研究者
J-GLOBAL ID:201701010431655884   更新日: 2021年02月09日

仙頭 佳起

セントウ ヨシキ | SENTO Yoshiki
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): https://ncu-masui.jp/http://www.ncu.masui.jp
研究分野 (4件): 神経科学一般 ,  医療管理学、医療系社会学 ,  救急医学 ,  麻酔科学
研究キーワード (3件): 周術期神経認知障害(perioperative neurocognitive disorders) ,  PACU(Postanesthesia Care Unit) ,  RRS(Rapid Response System)
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2022 多施設データベース構築によるPACU(麻酔後ケアユニット)の安全性と有用性の検証
  • 2016 - 2019 術後有害事象レジストリによる麻酔後ケアユニットの有用性検証
論文 (20件):
  • Yoshiki Sento, Masayasu Arai, Yuji Yamamori, Shinsuke Fujiwara, Masahiro Tamashiro, Eiji Kawamoto, Takaki Naito, Kazuaki Atagi, Shigeki Fujitani, Satoshi Osaga, et al. The characteristics, types of intervention, and outcomes of postoperative patients who required rapid response system intervention: a nationwide database analysis. Journal of anesthesia. 2021
  • Yoshiki Sento, Yasuyuki Suzuki, Kazuya Sobue. Trends in PACU utilization in Japanese children's hospitals. Journal of anesthesia. 2021
  • 衣笠 梨絵, 仙頭 佳起, 稲垣 友紀子, 上村 友二, 平手 博之, 祖父江 和哉. 経皮的経尿道的腎尿管結石破砕術直後の敗血症性ショックに早期の集中治療介入ができた2症例. 日本臨床麻酔学会誌. 2020. 40. 5. 453-458
  • 仙頭佳起, 上村友二, 祖父江和哉. ICUでは小児の鎮痛・鎮静にどう取り組んでいるか ~その難しさと工夫~. 日本小児麻酔学会誌. 2020. 26. 1. 93-99
  • Takaki Naito, Shinsuke Fujiwara, Tatsuya Kawasaki, Yoshiki Sento, Taka-aki Nakada, Masayasu Arai, Kazuaki Atagi, Shigeki Fujitani, In-Hospital Emergency Study Group. First report based on the online registry of a Japanese multicenter rapid response system: A descriptive study of 35 institutions in Japan. Acute Medicine & Surgery. 2019. 7. 1. e454
もっと見る
MISC (11件):
  • 仙頭 佳起. 【周術期管理】(PART4)術後管理 PACU運営による術後ケアへの貢献 周術期を謳うなら,術後ケアへのかかわりも見直そう. LiSA 別冊. 2020. 27. 別冊'20秋号. 263-268
  • 仙頭 佳起, 祖父江 和哉. 【術前・術後管理必携2020】合併症を有する患者の術前・術後管理 内分泌・代謝系 甲状腺機能障害. 消化器外科. 2020. 43. 5. 794-796
  • 中西 俊之, 仙頭 佳起, 祖父江 和哉. 【周術期の画像診断-きほんの「き」】胸部単純X線写真の術前評価 隠れた疾患を見逃すな. LiSA. 2020. 27. 3. 290-294
  • 仙頭 佳起. 【術前と術中の看護に活かせる!退室後の患者ソノサキどうなる?】術直後はどうなっている?PACU(回復室)・術後病棟では何をみる?. オペナーシング. 2019. 34. 11. 1170-1175
  • 仙頭 佳起. 【術前と術中の看護に活かせる!退室後の患者ソノサキどうなる?】術後患者に起きた有害事象 重篤な術後合併症を防ぐためにオペナースができること. オペナーシング. 2019. 34. 11. 1176-1186
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2000 - 2006 高知大学 医学科
学位 (1件):
  • 高知大学
経歴 (5件):
  • 2014 - 現在 名古屋市立大学大学院医学研究科 麻酔科学・集中治療医学分野 助教
  • 2012 - 2014 名古屋市立大学病院 麻酔科・集中治療部 臨床研究医
  • 2011 - 2012 St. Vincent's Hospital Melbourne Department of Anaesthesia Registrar
  • 2010 - 2011 St. Vincent's Hospital Melbourne Department of Anaesthesia Clinical Fellow
  • 2008 - 2010 帝京大学医学部 麻酔科 助手
委員歴 (3件):
  • 2019 - 現在 日本麻酔科学会 英語ホームページリニューアル専門部会員
  • 2018 - 現在 日本麻酔科学会 Anesthesia Patient Safety Foundationニュースレター日本語版作成WG員
  • 2015 - 現在 日本集中治療医学会 Rapid Response System検討委員会委員
受賞 (1件):
  • 2013 - 第40回日本集中治療医学会学術集会 優秀演題
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る