研究者
J-GLOBAL ID:201701004626062993   更新日: 2021年01月27日

上椙 真之

Uesugi Masayuki
所属機関・部署:
職名: 主幹研究員
研究分野 (1件): 宇宙惑星科学
研究キーワード (6件): コンドライト隕石 ,  小惑星探査 ,  放射光CT ,  太陽系星雲 ,  初期太陽系 ,  コンドリュール
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2024 新しい時代の太陽系物質科学:マルチスケールで見た含水小惑星の形成進化過程
  • 2018 - 2023 精密構造解析によるキンク形成・強化のメカニズム解明
  • 2018 - 2020 最先端の惑星物質分析システムが紐解く新しい太陽系史
  • 2015 - 2018 はやぶさ2に向けた新手法開発による隕石のCT観察および初期太陽系の物質循環の解明
  • 2015 - 2017 放射光を用いた3次元その場観察炉の開発と始原的隕石中の火成物質の再現実験
全件表示
論文 (48件):
  • Motoo Ito, Naotaka Tomioka, Kentaro Uesugi, Masayuki Uesugi, Yu Kodama, Ikuya Sakurai, Ikuo Okada, Takuji Ohigashi, Hayato Yuzawa, Akira Yamaguchi, et al. The universal sample holders of microanalytical instruments of FIB, TEM, NanoSIMS, and STXM-NEXAFS for the coordinated analysis of extraterrestrial materials. Earth, Planets and Space. 2020. 72. 1
  • Satoshi Okumura, Kentaro Uesugi, Tatsuya Sakamaki, Akio Goto, Masayuki Uesugi, Akihisa Takeuchi. An experimental system for time-resolved x-ray diffraction of deforming silicate melt at high temperature. Review of Scientific Instruments. 2020. 91. 9
  • Naoki Shirai, Yuzuru Karouji, Kazuya Kumagai, Masayuki Uesugi, Kaori Hirahara, Motoo Ito, Naotaka Tomioka, Kentaro Uesugi, Akira Yamaguchi, Naoya Imae, et al. The effects of possible contamination by sample holders on samples to be returned by Hayabusa2. Meteoritics & Planetary Science. 2020. 55. 7. 1665-1680
  • Masayuki Uesugi, Kaori Hirahara, Kentaro Uesugi, Akihisa Takeuchi, Yuzuru Karouji, Naoki Shirai, Motoo Ito, Naotaka Tomioka, Takuji Ohigashi, Akira Yamaguchi, et al. Development of a sample holder for synchrotron radiation-based computed tomography and diffraction analysis of extraterrestrial materials. Review of Scientific Instruments. 2020. 91. 3. 035107-035107
  • Kaye Susannah Morgan, David Parsons, Patricia Cmielewski, Alexandra McCarron, Regine Gradl, Nigel Farrow, Karen Siu, Akihisa Takeuchi, Yoshio Suzuki, Kentaro Uesugi, et al. Methods for dynamic synchrotron X-ray respiratory imaging in live animals. Journal of Synchrotron Radiation. 2020. 27. 1. 164-175
もっと見る
MISC (133件):
もっと見る
特許 (1件):
  • 試料固定装置及び試料固定方法
書籍 (1件):
  • 鉱物・宝石の科学事典
    朝倉書店 2019 ISBN:9784254162769
講演・口頭発表等 (38件):
  • 大気圏突入時の宇宙塵中の有機物の生存
    (日本地球惑星科学連合2020年大会 2020)
  • カーボンナノチューブを利用した放射光イメージング用新規試料ホルダ
    (第33回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム 2020)
  • 放射光を用いた地球外物質の非破壊統合観察環境の開発
    (SPRUC2019 地球惑星科学研究会, 高圧物質科学研究会 サテライト合同研究会 2019)
  • Preparation for the analysis of hayabusa2 returned samples
    (Annual Meetings of the Meteoritical Society 2019)
  • Integrated synchrotron radiation computed tomography system for the analysis of extraterrestrial materials
    (Annual Meetings of the Meteoritical Society, 3D imaging workshop 2019)
もっと見る
経歴 (5件):
  • 2016/04 - 現在 公益財団法人高輝度光科学研究センター 分光・イメージング推進室 主幹研究員
  • 2011/04 - 2016/03 国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 主任研究員
  • 2010/04 - 2011/03 大阪大学工学研究科 知能・機能創成工学専攻 特任研究員
  • 2008/04 - 2010/03 大阪大学 大学院理学研究科 宇宙地球科学専攻 学振特別研究員(PD)
  • 2006/09 - 2008/03 公益財団法人高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 協力研究員
委員歴 (3件):
  • 2017 - 現在 日本惑星科学会 学会誌編集委員会
  • 2018/04 - 2019/03 日本惑星科学会 最優秀研究者賞選考委員会
  • 2015 - 2016 宇宙航空研究開発機構 はやぶさ2キュレーション設備仕様検討委員会
所属学会 (2件):
国際隕石学会 ,  日本惑星科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る