研究者
J-GLOBAL ID:201701005655337809   更新日: 2020年08月31日

木俣 基

キマタ モトイ | Kimata Motoi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/f67f7dd18c903dc5acc1a7fe5f4c24c2.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/f67f7dd18c903dc5acc1a7fe5f4c24c2.html
研究分野 (1件): 磁性、超伝導、強相関系
研究キーワード (5件): 電子スピン共鳴 ,  スピントロニクス ,  輸送現象 ,  強磁場 ,  物性物理
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2022 ジグザグ反強磁性金属の「隠れた電流誘起磁化」が生み出す新規な電気磁気効果
  • 2012 - 2014 局所励起・検出ESRを用いたスピン液体状態における長距離スピン伝導の検証
  • 2010 - 2011 酸化状態の連続制御によるジシアノフタロシアニンの特異なスピン状態の研究
  • 2008 - 2009 電場下の高周波電子スピン共鳴を用いた強相関磁性有機絶縁体の巨大電磁気応答の解明
  • 2005 - 2007 超微小試料観測を可能にするカンチレバーを用いた超高感度磁気光学測定法の開発
全件表示
論文 (103件):
  • Satoshi Sugimoto, Yoshinobu Nakatani, Yuta Yamane, Muhammad Ikhlas, Kouta Kondou, Motoi Kimata, Takahiro Tomita, Satoru Nakatsuji, Yoshichika Otani. Electrical nucleation, displacement, and detection of antiferromagnetic domain walls in the chiral antiferromagnet Mn3Sn. Communications Physics. 2020. 3. 1
  • Motoi Kimata, Takahiro Moriyama, Kent Oda, Teruo Ono. Distinct domain reversal mechanisms in epitaxial and polycrystalline antiferromagnetic NiO films from high-field spin Hall magnetoresistance. Applied Physics Letters. 2020. 116. 19. 192402-192402
  • Georg Knebel, Motoi Kimata, Michal Valiska, Fuminori Honda, Dexin Li, Daniel Braithwaite, Gerard Lapertot, William Knafo, Alexandre Pourret, Yoshiki J. Sato, et al. Anisotropy of the Upper Critical Field in the Heavy-Fermion Superconductor UTe2. J. Phys. Soc. Jpn. (accepted). 2020
  • Hiroyuki Iwaki, Motoi Kimata, Tetsuya Ikebuchi, Yuta Kobayashi, Kent Oda, Yoichi Shiota, Teruo Ono, Takahiro Moriyama. Large anomalous Hall effect in L12-ordered antiferromagnetic Mn3Ir thin films. Applied Physics Letters. 2020. 116. 2. 022408-022408
  • Oda Kent, MORIYAMA Takahiro, Kimata Motoi, Kasukawa Shuhei, ONO Teruo. Temperature dependence of spin Hall magnetoresistance across the Néel temperature of CoO. Japanese Journal of Applied Physics. 2019
もっと見る
MISC (22件):
  • 木俣基. 最先端ESR装置の開発と新規電子スピン現象の解明. 電子スピンサイエンス. 2019. 32. 16-21
  • Kazuhisa Hoshi, Motoi Kimata, Yosuke Goto, Yoshikazu Mizuguchi. Two-Fold-Symmetric Magnetoresistance in Single Crystals of Tetragonal BiCh2-Based Superconductor LaO0.5F0.5BiSSe. 2018
  • 木俣基. 最先端ESR装置の開発と新規電子スピン現象の解明-導電性高分子膜中のスピン流緩和現象を中心に-. 電子スピンサイエンス学会年会講演要旨集. 2018. 57th. 168-169
  • 木俣基. 導電性高分子薄膜におけるスピン緩和機構. 電子スピンサイエンス. 2018. 31. 104-109
  • 栗田伸之, 栗田伸之, 木俣基, 鈴木博之, 松本武彦, 村田惠三, 宇治進也, 寺嶋太一. 鉄系圧力誘起超伝導体の静水圧・非静水圧効果. 高圧力の科学と技術. 2016. 26. 1. 27-34(J-STAGE)
もっと見る
講演・口頭発表等 (130件):
  • Magnetic spin Hall effects in a non-collinear antiferromagnet
    (2019)
  • Magnetic spin Hall effects in a non-colinear antiferromagnet
    (2019)
  • Cd2Re2O7における非相反磁気抵抗
    (日本物理学会 2019年秋季大会 2019)
  • BiCh2系超伝導体における超伝導面内異方性
    (日本物理学会 2019年秋季大会 2019)
  • BiS2系超伝導における面内対称性の破れと非従来型超伝導体のネマティシティ
    (日本物理学会 2019年秋季大会 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 2004 神戸大学 物理学
  • - 2004 神戸大学
  • - 2002 岡山大学 物理学科
  • - 2002 岡山大学
学位 (1件):
  • 修士(理学) (神戸大学)
経歴 (4件):
  • 2017/02 - 現在 東北大学金属材料研究所 磁気物理学研究部門 准教授
  • 2010/01 - 2017/01 東京大学物性研究所 助教
  • 2007/04 - 2009/12 物質・材料研究機構 ナノ量子輸送グループ ポスドク研究員
  • 2004/04 - 2007/03 神戸大学大学院 自然科学研究科 博士後期課程
受賞 (4件):
  • 2018/11 - 電子スピンサイエンス学会 奨励賞
  • 2005 - 日本赤外線学会奨励賞
  • 2004 - 神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会 2004 最優秀賞
  • 2004 - 電子スピンサイエンス学会優秀発表賞
所属学会 (2件):
電子スピンサイエンス学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る