研究者
J-GLOBAL ID:201701005134706484   更新日: 2024年02月01日

張 咏杰

ジヤン ヨンジエ | Zhang Yongjie
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/a2a6ac5a1f6d7ae581f1ba5658e62b74.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/a2a6ac5a1f6d7ae581f1ba5658e62b74.html
研究分野 (1件): 材料加工、組織制御
研究キーワード (5件): アトムプローブ ,  粒界偏析 ,  析出 ,  鉄鋼材料 ,  相変態
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2021 - 2024 溶質元素間相互作用を駆使した鉄合金の粒界偏析制御
  • 2019 - 2021 BCC鉄における強炭化物生成元素のクラスタリングおよびナノ析出
  • 2017 - 2020 軽元素のスピノーダルオーダリングを活用した鉄鋼の新規な高強度化原理の構築
  • 2017 - 2020 粒界整合性を考慮した鉄合金における溶質元素粒界偏析の本質的理解
  • 2018 - 2019 焼もどしマルテンサイトにおけるナノクラスター解析
全件表示
論文 (41件):
  • L. Li, G. Miyamoto, Y.-J. Zhang, M.-Q. Li, S. Morooka, K. Oikawa, Y. Tomota, T. Furuhara. Quantitative Analysis of Microstructure Evolution, Stress Partitioning and Thermodynamics in the Dynamic Transformation of Fe-14Ni Alloy. Journal of Materials Science and Technology. 2024. 184. 221-234
  • Y.-J. Zhang, K. Marusawa, K. Kudo, S. Morooka, S. Harjo, G. Miyamoto, T. Furuhara. Multi-Aspect Characterization of Low-Temperature Tempering Behaviors in High-Carbon Martensite. ISIJ International. 2024. 64. 2. 245-256
  • Y.-J. Zhang, S.-W. Young, K.P. Rice, M. Sato, G. Miyamoto, T. Furuhara, T. Ohkubo, K. Hono. Comparison of Solute Nanoclusters in Fe-Cr-N Tempered Martensite Observed by Different Atom Probe Instruments. Microscopy and Microanalysis. 2023. 29. 1. 86-93
  • T. Furuhara, Y.-J. Zhang, M. Sato, G. Miyamoto, M. Enoki, H. Ohtani, T. Uesugi, H. Numakura. Sublattice Alloy Design of High-Strength Steels: Application of Clustering and Nanoscale Precipitation of Interstitial and Substitutional Solutes. Scripta Materialia. 2023. 223. 115063(1)-115063(8)
  • H.-K. Dong, Y.-J. Zhang, G. Miyamoto, M. Inomoto, W.-W. Zhang, L.-H. Liu, H. Chen, T. Furuhara. Heterogeneous Segregation Behavior of Nb at the Stepped Migrating Interface during Phase Transformation. Scripta Materialia. 2023. 222. 115038(1)-115038(6)
もっと見る
MISC (5件):
  • 張咏杰, 董浩凱, 宮本吾郎, 古原忠. Nb 添加鋼の相界面で重畳した偏析と析出の 3DAP 観察. まてりあ. 2021. 60. 5. 271-271
  • 張咏杰, 趙超, 佐藤充孝, 宮本吾郎, 古原忠. 訂正 : V,Nb,Ti の微量添加による低炭素マルテンサイト鋼の焼戻し軟化抵抗 (鉄と鋼 106 (2020) 362-371. DOI: 10.2355/tetsutohagane.TETSU-2019-113). 鉄と鋼. 2021. 107. 3. 268-268
  • 張咏杰, 宮本吾郎, 古原忠. 鉄鋼材料のアトムプローブ解析の現状. ふぇらむ. 2020. 25. 11. 721-728
  • 張咏杰. 低炭素鋼におけるナノ合金炭化物の相界面析出におよぼす諸因子の影響解明. まてりあ. 2020. 59. 5. 260-264
  • 張咏杰, 宮本吾郎, 新房邦夫, 古原忠. 相界面析出したフェライト粒の結晶学的特徴・ナノ析出組織・局所力学特性の関係解明. 熱処理. 2017. 57. 1. 1-2
講演・口頭発表等 (51件):
  • 高炭素マルテンサイトにおける低温焼戻し挙動の多面的解析
    (ISSS2024第三回実行委員会 2023)
  • Interphase Precipitation of Nano-Sized Vanadium Carbides in Low Carbon Microalloyed Steels
    (2nd International Symposium on Materials Processing 2023)
  • Multi-Aspect Characterization of Low-Temperature Tempering Behaviors in High-Carbon Martensite
    (PRICM 11 (The 11th Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing) 2023)
  • Interphase Precipitation of Nano-Sized Vanadium Carbides in Low Carbon Microalloyed Steels
    (The 2nd International Symposium on Vanadium Steel (Vanadium Steel 2023) 2023)
  • 高炭素マルテンサイトにおける低温焼戻し挙動の多面的解析
    (日本鉄鋼協会 材料の組織と特性部会 若手フォーラム 2023)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2016 東北大学 工学研究科
  • - 2013 東北大学 工学研究科
  • - 2011 上海交通大学
学位 (3件):
  • 材料工学 (東北大学)
  • 材料工学 (東北大学)
  • 材料工学 (上海交通大学)
経歴 (1件):
  • 2014/04 - 2017/03 東北大学工学研究科 日本学術振興会特別研究員 (DC1)
受賞 (9件):
  • 2023/03 - トーキン科学技術振興財団 トーキン財団奨励賞 相界面析出ナノ炭化物を利用した低炭素鋼の高強度化
  • 2022/03 - 日本鉄鋼協会 研究奨励賞 アトムプローブ解析を利用した鉄鋼材料のナノ析出制御
  • 2021/03 - Acta Materialia, Inc. 優秀査読者賞
  • 2021/03 - 日本金属学会 金属組織写真賞 (奨励賞) Nb添加鋼の相界面で重畳した偏析と析出の3DAP観察
  • 2020/09 - 日本金属学会 奨励賞 低合金鋼における合金炭化物のナノ析出と強化に関する研究
全件表示
所属学会 (3件):
日本熱処理技術協会 ,  日本鉄鋼協会 ,  日本金属学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る