研究者
J-GLOBAL ID:201701005142252085   更新日: 2021年05月06日

佐藤 丈博

サトウ タケヒロ | Sato Takehiro
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 情報ネットワーク
論文 (106件):
  • Keiichiro Sato, Ryoichi Shinkuma, Takehiro Sato, Eiji Oki, Takanori Iwai, Takeo Onishi, Takahiro Nobukiyo, Dai Kanetomo, Kozo Satoda. Creation of Temporal Model for Prioritized Transmission in Predictive Spatial-Monitoring Using Machine Learning. IEICE Transactions on Communications. 2021. E104-B. 8
  • Shintaro Ozaki, Takehiro Sato, Eiji Oki. Service Chain Provisioning Model Considering Traffic Amount Changed by Virtualized Network Functions. IEEE 22nd International Conference on High Performance Switching and Routing (HPSR 2021). 2021
  • Kenta Takeda, Takehiro Sato, Bijoy Chand, Chatterjee, Eiji Oki. Jointly Inter-Core XT and Impairment Aware Lightpath Provisioning in Elastic Optical Networks. 55th IEEE International Conference on Communications (ICC 2021). 2021
  • Seiki Kotachi, Takehiro Sato, Ryoichi Shinkuma, Eiji Oki. Multicast Routing Model to Minimize Number of Flow Entries in Software-Defined Network. IEICE Transactions on Communications. 2021. E104-B. 5
  • Ryo Otsu, Ryoichi Shinkuma, Takehiro Sato, Eiji Oki. Data-importance-aware Bandwidth-allocation Scheme for Point-cloud Transmission in Multiple LIDAR Sensors. IEEE Access. 2021. 9. 65150-65161
もっと見る
特許 (1件):
  • 光アクセスネットワークシステム及び伝送経路切替方法
講演・口頭発表等 (65件):
  • 空間分割多重型エラスティック光ネットワークにおけるコア間クロストークとコア内信号劣化を同時に考慮した資源割り当てモデル
    (電子情報通信学会フォトニックネットワーク研究会 2021)
  • 仮想化ネットワークのグラフ設計および埋め込みモデルの性能評価
    (電子情報通信学会ネットワークシステム研究会 2021)
  • 【招待講演】サービスチェイニングにおける仮想ネットワーク機能配置および経路決定モデル
    (電気関係学会関西連合大会 2020)
  • 順序制約と経路制約を緩和したサービスチェイン配備問題における列生成法を用いた発見的アルゴリズム
    (2020年電子情報通信学会総合大会 2020)
  • エラスティック光ネットワークにおけるマルチパス設定のための経路最適化効果の検証
    (電子情報通信学会関西支部 第25回学生会研究発表講演会 2020)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (慶應義塾大学)
経歴 (1件):
  • 2020/03 - 現在 京都大学 大学院情報学研究科 通信情報システム専攻 助教
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る