研究者
J-GLOBAL ID:201701008188341600   更新日: 2020年06月09日

濱田 祥子

Hamada Shoko
所属機関・部署:
職名: 専任講師
論文 (2件):
  • Shoko Hamada, Hitoshi Kaneko, Masayoshi Ogura, Aya Yamawaki, Junko Maezono, Lauri Sillanmaki, Andre Sourander, Shuji Honjo. Association between bullying behavior, perceived school safety, and self-cutting: a Japanese population-based school survey. CHILD AND ADOLESCENT MENTAL HEALTH. 2018. 23. 3. 141-147
  • 母親からの自立に取り組んだ女子学生との面接過程 -課題の現れ方にあわせてカウンセラーのかかわり-. 明治大学心理臨床学研究. 2016. 12. 5-16
書籍 (2件):
  • 大学付属心理相談室の現場における遊びの意味 -初心者が遊戯療法を担当することを巡って
    遠見書房 2016
  • 学生相談における支援-学内外の支援者との連携
    岩崎学術出版社 2015
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る