研究者
J-GLOBAL ID:201701013182840888   更新日: 2021年05月29日

三宅 正裕

ミヤケ マサヒロ | Miyake Masahiro
所属機関・部署:
職名: 特定助教
研究分野 (4件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  生命、健康、医療情報学 ,  遺伝学 ,  眼科学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2023 多角的アプローチによる加齢黄斑変性とパキコロイド新生血管の病態解明
  • 2019 - 2022 補償光学適用光干渉断層計による萎縮型加齢黄斑変性の病態・治療研究
  • 2018 - 2021 臨床的・ゲノム学的アプローチの融合による強度近視関連失明の総合的病態解明
  • 2018 - 2021 多角的アプローチによる加齢黄斑変性の病態解明と新規治療の検討
  • 2018 - 2020 加齢黄斑変性とpachychoroid neovasculopathyの病態解明
論文 (103件):
  • Takahiro Kogo, Yuki Muraoka, Akihito Uji, Sotaro Ooto, Tomoaki Murakami, Shin Kadomoto, Yuko Iida-Miwa, Masahiro Miyake, Manabu Miyata, Akitaka Tsujikawa. ANGIOGRAPHIC RISK FACTORS FOR RECURRENCE OF MACULAR EDEMA ASSOCIATED WITH BRANCH RETINAL VEIN OCCLUSION. Retina (Philadelphia, Pa.). 2021. 41. 6. 1219-1226
  • Mariko Sasaki, Masahiro Miyake, Kohta Fujiwara, Hiroyuki Nanba, Masato Akiyama, Yasuo Yanagi, Sei Harada, Yasuharu Tabara, Miho Yasuda, Hidetoshi Yamashita, et al. Cohort Profile: The Ganka-Ekigaku Network (GEN), a Network of Japanese Ophthalmological Epidemiology Studies. Ophthalmic epidemiology. 2021. 28. 3. 237-243
  • Ryosuke Tamiya, Masahiro Miyake, Ai Kido, Shusuke Hiragi, Hiroshi Tamura, Tomohiro Kuroda, Akitaka Tsujikawa. Validation study of the claims-based definition for age-related macular degeneration at a single university hospital in Japan. Japanese journal of ophthalmology. 2021. 65. 3. 388-394
  • Ayaka Doi, Manabu Miyata, Sotaro Ooto, Hiroshi Tamura, Naoko Ueda-Arakawa, Akihito Uji, Yuki Muraoka, Masahiro Miyake, Ayako Takahashi, Tomotaka Wakazono, et al. Long-term visual outcome in inferior posterior staphyloma and efficacy of treatment for complicated choroidal neovascularization. American journal of ophthalmology. 2021
  • Kenji Suda, Tadamichi Akagi, Hanako Ohashi Ikeda, Takanori Kameda, Tomoko Hasegawa, Masahiro Miyake, Ai Kido, Eri Nakano, Akitaka Tsujikawa. Atopic dermatitis as a risk factor for severe visual field loss in youth-a retrospective cohort study of glaucoma under steroid treatment. Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie. 2021. 259. 1. 129-136
もっと見る
MISC (157件):
  • 沼 尚吾, 赤木 忠道, 宇治 彰人, 池田 華子, 亀田 隆範, 須田 謙史, 三宅 正裕, 岡本 洋子, 中野 絵梨, 木戸 愛, et al. これからの緑内障画像診断 OCTアンギオグラフィーを用いた網膜・視神経乳頭の血流評価について(Observations and evaluations of blood flow in retina and tissues around optic disc utilizing OCTA). 日本緑内障学会抄録集. 2020. 31回. 43-43
  • 木戸 愛, 赤木 忠道, 亀田 隆範, 須田 謙史, 三宅 正裕, 岡本 洋子, 長谷川 智子, 池田 華子, 辻川 明孝. 前眼部OCTAを用いた線維柱帯切除術術後濾過胞の虚血領域の評価と術後成績との関連の検討. 日本緑内障学会抄録集. 2020. 31回. 90-90
  • 岡本 洋子, 赤木 忠道, 亀田 隆範, 須田 謙史, 三宅 正裕, 池田 華子, 長谷川 智子, 木戸 愛, 沼 尚吾, 宇治 彰人, et al. 前眼部OCTAを用いた強膜内血流画像と線維柱帯切開術術後成績との関連. 日本緑内障学会抄録集. 2020. 31回. 144-144
  • 三宅 正裕. 【IoMTのエコシステム】眼科画像レジストリーについて. Journal of Internet of Medical Things. 2020. 3. 1. 10-13
  • 三宅 正裕. 【スマホと眼Pros & Cons】スマートフォンによる遠隔眼科診療 後眼部. OCULISTA. 2020. 88. 43-51
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • パキコロイド疾患の本質について考える
    (第124回日本眼科学会総会 2020)
  • データ駆動型社会に向けた基盤構築 〜日本眼科学会 JOI registry〜
    (第117回日本内科学会総会 2020)
  • 人工知能とこれからの医療
    (第78回日本脳神経外科学会総会 2019)
  • Japan Ocular Imaging Registry
    (EURETINA(欧州網膜硝子体専門医会議) 2019)
  • 未承認と適応外使用と臨床研究法
    (第34回日本白内障屈折矯正手術学会 2019)
もっと見る
学位 (3件):
  • 学士(医学) (大阪市立大学)
  • 博士(医学) (京都大学)
  • 公衆衛生学修士 (ハーバード公衆衛生大学院)
委員歴 (3件):
  • 2019/10 - 現在 外科系学会社会保険委員会連合 AI診療作業部会委員
  • 2018 - 現在 日本眼科学会 第5戦略企画委員会(次世代医療)
  • 2016/12 - 2017/06 日本医療研究開発機構 AMEDプログラムオフィサー
受賞 (6件):
  • 2021/05 - 日本網膜硝子体学会 田野Young Investigator's Award
  • 2021/04 - バイエル薬品 バイエル・レチナアワード マルチオミックス解析による中心性漿液性脈絡網膜症とパキコロイド新生血管の病態解明
  • 2020/06 - 日本眼循環学会 若手奨励賞 パキコロイド疾患
  • 2019/08 - わかもと製薬 わかもと先進眼科医療研究会 ブロンズアワード
  • 2016/10 - 京都大学 京都大学医学部若手研究者優秀論文賞
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る