研究者
J-GLOBAL ID:201701009584156404   更新日: 2021年11月17日

小嶋 良輔

コジマ リョウスケ | Kojima Ryosuke
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://cbmi.m.u-tokyo.ac.jp/members.htmlhttp://cbmi.m.u-tokyo.ac.jp/eng/members.html
研究分野 (6件): ケミカルバイオロジー ,  生体材料学 ,  生体医工学 ,  生体化学 ,  薬系化学、創薬科学 ,  薬系分析、物理化学
研究キーワード (8件): 細胞間コミュニケーション ,  生物発光イメージング ,  がん ,  エクソソーム ,  ドラッグデリバリーシステム ,  蛍光イメージング ,  合成生物学 ,  ケミカルバイオロジ-
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 機能性小分子・タンパク質ペアを利用したがん蛍光イメージングの新手法
  • 2020 - 2023 Exploiting exosome biology to design polyvalent targeting strategies for in situ cell programming
  • 2017 - 2021 In vivo における多対多のアッセイを基盤としたエクソソームターゲティングシステムの効率的探索
  • 2018 - 2019 がん表面の任意の抗原を認識して迅速にシグナルを発する蛍光プローブの開発
  • 2014 - 2017 Synthetis of functional cells capable of rapid modulation of biological systems for future therapies
全件表示
論文 (31件):
  • Kenichi Miyata, Yoshinori Imai, Satoshi Hori, Mika Nishio, Tze Mun Loo, Ryo Okada, Liying Yang, Tomoyoshi Nakadai, Reo Maruyama, Risa Fujii, et al. Pericentromeric noncoding RNA changes DNA binding of CTCF and inflammatory gene expression in senescence and cancer. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2021. 118. 35
  • Hirohisa Iwaki, Mako Kamiya, Minoru Kawatani, Ryosuke Kojima, Tatsuya Yamasoba, Yasuteru Urano. Fluorescence Probes for Imaging Basic Carboxypeptidase Activity in Living Cells with High Intracellular Retention. Analytical Chemistry. 2021
  • Rui Obara, Mako Kamiya, Yoko Tanaka, Atsuki Abe, Ryosuke Kojima, Tokuichi Kawaguchi, Minoru Sugawara, Akiko Takahashi, Tetsuo Noda, Yasuteru Urano. γ-Glutamyltranspeptidase (GGT)-Activatable Fluorescence Probe for Durable Tumor Imaging. Angewandte Chemie (International ed. in English). 2021. 60. 4. 2125-2129
  • Yasunori Okamoto, Ryosuke Kojima. Intracellular Unnatural Catalysis Enabled by an Artificial Metalloenzyme. Methods in molecular biology (Clifton, N.J.). 2021. 2312. 287-300
  • Hiroki Kashima, Mako Kamiya, Fumiaki Obata, Ryosuke Kojima, Shotaro Nakano, Masayuki Miura, Yasuteru Urano. Photoactivatable fluorophores for durable labelling of individual cells. Chemical Communications. 2021
もっと見る
MISC (11件):
  • Ryosuke Kojima (Editor). Methods in Molecular Biology, Mammalian Cell Engineering. 2021
  • 小嶋 良輔. Top Researchers インタビュー. 2019
  • 小嶋 良輔, 浦野 泰照. 特定の生体分子を検知するホタルルシフェリンプローブ. 実験医学 別冊 発光イメージング実験ガイド. 2019. 188-193
  • 小嶋 良輔. 特定の細胞を認識してその細胞を殺傷する“Designer Cells” の開発. JSMI Report. 2019. 12. 1. 20-25
  • 小嶋 良輔. 合成生物学的手法によって改変された”Designer Cells”による新規ドラッグデリバリープ ラットフォーム. 日本化学会 生体機能関連化学部会 ニュースレター. 2018. 33. 3. 7-14
もっと見る
特許 (1件):
  • 近赤外生物発光基質
学歴 (3件):
  • - 2014 東京大学 分子薬学専攻 博士(薬学)
  • - 2009 東京大学 薬学科
  • - 2005 駒場東邦高等学校
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 名古屋大学 未来社会創造機構 招聘教員
  • 2017/07 - 現在 東京大学 大学院医学系研究科 助教
  • 2017/10 - 2021/03 JSTさきがけ 「生体における微粒子の機能と制御」領域 研究員(兼任)
  • 2014/07 - 2017/06 Human Frontier Science Program (HFSP) 長期フェロー
  • 2014/07 - 2017/06 スイス連邦工科大学チューリッヒ校 Department of Biosystems Science and Engineering (D-BSSE), Fussenegger lab 博士研究員
全件表示
受賞 (8件):
  • 2019/03 - Human Frontier Science Program (HFSP) Career Development Award
  • 2018/09 - 第12回バイオ関連化学シンポジウム 部会講演賞
  • 2018/06 - 第13回日本ケミカルバイオロジ-学会 Royal Society of Chemistry Poster Award
  • 2018/06 - 第13回日本分子イメージング学会 優秀発表賞
  • 2014/10 - Swiss-Japanese Chemical Biology Symposium 2014 Best Poster Award
全件表示
所属学会 (4件):
日本ケミカルバイオロジ-学会 ,  日本薬学会 ,  日本生化学会 ,  日本分子イメージング学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る