研究者
J-GLOBAL ID:201701003976311965   更新日: 2020年09月19日

高橋 大介

タカハシ ダイスケ | Takahashi Daisuke A
所属機関・部署:
職名: 科研費研究員
ホームページURL (2件): https://scholar.google.co.jp/citations?user=_pwYtZ0AAAAJhttps://scholar.google.co.jp/citations?user=_pwYtZ0AAAAJ
研究分野 (2件): 半導体、光物性、原子物理 ,  磁性、超伝導、強相関系
研究キーワード (6件): 可積分系 ,  ボゴリューボフ理論 ,  ボース・アインシュタイン凝縮 ,  ソリトン ,  超流動 ,  超伝導
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2014 - 2017 ソリトン理論を用いた一般化ジョセフソン流と準結晶相におけるトポロジカル現象の研究
  • 2010 - 2012 素励起物理と局所密度ゆらぎの観点から見た超流動崩壊機構の解明
論文 (17件):
もっと見る
MISC (1件):
  • 高橋 大介. 周期的ポテンシャルを持つ一次元シュレーディンガー作用素の繰り込み群特異摂動論による解析. 神奈川工科大学研究報告 B 理工学編. 2020. 44. 13-22
講演・口頭発表等 (5件):
  • Conformal symmetry and variants of Nambu-Goldstone modes in Bose-Einstein condensates
    (Topological Science Symposium 2017 2017)
  • Self-consistent soliton dynamics in unconventional Fermi superfluids
    (TTCM2016 (Trends in Theory of Correlated Materials 2016) 2016)
  • Self-consistent Bogoliubov-de Gennes soliton dynamics in unconventional and multicomponent Fermi superfluids
    (KEK Theory Workshop 2015 2015)
  • Recent topics in Nambu-Goldstone modes -- counting of quasi-NG modes, perfect tunneling phenomena, and oscillating topological defects
    (基礎物理学研究所セミナー 2015)
  • 密度変調した量子凝縮体に対する一つの可積分モデル
    (國場研究室セミナー 2013)
学歴 (1件):
  • 2007 - 2012 東京大学大学院 広域科学専攻
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 中央大学 科研費研究員
  • 2017/04 - 現在 神奈川工科大学 非常勤講師
  • 2017/04 - 2020/03 慶應義塾大学 「トポロジカル・サイエンス」 ポスドク研究員
  • 2014/04 - 2017/03 理化学研究所 基礎科学特別研究員
  • 2013/07 - 2014/03 慶應義塾大学 研究員
全件表示
所属学会 (1件):
日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る