研究者
J-GLOBAL ID:201701011384073622   更新日: 2024年05月15日

羽山 和美

ハヤマ カズミ | Hayama Kazumi
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 細菌学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2023 反復性膣カンジダ症に対する新たな治療戦略の可能性の検討
  • 2012 - 2015 プロタミンペプチドのバイオフィルム形成病原真菌に対する作用機作の解明と応用開発
論文 (70件):
  • 羽山和美, 田口裕基, 安部茂. 山椒由来成分の皮膚・粘膜ケア素材への実用化にむけて. Medical Mycology Research. 2023. 14. 2. 59-65
  • 羽山和美, 田口裕基, 安部茂. ヤマザンショウエタノール抽出液のC. albicans菌糸形発育に対する抑制効果と中鎖脂肪酸の組み合わせによる増強効果. Medical Mycology Research. 2022. 13. 1. 25-30
  • 羽山 和美, 田口 裕基, 安部 茂. 加熱イヌザンショウ(Zanthoxulum schinifolium)の抗菌活性. Medical Mycology Research. 2021. 12. 1. 21-25
  • 羽山 和美, 二宮 健太郎, 安部 茂. カンジダの発育抑制活性を示し唾液で抗菌活性が高まるヤシ油含有歯磨き剤の開発. 日本医真菌学会雑誌. 2021. 62. Suppl.1. 110-110
  • 安部 茂, 羽山 和美, 石島 早苗, 丸山 奈保. 真菌感染が関与する身近な健康トラブルを緩和する植物由来機能素材の開発. 日本医真菌学会雑誌. 2021. 62. Suppl.1. 110-110
もっと見る
MISC (2件):
  • 出雲 貴幸, 羽山 和美, 石島 早苗, 井田 正幸, 小野 佳子, 柴田 浩志, 安部 茂. 口腔および胃内カンジダ感染モデルマウスにおけるLactobacillus pentosus S-PT84株加熱死菌体の感染防御効果. BIO Clinica. 2015. 30. 14. 1399-1405
  • 石島 早苗, 羽山 和美, 二宮 健太郎, 山崎 正利, 安部 茂, 岩佐 正弘. Candida等サッカロミセス亜門子嚢菌と健康障害 Enterococcus faecalis加熱死菌体によるマウス口腔カンジダ感染の防御とその機序について. Medical Mycology Journal. 2012. 53. Suppl.1. 76-76
特許 (19件):
講演・口頭発表等 (24件):
  • 口腔、および皮膚ケアに用いるオリゴノール含有製品の研究
    (統合医療機能性食品国際学会 第31回年会 2023)
  • カンジダの発育抑制活性を示すココナッツ油およびリパーゼ含有歯磨き剤開発の試み
    (日本医真菌学会雑誌 2020)
  • Candida albicansに対するラクトフェリンとラクトパーオキシダーゼシステムの併用効果
    (関東医真菌懇話会プログラム・抄録集 2019)
  • ヨーグルトに利用可能な乳酸菌の抗カンジダ活性
    (関東医真菌懇話会プログラム・抄録集 2019)
  • カンジダの臨床サンプルからの回収・検出法に関する検討
    (関東医真菌懇話会プログラム・抄録集 2016)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(薬学)
受賞 (2件):
  • 2014/03 - 帝京大学 冲永荘一学術文化奨励賞
  • 2013/09 - 日本医真菌学会 優秀論文賞 免疫抑制マウスにおけるAureobasidium pullulans ADK-34株由来β-グルカン経口投与のCandida albicans感染およびMRSA感染に関する効果
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る