研究者
J-GLOBAL ID:201701011471488391   更新日: 2020年07月10日

森 義治

モリ ヨシハル | Mori Yoshiharu
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): http://eniac.scitec.kobe-u.ac.jp/tanaka/
研究分野 (3件): 生命、健康、医療情報学 ,  生物物理、化学物理、ソフトマターの物理 ,  生物物理学
研究キーワード (4件): バイオインフォマティクス ,  タンパク質 ,  分子シミュレーション ,  生物物理
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2020 マルチスケール分子シミュレーションによる受容体チロシンキナーゼの構造モデリング
  • 2016 - 2019 タンパク質合成におけるアミノ酸の高精度選択機構の解明
  • 2011 - 2013 ATP合成におけるタンパク質触媒機構の理論的研究
論文 (18件):
書籍 (3件):
  • Enhanced sampling algorithms
    Biomolecular Simulations: Methods and Protocols, Humana Press, 153-195 2013
  • Generalized isobaric-isothermal ensemble algorithms
    From Computational Biophysics to Systems Biology, John von Neumann Institute for Computing, 139-144 2012
  • Generalized-ensemble simulations in protein science
    Proceedings of the 4th Japan-Russia International Workshop MSSMBS'10, Nova Science, 46-60 2011
講演・口頭発表等 (93件):
  • マルチスケール分子シミュレーションによる受容体チロシンキナーゼの構造モデリング
    (第12回JHPCN拠点シンポジウム 2020)
  • 分子動力学計算によるtRNAリガーゼ野生型と変異型におけるリガンド結合親和性解析
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • スレオニン-tRNAリガーゼにおけるリガンド相互作用のin silico解析
    (第47回構造活性相関シンポジウム 2019)
  • Ligand binding mechanism of an enzyme studied by binding free energy analyses for mutants of the protein
    (CBI学会2019年大会 2019)
  • Computational insights into DNA binding affinity and its repair activity for photolyase/cryptochrome superfamily
    (第57回日本生物物理学会年会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2009 - 2011 名古屋大学大学院 理学研究科 物質理学専攻(物理系) 博士課程(後期課程)
  • 2007 - 2009 名古屋大学大学院 理学研究科 物質理学専攻(物理系) 博士課程(前期課程)
  • 2003 - 2007 名古屋大学 理学部 物理学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (名古屋大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 神戸大学 講師
  • 2017/04 - 2020/03 北里大学 助教
  • 2012/05 - 2017/03 分子科学研究所 特任助教
  • 2011/04 - 2012/04 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2011/07 - 2011/08 英国 ケンブリッジ大学 訪問研究員
受賞 (2件):
  • 2011/03 - 名古屋大学 学術奨励賞
  • 2009/12 - 第23回分子シミュレーション討論会 学生優秀発表賞 「レプリカ交換分子動力学法における適切なスケーリング法」
所属学会 (8件):
日本薬学会 ,  情報計算化学生物学会 ,  日本分子生物学会 ,  分子科学会 ,  分子シミュレーション学会 ,  日本蛋白質科学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る