研究者
J-GLOBAL ID:201701010872094292   更新日: 2020年10月05日

山元 一晃

ヤマモト カズアキ | Yamamoto Kazuaki
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://www.livreparaviver.net/
研究分野 (3件): 言語学 ,  外国語教育 ,  日本語教育
研究キーワード (4件): 専門日本語教育 ,  談話分析 ,  コーパス ,  看護教育
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2022 日本国内で医師を目指す外国人を対象とした医学語彙教材開発のための総合的研究
  • 2019 - 2022 看護を学ぶ留学生のためのライティング教材の開発とその基礎研究
論文 (11件):
  • 山元一晃, 浅川翔子. 看護実習記録に用いられる語彙の特徴の分析 (印刷中). 社会言語科学. 2021. 23. 2
  • 三枝令子, 丸山岳彦, 松下達彦, 品川なぎさ, 稲田朋晃, 山元一晃, 石川和信, 小林元, 遠藤織枝, 庵功雄. 医学用語の収集と分類. 日本語教育. 2020. 176. 33-47
  • 山元一晃, 稲田朋晃, 品川なぎさ. 日本語教育で扱うべき語の選定のための医学用語と一般語のはざまの語彙の分析. 日本語教育. 2020. 175. 80-87
  • 三枝 令子, 丸山 岳彦, 庵 功雄, 松下 達彦, 石川 和信, 小林 元, 品川 なぎさ, 稲田 朋晃, 山元 一晃, 遠藤 織枝. 動詞に見る医学用語の特徴 : BCCWJとの比較から見えること. 専門日本語教育研究. 2019. 21. 69-76
  • 加藤林太郎, 山元一晃, 浅川翔子. 看護系留学生のためのライティング教材開発-電子カルテ等からの情報収集による課題遂行を中心に-. 早稲田日本語教育学. 2019. 27
もっと見る
書籍 (2件):
  • 医療にかかわる人のための漢字ワークブック
    国書刊行会 2020
  • プログレッシブポルトガル語辞典
    小学館 2015 ISBN:9784095102818
講演・口頭発表等 (32件):
  • ワークショップ「外国人患者とも「やさしい日本語」でコミュニケーション」 ファシリテーター
    (第77回 e医学教育セミナーとワークショップ 2020)
  • What are the writing challenges faced by international nursing students in Japan?
    (Transcultural Nursing Society Conference in Japan 2020 2020)
  • 看護実習記録の「アセスメント」 における記述の特徴-接続表現 に着目して-
    (2020年度日本語教育学会春季大会 2020)
  • 短単位n-gramを用いた看護実習記録の「情報収集」から「アセスメント」への展開における表現の分析
    (第44回社会言語科学会研究大会 2020)
  • 看護の実習記録の表現の分析-留学生への支援のために-
    (2019年度日本語教育学会秋季大会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2007 - 2014 筑波大学 文芸・言語専攻
  • 2003 - 2007 神田外語大学 国際言語文化学科
学位 (1件):
  • 博士(言語学) (筑波大学)
経歴 (5件):
  • 2017/02 - 現在 国際医療福祉大学総合教育センター 助教
  • 2016/04 - 2017/03 東京福祉大学心理学部 非常勤講師
  • 2015/04 - 2017/03 聖学院大学日本語予備課程 非常勤講師
  • 2015/04 - 2017/03 東京海洋大学海洋工学部 非常勤講師
  • 2015/04 - 2017/01 東京福祉大学 留学生日本語別科 非常勤講師
委員歴 (1件):
  • 2020/06 - 現在 日本語教育学会 審査・運営協力員
所属学会 (7件):
日本ヘルスコミュニケーション学会 ,  日本語/日本語教育研究会 ,  日本語音声コミュニケーション学会 ,  日本語用論学会 ,  日本語教育学会 ,  専門日本語教育学会 ,  社会言語科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る