邉 充, 新野 正明, 磯部 紀子, 松下 拓也, 眞崎 勝久, 迫田 礼子, 林 史恵, 吉良 潤一. 日本人多発性硬化症患者における高次脳機能(BICAMS)とMRIパラメータとの関連. 神経免疫学. 2020. 25. 1. 139-139
  • 渡邉 充, 松尾 江梨子, グザリアイ・ママティジャン, 迫田 礼子, 福元 尚子, 林 史恵, 眞崎 勝久, 磯部 紀子, 松下 拓也, 吉良 潤一. フィンゴリモドを長期使用した日本人多発性硬化症患者で残存する疾患活動性に関するリンパ球分画の同定. 神経免疫学. 2020. 25. 1. 142-142
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2007 - 2010 九州大学
  • 1997 - 2003 九州大学 医学科
学位 (2件):
  • 医学博士 (九州大学)
  • Ph. D. (Kyushu University)
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 九州大学大学院医学研究院 神経内科学 特任准教授
  • 2017/04 - 2020/03 九州大学大学院医学研究院 脳神経治療学 准教授
  • 2016/10 - 2017/03 カリフォルニア大学サンフランシスコ校 神経内科学
  • 2010/10 - 2016/09 カリフォルニア大学サンフランシスコ校 神経内科学 Postdoctoral fellow
  • 2005/03 - 2007/03 済生会福岡総合病院 神経内科 医員
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2020/11 - 現在 日本神経免疫学会 MS・NMOSD委員会委員
  • 2020/08 - 現在 日本神経学会 多発性硬化症・視神経脊髄炎診療ガイドライン作成委員会副委員長
  • 2017 - 現在 日本神経免疫学会 評議員
受賞 (2件):
  • 2014/04 - 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2012/04 - 日本学術振興会 海外特別研究員
所属学会 (6件):
日本内科学会 総合内科専門医 ,  米国神経学会 ,  日本神経治療学会 ,  日本脳卒中学会 ,  日本神経免疫学会 ,  日本神経学会 専門医
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る