研究者
J-GLOBAL ID:201701010788756557   更新日: 2020年09月28日

手塚 雄太

テヅカ ユウタ | Tezuka Yuta
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 政治学 ,  日本史
研究キーワード (8件): 利益団体 ,  選挙研究 ,  地域史 ,  日本史 ,  日本政治史 ,  政党政治 ,  日本近代史 ,  日本近現代史
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2024 戦前期東京における住宅開発と生活空間の変容-東京府渋谷区を事例に-
  • 2020 - 2023 日本の保守政党における政務調査会の政治学的・歴史学的研究ー明治から平成まで
  • 2018 - 2022 近現代日本における「個人後援会」の基礎的研究
論文 (11件):
  • 手塚 雄太. 昭和戦前・戦時期における二大政党の政党組織と支持基盤 (2018年度 名古屋歴史科学研究会大会特集号 : 大会テーマ:近代日本の政党と政党指導者). 歴史の理論と教育. 2019. 153. 19-34
  • 手塚 雄太. 第一回普通選挙における選挙運動 : 内務官僚・植民地官僚守屋栄夫を事例として (特集 歴史の中の議会). 史潮. 2018. 84. 81-104
  • 手塚 雄太. 政党組織と後援会 (特集 近代日本政治史入門 : 立憲政治の源流と動態). 歴史評論. 2018. 817. 37-44
  • 手塚 雄太. 戦時期における衆議院議員の活動と支持基盤 : 翼賛選挙非推薦議員安藤正純と無尽・仏教界を中心に. 國學院雜誌 = The Journal of Kokugakuin University. 2018. 119. 1. 1-20
  • 手塚雄太. 戦後渋谷区の総合計画 -昭和四八年「渋谷区長期基本計画」を中心に-. 上山和雄編著『渋谷 にぎわい空間を科学する』(雄山閣). 2017. 153-187
もっと見る
MISC (9件):
  • 手塚 雄太. 書評 井上敬介著『戦前期北海道政党史研究 : 北海道拓殖政策を中心に』. 史学雑誌. 2020. 129. 4. 461-469
  • 手塚 雄太. 討論要旨 (首都圏形成史研究会活動報告 第112回例会). 首都圏史研究 : 年報. 2019. 9. 128-131
  • 手塚 雄太. 書評「茅ヶ崎市史編集員会編・上山和雄著『山宮藤吉と神奈川県の政情』」. ヒストリアちがさき. 2018. 10. 64-67
  • 小林 利明, 萩原 恭一, 手塚 雄太, 尾﨑 晃. 質疑・討議 (特集 博物館・美術館の危機管理について) -- (平成27年度 千葉県博物館協会研究報告会 博物館・美術館の危機管理について : あなたの館は大丈夫? : 著作権・肖像権・個人情報). Museumちば : 千葉県博物館協会研究紀要. 2016. 44. 45-49
  • 手塚 雄太. 参加記 平成二六年度君津地方公立博物館協議会第一回研修会 千葉歴史・自然資料救済ネットワーク勉強会 「資料の被災に備えて」に参加して. 千葉史学. 2015. 66. 84-86
もっと見る
書籍 (3件):
  • 朝倉家文書の世界 : 國學院大學文学部共同研究戦前期東京郊外の住環境と都市形成-渋谷区代官山朝倉家文書を中心に-成果報告
    國學院大學 2020
  • 戦時期の労働と生活 (法政大学大原社会問題研究所叢書)
    法政大学出版局 2018 ISBN:458862539X
  • 近現代日本における政党支持基盤の形成と変容:「憲政常道」から「五十五年体制」へ (MINERVA人文・社会科学叢書)
    ミネルヴァ書房 2017 ISBN:4623079066
講演・口頭発表等 (16件):
  • 「渋谷らしさ」からみた渋谷の歴史
    (渋谷区民大学講座 2019)
  • 渋谷町公友会と渋谷町の発展
    (第15回代官山フォーラム 2019)
  • 渋谷区の誕生
    (NPO法人代官山ステキ総合研究所秋季懇談会 2018)
  • 松戸飛行場と藤ヶ谷飛行場の戦時・戦後
    (柏歴史クラブ歴史講演会「柏周辺の飛行場 : 戦中~戦後」 2018)
  • 昭和戦前・戦時期における二大政党の政党組織と支持基盤
    (名古屋歴史科学研究会大会 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2015 - 2016 國學院大學大学院 史学専攻博士課程後期
  • 2008 - 2012 國學院大學大学院 史学専攻博士課程後期
  • 2006 - 2008 國學院大學大学院 史学専攻博士課程前期
  • 2002 - 2006 國學院大學 史学科
学位 (1件):
  • 博士(歴史学) (國學院大學)
経歴 (7件):
  • 2019/04 - 現在 國學院大學 文学部史学科 准教授
  • 2017/04 - 2019/03 國學院大學 文学部史学科 助教
  • 2016/04 - 2017/03 國學院大學 文学部 兼任講師
  • 2013/04 - 2017/03 鎌ケ谷市教育委員会 鎌ケ谷市郷土資料館 主事(兼)学芸員
  • 2012/04 - 2013/03 鎌ケ谷市教育委員会 鎌ケ谷市郷土資料館 主事補(兼)学芸員
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2019/10 - 現在 茂原市史 調査執筆委員
  • 2018/11 - 現在 松伏町史編さん委員会 専門調査員
  • 2018/11 - 現在 地方史研究協議会 常任委員
  • 2009/11 - 現在 首都圏形成史研究会 常任委員
  • 2009/06 - 2012/06 国史学会 委員
所属学会 (6件):
地方史研究協議会 ,  日本歴史学会 ,  日本政治学会 ,  史学会 ,  首都圏形成史研究会 ,  国史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る