研究者
J-GLOBAL ID:201701005655337809   更新日: 2022年06月28日

木俣 基

キマタ モトイ | Kimata Motoi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/f67f7dd18c903dc5acc1a7fe5f4c24c2.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/f67f7dd18c903dc5acc1a7fe5f4c24c2.html
研究分野 (1件): 磁性、超伝導、強相関系
研究キーワード (5件): 電子スピン共鳴 ,  スピントロニクス ,  輸送現象 ,  強磁場 ,  物性物理
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2022 ジグザグ反強磁性金属の「隠れた電流誘起磁化」が生み出す新規な電気磁気効果
  • 2012 - 2014 局所励起・検出ESRを用いたスピン液体状態における長距離スピン伝導の検証
  • 2010 - 2011 酸化状態の連続制御によるジシアノフタロシアニンの特異なスピン状態の研究
  • 2008 - 2009 電場下の高周波電子スピン共鳴を用いた強相関磁性有機絶縁体の巨大電磁気応答の解明
  • 2005 - 2007 超微小試料観測を可能にするカンチレバーを用いた超高感度磁気光学測定法の開発
全件表示
論文 (121件):
  • Motoi Kimata, Norimasa Sasabe, Kensuke Kurita, Yuichi Yamasaki, Chihiro Tabata, Yuichi Yokoyama, Yoshinori Kotani, Muhammad Ikhlas, Takahiro Tomita, Kenta Amemiya, et al. X-ray study of ferroic octupole order producing anomalous Hall effect. Nature Communications. 2021. 12. 5582
  • Dai Aoki, Motoi Kimata, Yoshiki J. Sato, Georg Knebel, Fuminori Honda, Ai Nakamura, Dexin Li, Yoshiya Homma, Yusei Shimizu, William Knafo, et al. Field-Induced Superconductivity near the Superconducting Critical Pressure in UTe2. Journal of the Physical Society of Japan. 2021. 90. 7. 074705-074705
  • Norimasa Sasabe, Motoi Kimata, Tetsuya Nakamura. Presence of X-Ray Magnetic Circular Dichroism Signal for Zero-Magnetization Antiferromagnetic State. Physical Review Letters. 2021. 126. 15
  • Takuma Ogasawara, Kim-Khuong Huynh, Time Tahara, Takanori Kida, Masayuki Hagiwara, Denis Arčon, Motoi Kimata, Stephane Yu Matsushita, Kazumasa Nagata, Katsumi Tanigaki. Large negative magnetoresistance in the antiferromagnet BaMn2Bi2. Physical Review B. 2021. 103. 12
  • Kazuhisa Hoshi, Kenta Sudo, Yosuke Goto, Motoi Kimata, Yoshikazu Mizuguchi. Investigation of in-plane anisotropy of c-axis magnetoresistance for BiCh2-based layered superconductor NdO0.7F0.3BiS2. Japanese Journal of Applied Physics. 2021. 60. 2. 020907-020907
もっと見る
MISC (46件):
講演・口頭発表等 (130件):
  • Magnetic spin Hall effects in a non-collinear antiferromagnet
    (2019)
  • Magnetic spin Hall effects in a non-colinear antiferromagnet
    (2019)
  • Cd2Re2O7における非相反磁気抵抗
    (日本物理学会 2019年秋季大会 2019)
  • BiCh2系超伝導体における超伝導面内異方性
    (日本物理学会 2019年秋季大会 2019)
  • BiS2系超伝導における面内対称性の破れと非従来型超伝導体のネマティシティ
    (日本物理学会 2019年秋季大会 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 2004 神戸大学 物理学
  • - 2004 神戸大学
  • - 2002 岡山大学 物理学科
  • - 2002 岡山大学
学位 (1件):
  • 修士(理学) (神戸大学)
経歴 (4件):
  • 2017/02 - 現在 東北大学金属材料研究所 磁気物理学研究部門 准教授
  • 2010/01 - 2017/01 東京大学物性研究所 助教
  • 2007/04 - 2009/12 物質・材料研究機構 ナノ量子輸送グループ ポスドク研究員
  • 2004/04 - 2007/03 神戸大学大学院 自然科学研究科 博士後期課程
受賞 (4件):
  • 2018/11 - 電子スピンサイエンス学会 奨励賞
  • 2005 - 日本赤外線学会奨励賞
  • 2004 - 神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会 2004 最優秀賞
  • 2004 - 電子スピンサイエンス学会優秀発表賞
所属学会 (2件):
電子スピンサイエンス学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る