研究者
J-GLOBAL ID:201701013163362991   更新日: 2020年05月29日

布川 あゆみ

フカワ アユミ | Fukawa Ayumi
所属機関・部署:
職名: 特任講師
研究分野 (1件): 教育社会学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 現在 『ドイツにおける移民の統合問題:移民の親の教育期待に着目して』
  • 2019 - 2023 ドイツにおける移民の社会統合をめぐる問題:学校適応の「難しさ」に着目して
  • 2017 - 2018 『現代ドイツにおける学校制度改革と学力問題』
論文 (5件):
  • Ayumi FUKAWA. The Changing Meaning of Schools for Children: Focusing on All-day Schools in Germany. UrbanScope. 2019. 10. 76-80
  • 布川あゆみ. 「教育をめぐる学校・家庭・学校外の関係性の変容:ドイツ・ブレーメン州における移民集住地域の終日学校を事例に」. 『教育社会学研究』. 2018. 102. 195-215
  • 布川あゆみ. 「TALIS調査で測定された授業実践-各国の傾向と教員の信念との関連性から考察する」. 『SYNAPSE』. 2013. 19. 18-21
  • 布川あゆみ. 「ドイツにおける学校の役割変容-『全員参加義務づけ型』の終日学校の展開に着目して」. 『比較教育学研究』. 2013. 47. 160-179
  • 布川あゆみ. 「受け入れ社会のまなざしと移民のまなざしの交錯-移民の子どもの『学力』を媒介に」. 『<教育と社会>研究』. 2009. 19. 64-71
書籍 (13件):
  • OECD・EU編『図表でみる移民統合--OECD/EUインディケータ(2018年版)』
    明石書店 2019
  • OECD編著『移民の子どもと世代間社会移動:連鎖する社会的不利の克服に向けて』
    明石書店 2018
  • 『ドイツにおける学校制度改革と学力問題:進む学校の終日化と問い直される役割分担のあり方』
    晃洋書房 2018
  • OECD編著『移民の子どもと学校:統合を支える教育政策』
    明石書店 2017
  • 「ドイツにおける移民の子どもの『学校適応・不適応』-学力と進学先に着目して-」, 山本須美子(編)『ヨーロッパにおける移民第二世代の学校適応』
    明石書店 2017
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2008 - 2016 一橋大学 総合社会科学専攻
  • 2006 - 2008 一橋大学 総合社会科学専攻
学位 (3件):
  • 博士(社会学) (一橋大学)
  • 修士(社会学) (一橋大学)
  • 学士(文学) (上智大学)
所属学会 (2件):
日本比較教育学会 ,  日本教育社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る