研究者
J-GLOBAL ID:201701006291454428   更新日: 2024年02月01日

渡辺 雄貴

Watanabe Youki
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://nvluanimalphysiolo.wixsite.com/my-site-1
研究分野 (1件): 動物生産科学
研究キーワード (4件): キスペプチン ,  発情行動 ,  家畜繁殖 ,  神経内分泌
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2023 - 2027 雌優位型感染性低体温症モデルを用いた中枢性体温調節機構の解析
  • 2022 - 2026 中枢神経性体温低下モデル動物を利用した新規体温管理法確立のための基盤的理解
  • 2022 - 2025 卵胞発育の中枢制御メカニズムにおける新規エストロゲン応答ペプチドNPBの役割
  • 2022 - 2023 哺乳類の卵胞発育を担うエストロゲンフィードバック機構の分子メカニズム解明
  • 2019 - 2022 発情行動発現の新たな制御機構の解明:新規エストロジェン応答ペプチドに着目して
全件表示
論文 (23件):
  • Youki Watanabe, Kinuyo Iwata, Shiori Minabe, Nobuhiro Nakao, Hirotaka Ishi, Hitoshi Ozawa. Central injection of neuropeptide B induces luteinizing hormone release in male and female rats. Peptides. 2023. 171064-171064
  • Shiori Minabe, Kinuyo Iwata, Youki Watanabe, Hirotaka Ishii, Hitoshi Ozawa. Long-term effects of prenatal undernutrition on female rat hypothalamic KNDy neurons. Endocrine connections. 2022
  • Kana Ikegami, Youki Watanabe, Sho Nakamura, Teppei Goto, Naoko Inoue, Yoshihisa Uenoyama, Hiroko Tsukamura. Cellular and molecular mechanisms regulating the KNDy neuronal activities to generate and modulate GnRH pulse in mammals. Frontiers in neuroendocrinology. 2021. 64. 100968-100968
  • Sho Nakamura, Youki Watanabe, Teppei Goto, Kana Ikegami, Naoko Inoue, Yoshihisa Uenoyama, Hiroko Tsukamura. Kisspeptin neurons as a key player bridging the endocrine system and sexual behavior in mammals. Frontiers in neuroendocrinology. 2021. 64. 100952-100952
  • Marimo Sato, Shiori Minabe, Takahiro Sakono, Fumie Magata, Sho Nakamura, Youki Watanabe, Naoko Inoue, Yoshihisa Uenoyama, Hiroko Tsukamura, Fuko Matsuda. Morphological Analysis of the Hindbrain Glucose Sensor-Hypothalamic Neural Pathway Activated by Hindbrain Glucoprivation. Endocrinology. 2021. 162. 9
もっと見る
MISC (44件):
  • 美辺 詩織, 岩田 衣世, 渡辺 雄貴, 石井 寛高, 井上 直子, 上野山 賀久, 束村 博子, 小澤 一史. DOHaD theory、胎児プログラミングを基軸とする環境内分泌学研究 発達期環境ストレスによる生殖機能不全をもたらす神経内分泌メカニズム. 日本内分泌学会雑誌. 2022. 98. 3. 691-691
  • 服部愛, 渡辺雄貴, 中尾暢宏. 短日不応ニホンウズラにおける性腺発達の分子機構について. 鳥類内分泌研究会(CD-ROM). 2021. 45th
  • 渡辺雄貴, 渡辺雄貴, 岩田衣世, 小澤一史. Neuropeptide Bの脳室内投与による黄体形成ホルモン分泌増加作用. 日本繁殖生物学会講演要旨集(Web). 2021. 114th
  • 佐藤 真梨萌, 美辺 詩織, 渡辺 雄貴, 後藤 哲平, 三宝 誠, 平林 真澄, 井上 直子, 上野山 賀久, 真方 文絵, 束村 博子, et al. 栄養による生殖機能・血糖・摂食調節を担うエネルギーセンサーと神経経路の同定. 日本内分泌学会雑誌. 2020. 95. 4. 1448-1448
  • 岩崎真由, 渡辺雄貴, 對馬宣道, 中尾暢宏. Heat Shock Protein90によるニワトリ胚の発生制御の検討. Annual Meeting of Japanese Avian Endocrinology. 2020. 44th
もっと見る
書籍 (1件):
  • デュークス獣医生理学 13版
    学窓社 2020
講演・口頭発表等 (14件):
  • メスラットのプロラクチン分泌に及ぼす エストロゲン非依存的なニューロペプチドBの効果
    (第46回日本神経内分泌学会 2019)
  • ニューロペプチドBがメスラットのプロラクチン分泌に及ぼす影響
    (日本繁殖生物学会 2019)
  • メスラット腹内側核(VMH)におけるエストロゲン受容体α(ERα)と結合する遺伝子の探索: 発情行動の発現メカニズム解明を目指して
    (日本解剖学会 2019)
  • 発情行動発現メカニズム解明に向けたメスラット腹内側核においてエストロジェン受容体αと結合する遺伝子群の探索
    (第45回神経内分泌学会 2018)
  • 発情行動発現メカニズム解明に向けたラット視床下部腹内側核におけるエストロジェン受容体α 結合遺伝子群の探索
    (日本繁殖生物学会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2013 - 2016 名古屋大学大学院 生命農学研究科 生物機能技術科学講座 生殖科学研究分野(博士後期課程)
  • 2011 - 2013 名古屋大学大学院 生命農学研究科 生物機能技術科学講座 生殖科学研究分野(博士前期課程)
  • 2007 - 2011 岐阜大学 応用生物科学部 生産環境科学課程
学位 (1件):
  • 博士(農学) (名古屋大学)
経歴 (5件):
  • 2021/04 - 現在 日本獣医生命科学大学 大学院獣医生命科学研究科 応用生命科学専攻 動物生理制御学教室 助教
  • 2020/04 - 現在 日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科 助教
  • 2017/04 - 2020/03 日本医科大学 大学院医学研究科 解剖学・神経生物学分野 助教
  • 2016 - 2017 東京大学大学院農学生命科学研究科 獣医繁殖育種学教室 特任研究員
  • 2015 - 2016 名古屋大学生命農学研究科 生殖科学分野 日本学術振興会特別研究員(DC2)
委員歴 (1件):
  • 2022 - 現在 公益社団法人 日本繁殖生物学会 若手奨励策検討委員会
受賞 (4件):
  • 2017/08 - 日本内分泌学会第35回内分泌代謝学サマーセミナー トラベルグラント
  • 2015/08 - 日本下垂体研究会 最優秀発表賞
  • 2013/05 - 日本学生支援機構 「特に優れた業績による返還免除 (全額免除)」
  • 2012/12 - 日本生殖内分泌学会 学術奨励賞
所属学会 (3件):
日本下垂体研究会 ,  日本神経内分泌学会 ,  日本繁殖生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る