研究者
J-GLOBAL ID:201701010727933367   更新日: 2020年12月16日

柳澤 邦雄

ヤナギサワ クニオ | Kunio Yanagisawa
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 感染症内科学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2016 - 2018 北タイ・ランパンエイズコホートにおけるMBL遺伝子多型に関する研究
論文 (30件):
  • Uchiyama Y,Yanagisawa K,Kunishima S,Shiina M,Ogawa Y,Nakashima M,Hirato J,Imagawa E,Fujita A,Hamanaka K,Miyatake S,Mitsuhashi S,Takata A,Miyake N,Ogata K,Handa H,Matsumoto N,Mizuguchi T. A novel CYCS mutation in the α-helix of the CYCS C-terminal domain causes non-syndromic thrombocytopenia. Clinical genetics. 2018. 94. 6. 548-553
  • Ogawa Y,Yanagisawa K,Uchiyama Y,Akashi N,Mieda T,Iizuka H,Inoue M,Shizuka R,Murakami M,Matsumoto N,Handa H. Successful hemostatic management of major surgery for cervical spondylotic myelopathy in a patient with severe factor XI deficiency. International journal of hematology. 2018. 108. 4. 443-446
  • Nagano D,Araki T,Yanagisawa K,Ogawa Y,Gohda F,Uchiumi H,Handa H,Nakamura T,Yamamoto K. Darunavir concentration in PBMCs may be a better indicator of drug exposure in HIV patients. European journal of clinical pharmacology. 2018. 74. 8. 1055-1060
  • Yuri Uchiyama,Yoshiyuki Ogawa,Shinji Kunishima,Masaaki Shiina,Mitsuko Nakashima,Kunio Yanagisawa,Akihiko Yokohama,Eri Imagawa,Satoko Miyatake,Takeshi Mizuguchi,Atsushi Takata,Noriko Miyake,Kazuhiro Ogata,Hiroshi Handa,Naomichi Matsumoto. A novel GFI1B mutation at the first zinc finger domain causes congenital macrothrombocytopenia. British journal of haematology. 2018. 181. 6. 843-847
  • Ogawa Y,Yanagisawa K,Uchiyama Y,Matsumoto A,Inoue M,Toyama K,Miyazawa Y,Matsumoto N,Handa H. [Congenital factor V and factor VIII deficiency discovered in an elderly patient with abnormal bleeding after trauma]. [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology. 2018. 59. 4. 383-388
もっと見る
MISC (19件):
  • 半田寛,柳澤邦雄,小川孔幸,土屋菜歩,WICHUKUCHINDA Nuanjun,ROJANAWIWAT Archawin,PATHIPVANICH Panita,SAWANPANYALERT Pathom,安波道郎,有吉紅也. タイ・ランパンエイズコホートにおける日和見感染症とMBL遺伝子多型に関する研究. 長崎大学熱帯医学研究拠点共同研究報告集. 2018. 2017. 69-73
  • 増田裕太,小川孔幸,内山由理,内山由理,柳澤邦雄,半田寛,松本直通,長岡出,林和樹,福田丈了,柏原賢治. 長期ワルファリン延長治療の中止後に静脈血栓塞栓症が再発し,再導入時に一過性の血栓増大を認めた先天性プロテインS欠乏症例. 日本検査血液学会雑誌. 2018. 19. 2. 169-175
  • 永野大輔,荒木拓也,荒木拓也,柳澤邦雄,小川孔幸,内海英貴,合田史,半田寛,山本康次郎,山本康次郎. ダルナビルの血漿中濃度と血球中濃度の関係に影響を与える因子の検討. 医療薬学フォーラム講演要旨集. 2018. 26th. 249
  • 松本彬,小川孔幸,柳澤邦雄,内山由理,内藤千晶,内海英貴,半田寛. メシル酸カモスタットとトラネキサム酸の併用療法でコントロールできた慢性DIC症例. 日本血栓止血学会誌. 2018. 29. 2. 217
  • 寺崎幸恵,小川孔幸,小川孔幸,柳澤邦雄,中山敬太,田原研一,石埼卓馬,惣宇利正善,惣宇利正善,一瀬白帝,一瀬白帝,半田寛. 機能的寛解達成後2年以上経過して病勢再燃した自己免疫性出血病FXIII/13症例. 日本血栓止血学会誌. 2018. 29. 2. 180
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2003 - 現在 群馬大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (群馬大学)
経歴 (2件):
  • 2019/04 - 現在 群馬大学 感染制御部 副部長
  • 2015/04 - 現在 群馬大学医学部附属病院 血液内科 助教
委員歴 (1件):
  • 2015/04 - 現在 群馬県 エイズ対策推進協議会委員
所属学会 (5件):
日本血栓止血学会 ,  日本エイズ学会 ,  日本感染症学会 ,  日本血液学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る