研究者
J-GLOBAL ID:201701004260538264   更新日: 2024年06月21日

渋谷 友紀

シブヤ トモノリ | Shibuya Tomonori
所属機関・部署:
職名: 上席研究員
研究分野 (1件): 認知科学
研究キーワード (3件): 認知科学 ,  生態心理学 ,  職業リハビリテーション
論文 (3件):
MISC (4件):
  • 村久木 洋一, 渋谷 友紀, 三浦 卓. 障害者の雇用の実態等に関する調査研究. 調査研究報告書サマリー. 2023. 3. 33-40
  • 山科 正寿, 村久木 洋一, 田村 みつよ, 武澤 友広, 渋谷 友紀. 障害の多様化に対応した職業リハビリテーションツールの効果的な活用に関する研究. 調査研究報告書サマリー. 2021. 1. 25-32
  • 小池 磨美, 渋谷 友紀, 國東 菜美野. 精神障害者である短時間労働者の雇用に関する実態調査-~雇用率算定方法の特例が適用される労働者を中心として~. 調査研究報告書サマリー. 2021. 1. 1-8
  • 渋谷 友紀, 森田 ゆい, 福田 玄明, 植田 一博, 佐々木 正人. 「息づかい」に見られる日本の古典芸能の特殊性. 認知科学. 2013. 20. 4. 394-395
書籍 (1件):
  • 発達障害の就労とキャリア発達 : ライフステージをつなぐ支援
    新曜社 2023 ISBN:9784788518094
講演・口頭発表等 (7件):
  • 障害者の雇用の実態等に関する調査研究1:障害のある労働者自身が考える合理的配慮の必要性と実施状況
    (第31回職業リハビリテーション研究・実践発表会 2023)
  • 短時間で働く精神障害のある者のフルタイム勤務への移行意志について:雇用率算定方法の特例が適用される労働者を中心に
    (第30回職業リハビリテーション研究・実践発表会 2022)
  • 精神障害のある短時間労働者に係る雇用及び就労に関する意識
    (第29回職業リハビリテーション研究・実践発表会 2021)
  • 「文書校正」課題作業時のエラー傾向と認知機能の関係
    (日本認知科学会第38回大会 2021)
  • 精神障害のある短時間労働者の雇用状況について(その2) ~事業所アンケートの結果を中心に~
    (第28回職業リハビリテーション研究・実践発表会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2008 - 2014 東京大学 大学院情報学環・学際情報学府 博士課程
  • 2006 - 2008 東京大学 大学院情報学環・学際情報学府 修士課程
  • 2000 - 2005 大東文化大学 文学部 教育学科
学位 (1件):
  • 博士(学際情報学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2023/04 - 現在 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 障害者職業総合センター 上席研究員
  • 2018/10 - 2023/03 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 障害者職業総合センター 研究員
  • 2017/07 - 2018/09 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 障害者職業総合センター 研究協力員
  • 2014/04 - 2018/03 国立障害者リハビリテーションセンター学院 リハビリテーション体育学科 非常勤講師
  • 2014/04 - 2015/07 明星大学 造形芸術学部 非常勤講師
受賞 (1件):
  • 2012 - 日本認知科学会 論文賞 文楽人形遣いにおける呼吸と動作の非同期的関係:日本古典芸能における「息づかい」の特殊性
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る