研究者
J-GLOBAL ID:201701006047319624   更新日: 2021年09月19日

岩﨑 遼太

イワサキ リョウタ | Ryota Iwasaki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 獣医学 ,  放射線科学
研究キーワード (4件): CT ,  リンパ節 ,  放射線治療 ,  転移
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2022 正常筋および骨への晩期的影響をもたらすBNCTとX線との基礎的比較解析
論文 (19件):
  • Sho Goto, Ryota Iwasaki, Hiroki Sakai, Takashi Mori. A retrospective analysis on the outcome of 18 dogs with malignant ovarian tumours. Veterinary and comparative oncology. 2021. 19. 3. 442-450
  • Atsushi Maeda, Mami Murakami, Ryota Iwasaki, Sho Goto, Keita Kitagawa, Hiroki Sakai, Takashi Mori. Three-dimensional conformal radiation therapy for canine aortic body tumor: A retrospective study of six cases. J Small Anim Pract. 2021. 62. 5. 385-390
  • Maeda A, Murakami M, Iwasaki R, Goto S, Kitagawa K, Sakai H, Mori T. Outcome of localized bile duct carcinoma in six dogs treated with liver lobectomy. J Am Anim Hosp Assoc, in press. 2021
  • Yuji Fujii, Ryota Iwasaki, Shogo Ikeda, Shuichi Chimura, Minami Goto, Kyoko Yoshizaki, Hiroki Sakai, Naoto Ito, Takashi Mori. Gastrointestinal stromal tumour lacking mutations in the KIT and PDGFRA genes in a cat. J Small Anim Pract, online ahead of print. 2021
  • Yukichi Tanahashi, Ryota Iwasaki, Shinichi Shoda, Hiroshi Kawada, Tomohiro Ando, Masaki Takasu, Fuminori Hyodo, Satoshi Goshima, Takashi Mori, Masayuki Matsuo. Dynamic contrast-enhanced computed tomography lymphangiography with intranodal injection of water-soluble iodine contrast media in microminipig: imaging protocol and feasibility. European radiology. 2020. 30. 11. 5913-5922
もっと見る
MISC (7件):
書籍 (4件):
  • 伴侶動物のがん緩和・支持療法とがん看護
    緑書房 2020
  • 伴侶動物の腫瘍アトラス : 臨床獣医師のためのファーストガイダンス
    緑書房 2016 ISBN:9784895312684
  • 犬と猫の治療ガイド : 私はこうしている
    インターズー 2015 ISBN:9784899956921
  • 動物病院のためのがん化学療法実践マニュアル
    インターズー 2013 ISBN:9784899957850
講演・口頭発表等 (44件):
  • 周術期に高K血症を認めた犬の3例
    (第102回日本獣医麻酔外科学会 2021)
  • 犬の鼻腔内癌腫の寡分割放射線治療に対するトセラニブの有用性に関する予備的検討
    (第17回日本獣医内科学アカデミー学術大会 2021)
  • Stage III血管肉腫に対しドキソルビシン/プロプラノロール併用療法を実施した犬の3例
    (第17回日本獣医内科学アカデミー学術大会 2021)
  • 猫の消化管間質腫瘍における変異遺伝子解析
    (第17回日本獣医内科学アカデミー学術大会 2021)
  • 高精度放射線外科治療を行うためのDNP-MRI画像を用いた放射線の可視化
    (第12回日本放射線外科学会 2021)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2002 - 2008 帯広畜産大学 獣医学科
学位 (1件):
  • 博士(獣医学) (岐阜大学大学院連合獣医学研究科)
経歴 (4件):
  • 2021/09 - 現在 岐阜大学 応用生物科学部共同獣医学科獣医分子病態学研究室 助教
  • 2016/04 - 2021/08 岐阜大学応用生物科学部附属動物病院 放射線治療システム管理担当助教
  • 2012/04 - 2016/03 岐阜大学応用生物科学部附属動物病院 腫瘍科獣医師
  • 2008/04 - 2012/03 東京都内動物病院 勤務獣医師
受賞 (3件):
  • 2020/09 - 第48回日本磁気共鳴医学会大会 学術奨励賞 DNP-MRIを用いた放射線照射によるフリーラジカルの可視化
  • 2016/09 - 日本臨床獣医学フォーラム 第18回日本臨床獣医学フォーラム年次大会2016 ポスターセッション最優秀賞 犬胸骨リンパ節の転移診断におけるCTの有用性について
  • 2015/02 - 日本獣医内科学アカデミー 第11回日本獣医内科学アカデミー学術大会症例検討AWARD 放射線治療およびトセラニブ投与がそれぞれ奏功した高分化型肝細胞癌の犬の1例
所属学会 (4件):
日本中性子捕捉療法学会 ,  Veterinary Cancer Society ,  日本放射線腫瘍学会 ,  日本獣医がん学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る