研究者
J-GLOBAL ID:201701004697845751   更新日: 2019年11月30日

高梨 美奈

Takanashi Mina
所属機関・部署:
職名: 特任講師
研究分野 (1件): 子ども学、保育学
研究キーワード (4件): フリークライミング ,  コミュニケーション ,  アドベンチャー教育 ,  体験学習
論文 (4件):
  • 高梨美奈, 山内宏志, 清水安夫. 「初年次の健康教育を想定した大学生の生活習慣とメンタルヘルスに関する研究-睡眠時間と身体活動量のストレス反応への影響-」. 大学のメンタルヘルス. 2018. 2. 90-100
  • 高梨 美奈, 清水 安夫. クライミングを用いた人間関係トレーニングに関する実践的研究 -親子関係を発展促進させるための心理的介入効果の検討-. 体育研究. 2018. 51. 11-28
  • 高梨 美奈, 清水 安夫. グループの成長促進を意図した大学体育における体験型学習の実践効果の検討. 体育研究. 2017. 50. 41-52
  • フリークライミングの体育プログラムが視覚障害学生の自己効力感に及ぼす影響. 視覚リハビリテーション研究. 2013. 3. 1. 23-35
書籍 (3件):
  • スポーツによる心の活性
    2014
  • 自己効力感とロービジョン
    2014
  • 野外教育入門シリーズ第4巻 障がいのある子どもたちの野外教育
    杏林書院 2010
講演・口頭発表等 (3件):
  • 調布市運動指導者講習会
    (2018)
  • グループの成長促進を意図した大学体育における体験型学習の実践効果の検討
    (2017)
  • フリークライミングを活用した視覚障害学生対象の体育カリキュラムの有用性
    (視覚障害リハビリテーション研究発表大会)
学歴 (1件):
  • 1999 - 2001 筑波大学 体育研究科 体育心理学
経歴 (3件):
  • 2005/04 - 現在 川口市立看護専門学校
  • 2015/04 - 2017/03 芝浦工業大学
  • 2011/04 - 2013/07 明治大学
受賞 (2件):
  • 2018/10 - 神奈川体育学会 最優秀論文賞 クライミングを用いた人間関係トレーニングに関する実践的研究 -親子関係を発展促進させるための心理的介入効果の検討-
  • 2017/10 - 神奈川体育学会 優秀論文賞 グループの成長促進を意図した大学体育における体験型学習の実践効果の検討
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る