研究者
J-GLOBAL ID:201701003589850505   更新日: 2021年05月25日

栗林 千聡

クリバヤシ チサト | Kuribayashi Chisato
所属機関・部署:
職名: 契約研究員
研究分野 (2件): スポーツ科学 ,  臨床心理学
研究キーワード (12件): イップス ,  メンタルトレーニング ,  行動的コーチング ,  女性心身医学 ,  摂食障害 ,  競技不安 ,  スポーツカウンセリング ,  ジュニア選手 ,  臨床心理学 ,  スポーツ心理学 ,  認知行動療法 ,  臨床スポーツ心理学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2021 - 2024 摂食障害予防を目的とした基礎的研究および予防的介入プログラムの開発
  • 2020 - 2023 イップスの実態把握および治療モデルの構築
  • 2021 - 2022 アスリートのイメージの質と試合での実力発揮の関係
  • 2018 - 2019 子どもの怒りの発現・維持プロセスに関する研究
  • 2018 - 2019 大学生アスリートの摂食障害予防に向けた基礎研究-大学生アスリートとその親,コーチの完全主義が,アスリートの摂食障害症状に与える影響-
全件表示
論文 (9件):
もっと見る
MISC (7件):
  • 高橋 史, 岸田 広平, 栗林 千聡, 武部 匡也, 松原 耕平. エビデンスに基づく心理療法とその基盤制度 : 日本における医療・教育・福祉・司法・産業の臨床五領域について. 信州大学教育学部研究論集. 2020. 14. 14. 331-348
  • 栗林 千聡, 中村 菜々子, 佐藤 寛. ジュニア選手の競技不安はDSMにおける不安障害の概念によって説明できるか. 関西学院大学心理科学研究 = Kwansei Gakuin University, bulletin of psychological science research. 2018. 44. 1-7
  • 栗林 千聡, 武部 匡也, 岸田 広平, 佐藤 寛. 大学生アスリートの摂食障害予防に向けた基礎研究 : 大学生アスリートとその親,コーチの完全主義がアスリートの摂食障害症状に与える影響. 笹川スポーツ研究助成研究成果報告書 = Sasakawa sports research grants. 2018. 54-59
  • 栗林 千聡, 佐藤 寛. 硬式テニスのファーストサービス成功率の改善に自己記録と自己目標設定を用いた介入の有効性. 人文論究. 2016. 66. 3. 47-55
  • 栗林 千聡, 佐藤 寛. コーチと選手の関係維持方略がジュニアテニス選手の競技不安に与える影響. 関西大学社会学部紀要. 2015. 47. 1. 31-39
もっと見る
書籍 (6件):
  • アスリートのメンタルは強いのか? : スポーツ心理学の最先端から考える
    晶文社 2020 ISBN:9784794970411
  • アスリートのメンタルは強いのか? : スポーツ心理学の最先端から考える
    晶文社 2020 ISBN:9784794970411
  • 公認心理師国試必須センテンス
    学研メディカル秀潤社 2018 ISBN:9784780913330
  • 公認心理師国試必須センテンス
    学研メディカル秀潤社 2018 ISBN:9784780913330
  • 臨床スポーツ心理学ハンドブック
    西村書店 2018 ISBN:9784890134861
もっと見る
講演・口頭発表等 (34件):
  • A Randomized Controlled Trial of Cognitive Behavioral Therapy vs a Mindfulness-Based Intervention to Reduce Depressive Symptoms in University Students: Targeted Group Interventions
    (50 th European Association of Behavior and Cognitive Therapies 2020)
  • うつ病リスクの高い大学生の抑うつ症状に対する集団認知行動療法と集団マインドフルネス介入の無作為化比較試験 ( II )
    (日本認知・行動療法学会第46回大会 2020)
  • 大学生の抑うつ症状に対する集団認知行動療法と集団マインドフルネス介入の無作為化比較試験 ( I )
    (日本心理学会第84回大会 2020)
  • ジュニア選手の競技不安に対する認知行動療法
    (日本心理学会第84回大会 2020)
  • 高校チアリーダー部・ダンス部・バスケットボール部における価値志向性の比較検討
    (日本スポーツ心理学会第46回大会研究発表抄録集 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2016 - 2019 関西学院大学大学院 文学研究科 総合心理科学専攻
  • 2014 - 2016 兵庫教育大学大学院 学校教育研究科 人間発達教育専攻
  • 2010 - 2014 関西大学 社会学科 心理学専攻
学位 (2件):
  • 修士(教育学) (兵庫教育大学)
  • 博士(心理学) (関西学院大学)
経歴 (8件):
  • 2020/04 - 現在 独立行政法人日本スポーツ振興センター ハイパフォーマンススポーツセンター/国立スポーツ科学センター 研究員
  • 2019/04 - 現在 産業能率大学・自由が丘産能短期大学 兼任教員
  • 2019/04 - 2020/03 児童発達支援センターにじいろキッズらいふ 心理士
  • 2019/04 - 2020/03 医療法人東口メンタルクリニック 心理士
  • 2019/04 - 2020/03 信州大学大学院教育学研究科 特任講師
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2020/07 - 現在 日本認知・行動療法学会 企画委員会 委員
  • 2015/06 - 現在 関西テニス協会スポーツ医科学委員 心理
所属学会 (7件):
日本心身医学会 ,  日本認知療法・認知行動療法学会 ,  日本認知・行動療法学会 ,  日本スポーツ心理学会 ,  日本体育・スポーツ・健康学会 ,  日本心理学会 ,  日本スポーツ精神医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る