研究者
J-GLOBAL ID:201701013246697006   更新日: 2020年05月09日

若山 圭吾

Wakayama Keigo
所属機関・部署:
ホームページURL (2件): https://ja-jp.facebook.com/keigo.wakayamahttps://ja-jp.facebook.com/keigo.wakayama
研究キーワード (1件): 数理工学
論文 (2件):
MISC (4件):
  • Keigo Wakayama, Jorge Trevino, Hideaki Takada, Shuichi Sakamoto, Yôiti Suzuki. Extended sound field recording using position information of directional sound sources. Proc. 2017 IEEE Workshop on Applications of Signal Processing to Audio and Acoustics (WASPAA2017). 2017. 185-189
  • Keigo Wakayama, Hideaki Takada. Spatial multi-zone sound field reproduction Using higher-order loudspeakers in reverberant rooms. 140th Audio Engineering Society International Convention 2016, AES 2016. 2016
  • Jorge Trevino, Keigo Wakayama, Shuichi Sakamoto, Yo-iti Suzuki, Hideaki Takada, Manabu Okamoto. Recording of extended sound fields using spherical microphone arrays and a-priori knowledge of the sound source positions. The Journal of the Acoustical Society of America. 2016. 139. 2108-2108
  • Hideitsu Hino, Keigo Wakayama, Noboru Murata. Sliced inverse regression with conditional entropy minimization. Proceedings of the 21st International Conference on Pattern Recognition, ICPR 2012, Tsukuba, Japan, November 11-15, 2012. 2012. 1185-1188
特許 (10件):
講演・口頭発表等 (3件):
  • 指向性スピーカアレイによる空間マルチゾーン音場再生の検討
    (日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM) 2015)
  • 超指向性・一般的なスピーカの併用による複数人同時受聴のための音響システムの提案
    (日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM) 2015)
  • 一般化N次元主成分分析によるマルチチャネル音響信号の時間階層型次元削減
    (日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM) 2014)
学歴 (3件):
  • 2020 - 現在 東京工業大学 情報理工学院 数理・計算科学系(博士後期課程)
  • 2010 - 2012 早稲田大学 先進理工学研究科 電気・情報生命専攻(修士課程)
  • 2006 - 2010 早稲田大学 理工学部 電気・情報生命工学科
経歴 (2件):
  • 2017/07 - 現在 NTT東日本
  • 2012/04 - 2017/06 NTT
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る