研究者
J-GLOBAL ID:201701004638494740   更新日: 2019年07月17日

金城雄樹

キンジョウ ユウキ | Yuki Kinjo
所属機関・部署:
職名: 主任教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (3件): 免疫学 ,  細菌学(含真菌学) ,  感染症内科学
研究キーワード (6件): NKT細胞 ,  真菌 ,  細菌 ,  ワクチン ,  感染免疫 ,  感染症
論文 (67件):
  • Takatsuka S, Inukai T, Kawakubo S, Umeyama T, Abe M, Ueno K, Hoshino Y, Kinjo Y, Miyazaki Y, Yamagoe S. Identification of a Novel Variant Form of Aspergillus fumigatus CalC and Generation of Anti-CalC Monoclonal Antibodies. Medical Mycology Journal. 2019. 60. 1. 11-16
  • Shimbashi R, Chang B, Tanabe Y, Takeda H, Watanabe H, Kubota T, Kasahara K, Oshima K, Nishi J, Maruyama T, Kuronuma K, Fujita J, Ikuse T, Kinjo Y, Suzuki M, Kerdsin A, Shimada T, Fukusumi M, Tanaka-Taya K, Matsui T, Sunagawa T, Ohnishi M, Oishi K; and the Adult IPD Study Group. Epidemiological and clinical features of invasive pneumococcal disease caused by serotype 12F in adults, Japan. PLoS One. 2019. 14. 2. e0212418
  • Ueno K, Yanagihara N, Otani Y, Shimizu K, Kinjo Y, Miyazaki Y. Neutrophil-mediated antifungal activity against highly virulent Cryptococcus gattii strain R265. Medical Mycology. 2019. 2019 Jan 18. doi: 10.1093/mmy/myy153.
  • Yonemoto K, Chiba A, Sugimoto S, Sato C, Saito M, Kinjo Y, Marumo K, Mizunoe Y. Redundant and Distinct Roles of Secreted Protein Eap and Cell Wall-Anchored Protein SasG in Biofilm Formation and Pathogenicity of Staphylococcus aureus. Infection and Immunity. 2019. 2019 Jan 22. pii: IAI.00894-18. doi: 10.1128/IAI.00894-18.
  • Abe M, Nakamura S, Kinjo Y, Masuyama Y, Mitsuyama J, Kaku M, Miyazaki Y. The efficacy of T-2307, a novel arylamidine, against ocular complications of disseminated candidiasis in mice. Journal of Antimicrobial Chemotherapy. 2019. in press
もっと見る
MISC (22件):
  • 宮﨑義継, 中村茂樹,金城雄樹. クリプトコックス症の診断と治療. 日本医師会雑誌. 2017. 146. 3. 495-498
  • 宮﨑義継,中村茂樹,壇辻百合香,福田恵子,梅山 隆,浦井 誠,上野圭吾,金城雄樹. クリプトコックス症の診断と治療. 呼吸器内科. 2016. 30. 3. 204-206
  • 金城 雄樹, 水口 裕紀. 感染症とNKT細胞. 医学のあゆみ. 2015. 254. 13. 1175-1178
  • 金城 雄樹, 田辺 公一, 上野 圭吾, 他. 侵襲性カンジダ感染症の発症, 炎症反応および薬剤耐性に関する基盤的研究. 化学療法の領域. 2015. 31. 5. 113-119
  • 金城雄樹. インバリアントNKT細胞による糖脂質抗原認識と細菌感染防御の関連. Surgery Frontier. 2014. 21. 3. 46-51
もっと見る
書籍 (1件):
  • α-galactosylceramide: NKT cell-based immunotherapy in intractable infectious diseases
    Research Signpost 2004
学位 (1件):
  • 医学博士
経歴 (9件):
  • 1998 - 1999 琉球大学医学部第一内科 (感染症・呼吸器・消化器内科) 医員(研修医)
  • 2003 - 2006 La Jolla Institute for Allergy and Immunology Postdoctoral fellow
  • 2006 - 2009 La Jolla Institute for Allergy and Immunology Research Scientist
  • 2009 - 2013 国立感染症研究所 室長
  • 2013 - 2018 国立感染症研究所 室長
全件表示
委員歴 (8件):
  • - 現在 日本化学療法学会 評議員
  • - 現在 Journal of Infection and Chemotherapy 編集委員
  • - 現在 Microbiology and Immunology 編集委員
  • - 現在 日本生体防御学会 理事
  • - 現在 日本感染症学会 評議員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2015/06 - 日本化学療法学会総会 優秀演題賞
  • 2010/07 - 日本生体防御学会 研究奨励賞
  • 2009/12 - 日本免疫学会 研究奨励賞
所属学会 (12件):
日本呼吸器学会 ,  日本感染症学会 ,  日本バイオフィルム学会 ,  日本医真菌学会 ,  日本生体防御学会 ,  日本免疫学会 ,  米国微生物学会 ,  米国免疫学会 ,  日本内科学会 ,  日本化学療法学会 ,  日本細菌学会 ,  日本ワクチン学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る