研究者
J-GLOBAL ID:201701012737380784   更新日: 2020年04月23日

吾妻 聡

アガツマ サトシ | Agatsuma Satoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 基礎法学
研究キーワード (3件): 障害法学 ,  ロベルト・マンガベイラ・アンガー ,  批判法学
論文 (4件):
  • 吾妻 聡. 批判法学制度派の課題:制度法経済学の祖としてのリアリズム法学への回帰 : 障害法学に供するために (一). 成蹊法学. 2017. 87. 1-49
  • 吾妻 聡. 批判法学制度派の研究プログラム-Roberto Ungerは法をどのようなものとして視るのか-. 法社会学. 2017. 83. 85-98
  • 吾妻 聡. A Note on Roberto Unger’s Style: The Task of Normative Thought Today. Studies in Cultural Symbiotic, Graduate School of Humanities and Social Sciences. 2011. 10. 33-73
  • 吾妻 聡. 2つの逸脱主義的運動--ロベルト・M・アンガーの批判法学運動と新しい社会運動--社会の理想と権利の理想の呼応. 法社会学. 2005. 63. 186-216
MISC (13件):
  • 吾妻 聡. 障がい者の消費行動と消費者トラブル事例集:本調査に寄せて:法社会学者からみた調査の意義. 『障がい者の消費行動と消費者トラブル事例集』. 2019
  • 吾妻 聡. リーガル・リアリズムの精髄についての諸論攷の考察. 法と社会研究. 2019. 4
  • 吾妻 聡. 書評 江口厚仁 他 編『境界線上の法/主体-屈託のある正義へ-』(ナカニシヤ出版・2018年). 法社会学. 2019. 85. 243-247
  • 吾妻 聡. 障害とは何か,障害者とは誰か. 『平成29年度 障がい者の消費行動と消費者トラブルに関する調査報告書』. 2018. 5-14
  • 吾妻 聡. Roberto Ungerの構造論についてのノート (亀嶋庸一教授 記念号). 成蹊法学 = The journal of law, political science and humanities. 2018. 88. 97-145
もっと見る
書籍 (1件):
  • 新入生のためのリーガル・トピック50
    法律文化社 2016
学歴 (5件):
  • 2014 - 2015 カリフォルニア大学バークレー校 ロースクール LL.M.
  • 2013 - 2014 ハーバード大学 ロースクール 訪問研究員プログラム
  • 2003 - 2006 京都大学 大学院法学研究科 博士後期課程
  • 2003 - 2005 バーバード大学 ロースクール 訪問研究員プログラム
  • 2001 - 2003 京都大学 大学院法学研究科 博士前期課程
経歴 (2件):
  • 2017/04 - 現在 成蹊大学 教授
  • 2006/04 - 2016/03 岡山大学 准教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る