研究者
J-GLOBAL ID:201701013453344709   更新日: 2020年06月09日

野村 貴子

ノムラ タカコ | Nomura Takako
所属機関・部署:
職名: 協力研究員
研究分野 (1件): 内科学一般
研究キーワード (1件): 肝臓病学
論文 (62件):
  • Akira Honda, Atsushi Tanaka, Tetsuji Kaneko, Atsumasa Komori, Masanori Abe, Mie Inao, Tadashi Namisaki, Naoaki Hashimoto, Kazuhito Kawata, Atsushi Takahashi, et al. Bezafibrate Improves GLOBE and UK-PBC Scores and Long-Term Outcomes in Patients With Primary Biliary Cholangitis. Hepatology (Baltimore, Md.). 2019. 70. 6. 2035-2046
  • Koji Fujita, Kyoko Oura, Hirohito Yoneyama, Tingting Shi, Kei Takuma, Mai Nakahara, Tomoko Tadokoro, Takako Nomura, Asahiro Morishita, Kunihiko Tsutsui, et al. Albumin-bilirubin score indicates liver fibrosis staging and prognosis in patients with chronic hepatitis C. Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology. 2019. 49. 7. 731-742
  • Koji Fujita, Takako Nomura, Asahiro Morishita, Kyoko Oura, Hirohito Yoneyama, Hideki Kobara, Kunihiko Tsutsui, Takashi Himoto, Tsutomu Masaki. Albumin-Bilirubin Score Differentiates Liver Fibrosis Stage and Hepatocellular Carcinoma Incidence in Chronic Hepatitis B Virus Infection: A Retrospective Cohort Study. The American journal of tropical medicine and hygiene. 2019. 101. 1. 220-225
  • Kyoko Oura, Koji Fujita, Asahiro Morishita, Hisakazu Iwama, Mai Nakahara, Tomoko Tadokoro, Teppei Sakamoto, Takako Nomura, Hirohito Yoneyama, Shima Mimura, et al. Serum microRNA-125a-5p as a potential biomarker of HCV-associated hepatocellular carcinoma. Oncology letters. 2019. 18. 1. 882-890
  • Takashi Himoto, Eiichiro Hirakawa, Koji Fujita, Teppei Sakamoto, Takako Nomura, Asahiro Morishita, Hirohito Yoneyama, Reiji Haba, Tsutomu Masaki. Complement Component 3 as a Surrogate Hallmark for Metabolic Abnormalities in Patients with Chronic Hepatitis C. Annals of clinical and laboratory science. 2019. 49. 1. 79-88
もっと見る
MISC (12件):
  • 三村 志麻, 藤田 浩二, 大浦 杏子, 田所 智子, 野村 貴子, 坂本 鉄平, 森下 朝洋, 米山 弘人, 正木 勉. B型慢性肝炎の治療戦略. 香川県内科医会誌. 2018. 54. 29-36
  • 野村 貴子, 坂本 鉄平, 大浦 杏子, 明石 瑛美子, 田所 智子, 藤田 浩二, 谷 丈二, 三好 久昭, 森下 朝洋, 米山 弘人, et al. ガイドラインに沿った原発性胆汁性肝硬変(PBC)の診断と治療. 香川県内科医会誌. 2016. 52. 9-16
  • 樋本 尚志, 野村 貴子, 谷 丈二, 三好 久昭, 米山 弘人, 正木 勉. 肝胆道疾患と免疫 非アルコール性脂肪肝患者における抗核抗体とインスリン抵抗性との関連について. 消化器と免疫. 2014. 50. 20-23
  • 松村 光, 三村 志麻, 三好 久昭, 坂本 鉄平, 野村 貴子, 谷 丈二, 米山 弘人, 出口 章広, 正木 勉, 桶本 尚志, et al. Castleman病を呈した肝腫瘤の一例. 香川県医師会誌. 2012. 65. 5. 66-62
  • 新井 明治, 原田 正和, 中原 麻衣, 森 宏仁, 藤原 新太郎, 西山 典子, 野村 貴子, 小林 三善, 小原 英幹, 正木 勉. 大腸内視鏡で虫体を確認後、ガストログラフィンによる駆虫を行った日本海裂頭条虫症の一例. Clinical Parasitology. 2012. 23. 1. 26-28
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2007 香川医科大学大学院 分子情報制御医学専攻病態制御医学部門
  • 1997 - 2003 香川医科大学 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士
経歴 (2件):
  • 2016/07 - - 香川大学自然生命科学系助教(学内講師)
  • 2016/04 - 2016/06 - 香川大学自然生命科学系助教
所属学会 (6件):
日本内科学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本消化管学会 ,  日本肝臓学会 ,  日本癌治療学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る