研究者
J-GLOBAL ID:201701004313365421   更新日: 2020年04月20日

河崎 啓剛

カワサキ ケイゴウ | Kawasaki Keigo
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (10件): 言語類型論 ,  韓国語 ,  対照言語学 ,  東アジア ,  中国語 ,  朝鮮語 ,  認知言語学 ,  朝鮮語史 ,  朝鮮語学 ,  言語学
論文 (18件):
  • 가와사키 케이고. 〔翻訳転載〕중세한국어 관형사형 ‘-오-’의 ‘특정화 용법’에 대하여. 형태론. 2019. 21. 2. 321-350
  • 가와사키 케이고. 중세한국어 ‘Xᄃᆞᆮ다’의 다의성과 의미 확장. 인지언어학 탐구의 현황과 과제. 2019. 907-935
  • 河崎啓剛. 中期朝鮮語の幾つかの副詞対の意味的対立 - 接尾辞の意味の違いを求めて -. 朝鮮学報. 2019. 249・250. 35-83
  • 河崎啓剛. 中期朝鮮語連体形「-오-」の「特定化用法」について(II) - 「非特定連体節」の様々な用法 -. 韓国語学年報. 2018. 14
  • KAWASAKI Keigo. A suggestion for inputting and encoding Tangut characters: Report on the development of the “Tangut Cangjie Input Method”. SCRIPTA. 2017. 9. 49-131
もっと見る
書籍 (3件):
  • 중세한국어 감동법이란 무엇인가
    (학)신구학원신구문화사 2017
  • 韓國 書誌學의 先鞭 : 마에다 교사쿠의 작업을 중심으로
    서울대학교출판문화원 2015
  • 『訓民正音』의 한 이해
    서울: 역락 2014
学歴 (4件):
  • 2010 - 2016 ソウル大学 人文学部 国語国文学科 博士課程
  • 2008 - 2010 ソウル大学 人文学部 国語国文学科 修士課程
  • 2005 - 2008 東京大学 教養学部後期課程 超域文化科学科言語情報科学分科
  • 2002 - 2005 東京大学 教養学部前期課程 理科I類
学位 (1件):
  • 文学博士 (ソウル大学)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 東京大学 准教授
  • 2018/04 - 2020/03 帝京大学 講師
  • 2012/03 - 2018/02 崇實大學校 助敎授
  • 2011/03 - 2012/02 崇實大學校 非常勤講師
受賞 (2件):
  • 2017/06 - 일석학술재단(一石學術財團) 一石國語學學位論文賞
  • 2016/12 - 국어학회(國語學會) 一石國語學硏究獎勵賞
所属学会 (3件):
日本言語学会 ,  朝鮮語研究会 ,  朝鮮学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る