研究者
J-GLOBAL ID:201701004377649385   更新日: 2022年04月01日

松本 望希

マツモト ミキ | Matsumoto Miki
所属機関・部署:
職名: 特任助教
研究分野 (1件): 英文学、英語圏文学
研究キーワード (1件): 英文学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2020 バーナード・ショー作品から見る20世紀英国社会とテクノロジー
  • 2019 - 2019 Weapons and Humanity: The Transformation of Shaw’s View on Technology in Major Barbara and Too True to Be Good
  • 2018 - 2019 バーナード・ショー作品を通してみる20世紀英国社会とテクノロジー
  • 2019 - バーナード・ショー作品に見る20世紀英国社会とテクノロジー
論文 (4件):
  • 松本望希. 大砲と道徳ー『バーバラ少佐』におけるハイブリッドな精神ー. 多次元のトピカー英米の言語と文化. 2022. 73-84
  • 松本望希. バーナード・ショー『医師のジレンマ』における医療倫理-生体解剖論争を通して見る. 『近畿大学教養・外国語教育センター紀要』. 2020. 11. 1. 33-46
  • 松本 望希. "The Light is Getting Brighter"-自然主義演劇と不条理劇のあわいに『傷心の家』を見る-. 『バーナード・ショー研究』. 2020. 16. 47-62
  • 松本 望希. Pygmalionにおける身体なき声ー「切断」する蓄音機表象. 『言語コミュニケーション文化』. 2019. 16. 1. 3-14
MISC (4件):
  • 松本 望希. 大阪成蹊大学「英語演習1」(芸術学部1,4年生対象)授業実践報告. 『遠隔でつくる人文社会学知-2020年度前期の授業実践報告-』. 2020. 33
  • 松本 望希. 近畿大学「アカデミックリーディング1」bクラス(理工学部電気電子工学科2年生以上対象)授業実践報告. 『遠隔でつくる人文社会学知-2020年度前期の授業実践報告-』. 2020. 32
  • 松本 望希. 自動人形とテクノロジーー『メトセラヘ還れ』を通して見る機械の身体. 日本英文学会第91回全国大会プロシーディングス. 2019
  • 松本 望希. トルコ風呂とガラスのパビリオンーMisalliance に見るドメスティック・スペースへの侵入ー. 日本英文学会関西支部第13回大会Proceedings. 2019
講演・口頭発表等 (9件):
  • “I washed my face and hands”-『ピグマリオン』における〈視線〉
    (欧米言語文化学会第12回年次大会 2021)
  • 自動人形とテクノロジー-『メトセラヘ還れ』を通して見る機械の身体
    (日本英文学会第91回全国大会 2019)
  • Weapons and Humanity: The Transformation of Shaw’s View on Technology in Major Barbara and Too True to Be Good
    (上海外国语大学第七届英美文学国际研讨会 2019)
  • トルコ風呂とガラスのパビリオンーMisalliance に見るドメスティック・スペースへの侵入ー
    (日本英文学会関西支部第13回大会 2018)
  • The Doctor’s Dilemma を通して見る医療倫理
    (2018年度日本バーナード・ショー協会秋季大会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2017 - 2020 関西学院大学大学院 言語コミュニケーション文化専攻博士課程後期課程
  • 2015 - 2017 関西学院大学大学院 言語コミュニケーション文化専攻博士課程前期課程
  • 2011 - 2015 津田塾大学 英文学科
学位 (2件):
  • 学士(英文学) (津田塾大学)
  • 修士(言語文化学) (関西学院大学)
経歴 (7件):
  • 2022/02 - 現在 岩手大学 国際教育センター 特任助教
  • 2020/04 - 現在 関西学院大学 言語コミュニケーション文化研究科 大学院研究員
  • 2021/04 - 2022/03 大阪電気通信大学 非常勤講師
  • 2021/04 - 2022/03 摂南大学 非常勤講師
  • 2020/04 - 2022/03 大阪成蹊大学 芸術学部 非常勤講師
全件表示
所属学会 (4件):
日本バーナード・ショー協会 ,  日本英文学会 ,  欧米言語文化学会 ,  新英米文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る