研究者
J-GLOBAL ID:201701005709010150   更新日: 2021年03月08日

中嶋 正太郎

ナカジマ ショウタロウ | Nakajima Shotaro
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (2件): http://www.gi-t-surg.comhttp://www.gi-t-surg.com
研究分野 (1件): 腫瘍生物学
研究キーワード (3件): 腫瘍免疫学 ,  免疫学 ,  分子生物学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2022 食道癌における腫瘍随伴マクロファージに着目した免疫放射線療法の新規作用機序の解明
  • 2018 - 2020 肥満がI型アレルギー疾患の発症・進展に寄与するメカニズムの解明
  • 2018 - 2020 脂肪組織マクロファージがマスト細胞の活性化および代謝に与える影響の解析
  • 2017 - 2018 こころの変化がアレルギー性鼻炎(花粉症)の症状に与える影響の解析
  • 2017 - 「病は気から」は本当か?アレルギー界の大きな謎に挑む!
全件表示
論文 (41件):
  • Shotaro Nakajima, Kosaku Mimura, Katsuharu Saito, Aung Kyi Thar Min, Eisei Endo, Leo Yamada, Koji Kase, Naoto Yamauchi, Takuro Matsumoto, Hiroshi Nakano, et al. Neoadjuvant chemotherapy induces IL-34 signaling and promotes chemoresistance via tumor-associated macrophage polarization in esophageal squamous cell carcinoma. Molecular cancer research : MCR. 2021
  • Hiroshi Nakano, Motonobu Saito, Shotaro Nakajima, Katsuharu Saito, Yuko Nakayama, Koji Kase, Leo Yamada, Yasuyuki Kanke, Hiroyuki Hanayama, Hisashi Onozawa, et al. PD-L1 overexpression in EBV-positive gastric cancer is caused by unique genomic or epigenomic mechanisms. Scientific reports. 2021. 11. 1. 1982-1982
  • Takuro Matsumoto, Hirokazu Okayama, Shotaro Nakajima, Katsuharu Saito, Hiroshi Nakano, Eisei Endo, Koji Kase, Misato Ito, Naoto Yamauchi, Leo Yamada, et al. Tn Antigen Expression Defines an Immune Cold Subset of Mismatch-Repair Deficient Colorectal Cancer. International journal of molecular sciences. 2020. 21. 23
  • Koji Kase, Motonobu Saito, Shotaro Nakajima, Daisuke Takayanagi, Katsuharu Saito, Leo Yamada, Mai Ashizawa, Hiroshi Nakano, Hiroyuki Hanayama, Hisashi Onozawa, et al. ARID1A deficiency in EBV-positive gastric cancer is partially regulated by EBV-encoded miRNAs, but not by DNA promotor hypermethylation. Carcinogenesis. 2020
  • Aung Kyi Thar Min, Kosaku Mimura, Shotaro Nakajima, Hirokazu Okayama, Katsuharu Saito, Wataru Sakamoto, Shotaro Fujita, Hisahito Endo, Motonobu Saito, Zenichiro Saze, et al. Therapeutic potential of anti-VEGF receptor 2 therapy targeting for M2-tumor-associated macrophages in colorectal cancer. Cancer immunology, immunotherapy : CII. 2020
もっと見る
MISC (1件):
  • Hisashi Johno, Ryouji Ogata, Shotaro Nakajima, Nobuhiko Hiramatsu, Tetsuro Kobayashi, Hideaki Hara, Masanori Kitamura. Acidic stress-ER stress axis for blunted activation of NF-kappa B in mesothelial cells exposed to peritoneal dialysis fluid (vol 27, pg 4053, 2012). NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION. 2014. 29. 2. 470-470
書籍 (3件):
  • アバス-リックマン-ピレ 基礎免疫学 原著第6版 ー免疫系の機能とその異常
    エルゼビア・ジャパン株式会社 2020
  • プレシジョン メディシン 2020年4月号
    北隆館 2020
  • 分子細胞免疫学 原著第9版
    エルゼビアジャパン 2018
学歴 (3件):
  • 2010 - 2013 山梨大学大学院 人間環境医工学専攻
  • 2008 - 2010 山梨大学大学院 医科学専攻
  • 2004 - 2008 山梨大学 生命工学科
学位 (1件):
  • 医科学 (山梨大学)
経歴 (7件):
  • 2020/12 - 現在 福島県立医科大学 肥満・体内炎症解析研究講座/消化管外科学講座 講師
  • 2020/02 - 2020/11 福島県立医科大学 医療エレクトロニクス研究講座/消化管外科学講座 講師
  • 2019/06 - 2020/01 福島県立医科大学 プログレッシブDOHaD研究講座/消化管外科学講座 講師
  • 2016/09 - 2019/05 山梨大学大学院 医学工学総合研究部医学域免疫学講座 特任助教
  • 2014/04 - 2016/08 シンガポール国立大学 がん科学研究所 博士研究員
全件表示
所属学会 (3件):
日本分子生物学会 ,  日本バイオセラピー学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る