研究者
J-GLOBAL ID:201701006681475230   更新日: 2021年06月01日

髙木 尚

Takagi Hisashi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 特別支援教育
研究キーワード (3件): 訪問教育 ,  重度重複障害児の教育 ,  肢体不自由児教育
論文 (4件):
  • 肢体不自由特別支援学校における教育課程の編成と学習集団 -自立活動を主とする教育課程におけるアクティブ・ラーニングと学習グループ編成. 教職課程研究論集第17号. 2018
  • 肢体不自由教育における学習評価に関しての一考察 -自立活動を主とする教育課程における学習評価の観点について-. 日本福祉大学子ども発達学論集. 2018
  • 重症児のコミュニケーションと指導. 『障害者問題研究』. 2006. 33. 4
  • 岡本圭子, 森屋晶代, 阪田あゆみ, 小池敏英. 超重度障害児における応答の特徴とその表出を促す指導について. 『特殊教育学研究』. 1998
書籍 (6件):
  • 特別支援教育免許シリーズ 特別支援教育概論
    建帛社 2020
  • 障害の重い子どもの授業づくり Part4
    ジアース教育新社 2011
  • 訪問教育入門-せんせいが届ける学校
    クリエイツかもがわ 2007
  • 高等部の訪問教育
    文理閣 2000
  • 私たちの障害児教育と新学習要領批判
    全障研出版部 1999
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • 個に応じた訪問教育の検討3
    (日本特殊教育学会(口頭発表) 2018)
  • 「みかけの重度」を考える
    (日本特殊教育学会(自主シンポジウム) 2018)
  • 訪問教育対象児の学習環境
    (日本特殊教育学会(自主シンポジウム) 2016)
  • オムツ替えは「教育」か?-東京都立特別支援学校の「学校介護職員」制度の導入をめぐって
    (日本教育学会(ラウンドテーブル) 2015)
  • Sちゃんとのつたえあい-ベッドサイドでの授業作り
    (全国訪問教育研究会第18回全国大会 2005)
Works (3件):
  • 必要とされる教育は保障されねばならない-訪問教育の現状と課題
    2008 -
  • 子どもたちの内面に思いをよせて
    2005 -
  • 子どもたちといっしょに授業を創る-肢体不自由教育の現在の課題へのひとつの試み
    2001 -
学歴 (1件):
  • 1973 - 1978 岩手大学 小学校教員養成課程
経歴 (5件):
  • 2015/04 - 現在 東京都立村山特別支援学校 フルタイム再任用
  • 2011/04 - 2015/03 東京都立村山特別支援学校
  • 2002/04 - 2011/03 東京都立多摩桜の丘学園
  • 1989/04 - 2002/03 東京都立府中養護学校
  • 1978/04 - 1989/03 東京都立城南養護学校
所属学会 (1件):
日本特殊教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る