研究者
J-GLOBAL ID:201701012151810569   更新日: 2020年11月25日

升谷 耕介

マスタニ コウスケ | Masutani Kosuke
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 腎臓内科学
研究キーワード (5件): 慢性腎臓病 ,  腎代替療法 ,  免疫抑制療法 ,  腎移植 ,  腎病理
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2017 - 2020 急性腎障害におけるアルギナーゼ2の役割とその制御機構の解明.
  • 2016 - 2019 細胞周期を考慮したBKウイルス腎症診断法の確立.
  • 2014 - 2017 オートファジーは血管石灰化を抑制するか?
  • 2013 - 2016 腎移植患者におけるPolyomavirus BK感染に関する前向き研究.
  • 2010 - 2011 マウス腎移植モデルを用いたBKポリオーマウイルス腎症の予防および治療に関する探索的研究
全件表示
論文 (202件):
もっと見る
MISC (44件):
もっと見る
書籍 (12件):
  • 腎移植前に必要な検査の進め方.透析患者の検査値の読み方第4版
    日本メディカルセンター 2018
  • 移植腎病理診断.腎生検診断Navi改訂第2版
    メジカルビュー社 2017
  • 移植前サイトメガロウイルス抗体価の測定はなぜ必要か.腎移植コンサルタント
    金芳堂 2016
  • 移植後ウイルス腎症にはどのようなものがあるか.腎移植コンサルタント
    金芳堂 2016
  • ループス腎炎は腎移植の対象になりますか?見逃すと怖い膠原病 Q&A 100
    メディカルレビュー社 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (525件):
  • 福岡大学病院における腎代替療法
    (第3回心臓と腎臓を考える会 2020)
  • 福岡大学病院における腎代替療法の現状
    (第2回西部地区腎疾患連携セミナー 2020)
  • 腎移植に関する当院の取り組み
    (福岡西部腎不全看護ネットワーク 2020)
  • 慢性腎臓病(CKD)診療における病診連携と薬物療法について
    (福岡市薬剤師会学術研修会 2020)
  • 当院における腎移植チーム再構築と療法選択支援外来開設の試み.
    (第53回日本臨床腎移植学会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2001 - 2005 九州大学 臓器機能医学専攻内科学分野病態機能内科学
  • 2001 - 2005 九州大学 臓器機能医学専攻内科学分野病態機能内科学
  • 1988 - 1994 九州大学 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (九州大学)
経歴 (20件):
  • 2020/04/01 - 福岡大学医学部 腎臓・膠原病内科学 教授
  • 2018/10/01 - 福岡大学病院 血液浄化療法センター 診療教授
  • 2017/04/01 - 福岡大学医学部 腎臓・膠原病内科学 准教授
  • 2016/12/01 - 2017/03/31 九州大学病院 腎疾患治療部 講師
  • 2016/12/01 - 2017/03/31 九州大学病院 腎疾患治療部 講師
全件表示
受賞 (1件):
  • 2017/05/27 - 日本腎臓学会 第60回日本腎臓学会学術総会優秀演題賞 腎移植後BKウイルス腎症における末梢血リンパ球数の検討
所属学会 (11件):
日本内科学会 ,  日本腎臓学会 ,  日本透析医学会 ,  日本臨床腎移植学会 ,  日本移植学会 ,  日本老年医学会 ,  日本アフェレーシス学会 ,  American Society of Nephrology ,  International Society of Nephrology ,  American Society of Transplantation ,  日本腎臓リハビリテーション学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る