研究者
J-GLOBAL ID:201701009360093997   更新日: 2021年02月06日

渡部 晃子

ワタベ アキコ | Akiko Watabe
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 美学、芸術論 ,  教科教育学、初等中等教育学
研究キーワード (6件): 鑑賞教育 ,  美術科教育 ,  美術教育 ,  造形表現 ,  アメリカの美術教育 ,  図画工作
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2024 日米比較を通した幼年期の創造的美術教育モデルの構築
論文 (10件):
  • 渡部晃子. 幼年期における鑑賞の意義-米国の鑑賞教材の分析を通して-. 美術科教育学. 2015. 36. 461-473
  • 渡部晃子. 米国における美術鑑賞教育の方法論-視覚的思考方略(Visual Thinking Strategies)の理論と実践-. 筑波大学. 2011
  • 渡部晃子. フィリップ・イェナウィンの教育とそのカリキュラム開発. 美術教育学. 2011. 32. 493-503
  • 渡部晃子. 非営利組織Visual Understanding in Education(VUE) における専門的トレーニング-熟達者のファシリテーションに着目して-. 大学美術教育学会誌. 2011. 43. 431-438
  • 渡部晃子. 鑑賞教材『Visual Thinking Strategies』における作品分析-『MITE!ティーチャーズキット』との比較-. 大学美術教育学会誌. 2010. 42. 191-199
もっと見る
書籍 (2件):
  • 幼児の造形ニューヒット教材集2 手作りおもちゃ・立体造形編
    明治図書出版 2012
  • 幼児の造形ニューヒット教材集1 絵画・造形遊び編
    明治図書出版 2012
講演・口頭発表等 (3件):
  • 美術教育における創造性の諸相:子どもの想像の発達から
    (第59回大学美術教育学会宇都宮大会 2020)
  • 霜田静志の鑑賞教育:その実践と方法
    (第41回美術科教育学会北海道大会 2019)
  • 美術鑑賞教材『Visual Thinking Strategies』に関する考察
    (第48回大学美術教育学会愛知大会 2009)
学歴 (3件):
  • 2008 - 2011 筑波大学大学院人間総合科学研究科芸術専攻博士課程
  • 2005 - 2007 東京学芸大学大学院教育学研究科美術教育専攻修士課程
  • 2001 - 2005 多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻
学位 (1件):
  • 博士 (筑波大学)
経歴 (4件):
  • 2018/04 - 現在 帝京科学大学 教育人間科学部 助教
  • 2011/04 - 2015/03 東京福祉大学教育学部助教
  • 2008/04 - 2009/03 東京都品川区立小中一貫校非常勤講師
  • 2007/04 - 2008/03 東京都品川区立中学校非常勤講師
受賞 (1件):
  • 2011/03 - 美術科教育学会 『美術教育学』賞「奨励賞」
所属学会 (5件):
日本保育学会 ,  日本美術教育学会 ,  大学美術教育学会 ,  美術科教育学会 ,  絵本学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る