研究者
J-GLOBAL ID:201701010142401890   更新日: 2022年04月20日

田中 貴

タナカ タカシ | Tanaka Takashi S. T.
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://tanakatakashii.web.fc2.com/index_jpn.html
研究分野 (1件): 作物生産科学
研究キーワード (7件): 機械学習 ,  耕地生態系 ,  作付体系 ,  リモートセンシング ,  可変量管理 ,  作物栽培学 ,  精密農業
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2020 - 2025 センシング技術を駆使した畑作物品種の早期普及と効率的生産システムの確立
  • 2021 - 2024 ダイズ土壌病害発生要因の定量的解析
  • 2020 - 2024 脱農業化と森林転換がはじまった東南アジア大陸山地での生態資源保全シナリオの構築
  • 2020 - 2023 解釈可能なAIによる土壌・作物系モデルの開発
  • 2020 - 2023 2018年と2019年に岐阜県中濃においてイネ高温不稔被害の程度を決定した要因
全件表示
論文 (26件):
  • Xinbin Zhou, Gerard B.M. Heuvelink, Yusuke Kono, Tsutomu Matsui, Takashi S.T. Tanaka. Using linear mixed-effects modeling to evaluate the impact of edaphic factors on spatial variation in winter wheat grain yield in Japanese consolidated paddy fields. European Journal of Agronomy. 2022. 133. 126447-126447
  • Takashi S. T. Tanaka, Tsutomu Matsui. Explainable machine learning for site-specific yield response modeling using Moran’s eigenvector maps. Proceedings of #OFE2021. 2022
  • Luthfan Nur Habibi, Tomoya Watanabe, Tsutomu Matsui, Takashi S. T. Tanaka. Machine learning techniques to predict soybean plant density using UAV and satellite-based remote sensing. Remote Sensing. 2021. 13. 13. 2548
  • Md. Kamrul Hasan, Takashi S. T. Tanaka, Md. Rostom Ali, Chayan Kumer Saha, Md. Monjurul Alam. Harvester Evaluation Using Real Time Kinematic GNSS and Hiring Service Model. AgriEngineering. 2021. 3. 2. 363-382
  • Matsui, T, Kobayashi, K, Yoshimoto, M, Hasegawa, T, Tanaka, T.S.T, Tian, X. Factors determining the occurrence of floret sterility in rice in a hot and low-wind paddy field in Jianghan Basin, China. Field Crops Research. 2021. 267. 108161-108161
もっと見る
MISC (3件):
講演・口頭発表等 (47件):
  • UAV リモートセンシングを用いたキャベツの生育および収量推定手法の検討
    (日本作物学会第253回講演会 2022)
  • 機械学習を用いたコムギにおける可変量施肥の有効性の検証
    (日本作物学会第253回講演会 2022)
  • FTIRスペクトルと地球統計学的分析による水田における土壌特性の空間変動の評価
    (日本作物学会第253回講演会 2022)
  • Comparison between spatial predictor variables for machine learning in site-specific yield response modeling based on simulation study of on-farm precision experimentation
    (日本作物学会第253回講演会 2022)
  • Potential of On-Farm Experimentation Towards Digital Agriculture
    (Agricultural and Biological Engineering 2022)
もっと見る
Works (1件):
  • Statistical program 'geostat'
    Takashi S. T. Tanaka 2020 - 現在
学歴 (3件):
  • 2014 - 2017 京都大学
  • 2012 - 2014 京都大学
  • 2008 - 2012 京都大学 資源生物科学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (京都大学大学院)
経歴 (6件):
  • 2022/04 - 現在 岐阜大学 応用生物科学部 准教授
  • 2021/01 - 現在 サグリ株式会社 取締役CTO
  • 2020/01 - 現在 岐阜大学 人工知能研究推進センター 兼任
  • 2017/04 - 2022/03 岐阜大学 応用生物科学部 助教
  • 2014/04 - 2017/03 京都大学大学院 農学研究科 日本学術振興会特別研究員DC1
全件表示
委員歴 (16件):
  • 2022/04 - 現在 日本作物学会 若手・男女共同参画ワーキンググループ
  • 2019/06 - 現在 システム農学会 企画
  • 2021/04 - 2023/03 日本農作業学会 情報委員会委員
  • 2021/04 - 2023/03 日本作物学会 広報委員会委員
  • 2020/11 - 2022/03 岐阜県農畜産公社 岐阜県 農業相談所専門家
全件表示
受賞 (8件):
  • 2022/03 - 日本作物学会 日本作物学会論文賞 How panicle angle and panicle position in the canopy determine pollination and seed set in rice (Oryza sativa L.)
  • 2022/03 - 日本作物学会 日本作物学会研究奨励賞 農家を主体とする現地実証試験に適したデータ解析手法の開発
  • 2022/02 - 岐阜大学大学院連合農学研究科 若手教員表彰
  • 2020/09 - 日本作物学会 第250回講演会優秀発表賞(口頭) 現地実証試験に適した空間線形混合モデルの開発
  • 2020/09 - 日本ユニシス株式会社 第7回アグリテックグランプリ 日本ユニシス賞 データをフル活用したデータ駆動型農業の実現
全件表示
所属学会 (4件):
日本農作業学会 ,  システム農学会 ,  日本作物学会 ,  国際精密農業学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る