研究者
J-GLOBAL ID:201701010590802413   更新日: 2019年10月12日

加藤 俊顕

カトウ トシアキ | Toshiaki Kato
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/226a2f99f96e4f0d51ad41d9df3b856f.html
論文 (53件):
  • Nucleation dynamics of single crystal WS2 from droplet precursors uncovered by in-situ monitoring. SCIENTIFIC REPORTS. 2019. 9. 12958. 1-7
  • Enhanced Thermoelectric Performance of As-Grown Suspended Graphene Nanoribbons. ACS NANO. 2019. 13. 8. 9182-9189
  • Improvement in growth yield of single-walled carbon nanotubes with narrow chirality distribution by pulse plasma CVD. Frontiers of Chemical Science and Engineering. 2019. 13. 3. 485-492
  • Suzuki Hiroo, Ogura Noritada, Kaneko Toshiro, Kato Toshiaki. Highly Stable Persistent Photoconductivity with Suspended Graphene Nanoribbons. SCIENTIFIC REPORTS. 2018. 8
  • Akama Toshiki, Okita Wakana, Nagai Reito, Li Chao, Kaneko Toshiro, Kato Toshiaki. Schottky solar cell using few-layered transition metal dichalcogenides toward large-scale fabrication of semitransparent and flexible power generator. SCIENTIFIC REPORTS. 2017. 7
もっと見る
MISC (84件):
書籍 (7件):
  • Plasma processing of nanomaterials
    CRC Press 2011
  • カーボンナノチューブ・グラフェンハンドブック
    株式会社コロナ社 2011
  • Nanoelectronic Device Applications Handbook
    2012
  • Recent Progress in Carbon Nanotube Research
    2012
  • Frontiers of Graphene and Carbon Nanotubes 『Plasma Doping Processes for CNT Devices』
    Springer 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • Wafer-Scale Synthesis and Optoelectrical Applications of Bottom-up Graphene Nanoribbons
    (第79回応用物理学会秋季学術講演会 2018)
  • Purity improvement of preferentially synthesized (6,4) single-walled carbon nanotubes by controlling plasma parameters
    (第55回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン 総合シンポジウム 2018)
  • Mechanism of on/off improvement of graphene nanoribbon transistors synthesized by advanced plasma CVD
    (第55回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン 総合シンポジウム 2018)
  • Layer-number-controlled synthesis of WS2 integrated by Au dot technology
    (第55回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン 総合シンポジウム 2018)
  • Performance improvement of transparent solar cell using few-layered transition metal dichalcogenide by Schottky barrier control
    (第55回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン 総合シンポジウム 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2003 東北大学 工学部
  • - 2007 東北大学 工学研究科 電子工学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東北大学)
経歴 (8件):
  • 2005/04 - 2007/09 東北大学
  • 2007/10 - 2007/11 東北大学 大学院工学研究科 研究員 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2008/09 - 2009/06 スタンフォード大学
  • 2007/12 - 2013/09 東北大学 大学院工学研究科 助教
  • 2013/10 - 2016/03 東北大学 講師
全件表示
受賞 (17件):
  • 2017/10/31 - 東北大学 電気通信研究所 平成29年度(第7回)RIEC Award 東北大学研究者賞 大規模集積化グラフェンナノリボンデバイスの創製
  • 2016/12/02 - 一般財団法人 青葉工学振興会 第10回青葉工学振興会賞 グラフェンナノリボンの革新的集積化合成法の開発
  • 2016/04/20 - The 11th Annual IEEE International Conference on Nano/Micro Engineered and Molecular Systems (IEEE-NEMS 2016) The 11th Annual IEEE International Conference on Nano/Micro Engineered and Molecular Systems (IEEE-NEMS 2016) Best Conference Poster AWARD 「Sharp Photoluminessence from Localized Excitons in Monolayer Tungsten Disulfide」
  • 2015/05/18 - (公財)インテリジェント・コスモス学術振興財団 第14回インテリジェント・コスモス奨励賞 半導体原子層物質の構造制御合成と光電子デバイス応用
  • 2015/04/15 - 文部科学省 平成27年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞 先進プラズマ活用ナノカーボン構造制御合成及び機能化の研究
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る