研究者
J-GLOBAL ID:201701006272010993   更新日: 2019年12月08日

東泉 裕子

ヒガシイズミ ユウコ | HIGASHIIZUMI Yuko
所属機関・部署:
職名: 兼任講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 「英語破格構文の歴史的発達と談話基盤性について-構文化の時間的・空間的拡がり-」(研究代表:柴﨑礼士郎, 課題番号: 19K00693)
  • 2016 - 2019 「投射構文の歴史的発達と構文化について-英語史からの実証研究-」(研究代表:柴﨑礼士郎, 課題番号: 16K02781)
  • 2014 - 2016 英語史に見る主要部と依存部の競合関係について-通言語的特異性の過去、現在、未来-」(研究代表:柴﨑礼士郎, 課題番号:25370569)
論文 (13件):
  • 髙橋 圭子, 東泉 裕子. 配慮を理解していただくことは可能ですか-新しい依頼表現と世代差-. アカデミック・ジャパニーズ・ジャーナル. 2019. 11. 37-45
  • 髙橋 圭子, 東泉 裕子. 名詞「結果」の用法の拡張 : 近代語および現代語コーパスの用例より. 社会言語科学 = The Japanese journal of language in society. 2018. 21. 1. 255-270
  • 髙橋圭子, 東泉 裕子. 「(さ)せていただく」の許容度と依頼表現の変化-アンケート調査による年齢層の比較から-. アカデミック・ジャパニーズ・ジャーナル. 2018. 10. 45-52
  • 髙橋 圭子, 東泉 裕子. 言語・教育 近現代語コーパスにおける「(さ)せていただく」の用法. コミュニケーション文化 = Communication in culture. 2018. 12. 177-192
  • 東泉 裕子. 近代語における左右の周辺部表現の発達:『太陽コーパス』に見る接続助詞「から」の用法を中心に. 小野寺典子(編)『発話のはじめと終わり-語用論的調節のなされる場所』. 2017. 119-144
もっと見る
MISC (22件):
  • 髙橋 圭子・東泉 裕子. 勿論考. 言語資源活用ワークショップ2019発表論文集. 2019. 128-138
  • organized by Yuko Higashiizumi and Seongha Rhee. Workshop: The emergence of pragmatic markers from Chinese nominal compounds in Chinese, Japanese and Korean: Perspectives from East Asian languages and beyond. 日本認知言語学会第20回全国大会. 2019
  • organized by Yuko Higashiizumi, Noriko Onodera and Reijirou Shibasaki. Panel: Sequentiality and emergence of discourse-pragmatic markers. The 16th International Pragmatics Conference. 2019
  • 東泉 裕子. 書評 Laurel J. Brinton (2017) The Evolution of Pragmatic Markers in English: Pathways of Change. Cambridge University Press. 近代英語研究. 2019. 35. 141-147
  • 髙橋 圭子・東泉 裕子・佐藤 万里. 「『了解』は使わないように」「了解です!」. 言語資源活用ワークショップ2018発表論文集. 2018. 3. 57-67
もっと見る
書籍 (7件):
  • 日本語文法整理読本 : 解説と演習
    バベル・プレス 1994 ISBN:9784931049727
  • Writing business letters in Japanese = 日本語ビジネス文書の書き方
    Japan Times 1999 ISBN:4789009513
  • From a Subordinate Clause to an Independent Clause (Hituzi Linguistics in English)
    ひつじ書房 2006 ISBN:4894762692
  • クラウン総合英語
    三省堂 2008 ISBN:9784385200972
  • クラウン総合英語
    三省堂 2010 ISBN:9784385200989
もっと見る
講演・口頭発表等 (30件):
  • 接続助詞「から」の終助詞的用法について
    (第109回日本言語学会秋季大会 1994)
  • 謙譲表現「〜(さ)せていただく」の機能の拡張
    (日本言語学会第112回大会 1996)
  • A History of kara-clause and unidirectionality in clause combining constructions
    (The Second Oxford-Kobe Linguistics Seminar International Symposium: The History and Structure of Japanese 2004)
  • Causal clauses and unidirectionality in clause combining constructions
    (Second International Workshop on Evolutionary Cognitive Sciences, 21st Century COE Program, Center for Evolutionary Cognitive Sciences at the University of Tokyo 2005)
  • コーパスに基づく文法化研究:日英語の理由節の通時的研究
    (言語処理学会年次大会発表論文集 2006)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(英語学) (獨協大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る