研究者
J-GLOBAL ID:201701005046162962   更新日: 2020年08月06日

橋本 純次

ハシモト ジュンジ | HASHIMOTO Junji
所属機関・部署:
職名: 専任講師
研究分野 (3件): 社会学 ,  新領域法学 ,  政治学
研究キーワード (12件): 社会情報学 ,  視聴者 ,  実務家教員養成 ,  メディア政策 ,  ゲーム ,  放送政策 ,  民放地方テレビ局 ,  放送 ,  メディアリテラシー ,  オーディエンス研究 ,  メディア論 ,  放送制度
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2017 - 2018 民放地方テレビ局による「住民アイデンティティ」の後天的形成
  • 2015 - 2016 放送の「地域性」研究プロジェクト:放送政策とメディア論の架橋
論文 (7件):
  • 橋本 純次. 視聴者の流動性を背景とした民放地方テレビ局の役割. 社会情報研究. 2020. 1. 1. 37-54
  • 橋本 純次. 人口減少社会と視聴者の流動性を背景とした民放構造規制の展望. 東北大学 大学院情報科学研究科 博士学位論文. 2019
  • 橋本 純次. The Relationship between Rural-urban Migration and Local Media Use in Japan. Goldsmiths, University of London, MA Dissertation. 2018
  • 橋本 純次. 民放地方テレビ局における「地域密着」業務の現状と課題-制度的同型化を端緒として. 情報通信学会誌. 2017. 34. 3. 53-68
  • 橋本 純次. 人口減少社会に調和する放送制度のあり方:民放構造規制を中心に. 情報通信学会誌. 2016. 33. 4. 81-98
もっと見る
MISC (12件):
  • 橋本 純次. 広報担当者の「学び直し」の意義. 事業構想、広報会議、宣伝会議、販促会議、ブレーン. 2020
  • 橋本 純次. アフターコロナ時代における民放地方テレビ局の役割:移動した視聴者を手がかりに. テレビとネットの横断業界誌 Media Border 2020年5月号. 2020
  • 橋本 純次. 非常時・回復期のメディアのあり方 新型コロナウイルス感染症をめぐるテレビ報道. 事業構想、広報会議、宣伝会議、販促会議、ブレーン. 2020
  • 橋本 純次. コミュニケーションの受け手から考えるSDGs経営のアピール施策. 環境ビジネス 2020年春号. 2020. 114-115
  • 橋本 純次. 送り手と受け手の乖離構造からみる「コミュニケーションの循環構造」の必要性. 環境ビジネス スマートエネルギーWeek特別冊子. 2020. 46-47
もっと見る
書籍 (1件):
  • 実務家教員への招待 : 人生100年時代の新しい「知」の創造
    先端教育機構社会情報大学院大学出版部,先端教育機構(発売) 2020 ISBN:9784910255019
講演・口頭発表等 (25件):
  • 経営と広報 ~理念浸透のためのコマツの取り組み~
    (社会情報大学院大学 オンライン公開講座 2020)
  • コロナ後・リモート社会におけるコミュニケーションの最適解を考える
    (社会情報大学院大学 オンライン公開講座 2020)
  • 移動した視聴者は故郷のメディアをどう見ているか
    (ミライテレビ推進会議(オンライン) 2020)
  • 新型コロナウィルスをめぐるメディア報道について考える
    (社会情報大学院大学 オンライン公開講座 2020)
  • 新任広報担当者向けオンラインセミナー
    (社会情報大学院大学 公開セミナー 2020)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2015 - 2019 東北大学 大学院情報科学研究科 人間社会情報科学専攻
  • 2017 - 2018 Goldsmiths MA in Media and Communications
  • 2013 - 2015 東北大学 公共政策大学院
  • 2009 - 2013 東北大学 法学部 法学科
学位 (4件):
  • 博士(学術) (東北大学)
  • MA in Media and Communications (University of London)
  • 公共法政策修士(専門職) (東北大学)
  • 学士(法学) (東北大学)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 社会情報大学院大学 専任講師
  • 2019/02 - 2020/03 社会情報大学院大学 助教
  • 2015/04 - 2019/02 東北大学 リサーチ・アシスタント
  • 2013/09 - 2013/10 総務省 インターン
受賞 (3件):
  • 2020/03 - 公益財団法人 電気通信普及財団 第35回 電気通信普及財団賞 テレコム社会科学学生賞 佳作 人口減少社会と視聴者の流動性を背景とした民放構造規制の展望
  • 2016/06 - 情報通信学会 第2回アーリーバード発表賞 人口減少社会における地方局の制度的同型化:「地域密着」を契機として
  • 2016/06 - 情報通信学会 第17回論文賞 優秀賞 人口減少社会に調和する放送制度のあり方-民放構造規制を中心に
所属学会 (4件):
情報通信学会 ,  日本ゲーミフィケーション協会 ,  社会情報学会 ,  日本マス・コミュニケーション学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る