研究者
J-GLOBAL ID:201701013850138821   更新日: 2022年04月20日

志村 哲祥

シムラ アキヨシ | Shimura Akiyoshi
所属機関・部署:
職名: 兼任講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 医療管理学、医療系社会学 ,  精神神経科学
研究キーワード (7件): 精神薬理学 ,  概日リズム ,  ディベート ,  時間生物学 ,  産業医学 ,  精神医学 ,  睡眠
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2023 睡眠の問題の改善によるアブセンティズム・プレゼンティズムの改善
  • 2017 - 2020 個別化した睡眠の改善による学生の欠席・不調の改善
論文 (36件):
  • Kuniyoshi Toyoshima, Masahiko Ichiki, Takeshi Inoue, Akiyoshi Shimura, Jiro Masuya, Yota Fujimura, Shinji Higashi, Ichiro Kusumi. Cognitive complaints mediate the influence of sleep disturbance and state anxiety on subjective well-being and ill-being in adult community volunteers: a cross sectional study. BMC Public Health. 2022. 22. 1
  • Akiyoshi Shimura, Katsunori Yokoi, Ko Sugiura, Shinji Higashi, Takeshi Inoue. On workdays, earlier sleep for morningness and later wakeup for eveningness are associated with better work productivity. Sleep Medicine. 2022. 92. 73-80
  • Chihiro Morishita, Masahiko Ichiki, Akiyoshi Shimura, Yoshiki Ishibashi, Atsuo Inubuse, Jiro Masuya, Takeshi Inoue. Psychotropics use and occurrence of falls in hospitalized patients: A matched case-control study. Psychiatry and Clinical Neurosciences. 2022. 76. 3. 71-76
  • Yumi Aoki, Yoshikazu Takaesu, Masahiro Suzuki, Isa Okajima, Masahiro Takeshima, Akiyoshi Shimura, Tomohiro Utsumi, Nozomu Kotorii, Hidehisa Yamashita, Kenichi Kuriyama, et al. Development and acceptability of a decision aid for chronic insomnia considering discontinuation of benzodiazepine hypnotics. Neuropsychopharmacology Reports. 2022. 42. 1. 10-20
  • Akiyoshi Shimura, Hideo Sakai, Takeshi Inoue. Paradoxical association between chronotype and academic achievement: eveningness reduces academic achievement through sleep disturbance and daytime sleepiness. Sleep and Biological Rhythms. 2022
もっと見る
MISC (49件):
書籍 (5件):
  • 子どもの睡眠ガイドブック : 眠りの発達と睡眠障害の理解
    朝倉書店 2019 ISBN:9784254301199
  • 健 2017年8月号
    日本学校保健研修社 2017
  • 健 2017年7月号
    日本学校保健研修社 2017
  • プライマリ・ケア医のための睡眠障害-スクリーニングと治療・連携
    南山堂 2012 ISBN:4525383917
  • Neurological modulation of sleep : mechanisms and function of sleep health
    Academic Press ISBN:9780128166581
講演・口頭発表等 (35件):
  • 特定保健指導はメンタルヘルス対策となりうるか? -生活習慣や睡眠とメンタルヘルス・産業保健との関係-
    (日本総合検診医学会第48回大会 2020)
  • 構造化された睡眠衛生指導は学生の退学を予防する: 多施設ランダム化比較試験
    (日本学校保健学会第66回学術大会 2019)
  • 多施設共同研究: 高等学校における睡眠と欠席・通学意欲との関連の分析
    (日本学校保健学会第66回学術大会 2019)
  • 多施設共同研究: 高等学校における睡眠の実態の調査
    (日本学校保健学会第66回学術大会 2019)
  • 睡眠リズムの多様性と生活
    (日本生理人類学会睡眠研究部会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 現在 東京医科大学大学院(睡眠学講座・精神医学分野)
  • - 現在 順天堂大学医学部医学科
  • - 現在 東京学芸大学教育学部附属高等学校
学位 (2件):
  • 博士(医学)
  • 医師
委員歴 (2件):
  • 2019/04 - 現在 National Sleep Foundation - Sleep Health Editorial Board
  • 2010 - 現在 日本時間生物学会 評議員
受賞 (4件):
  • 2020/10 - 日本精神神経学会 精神神経学雑誌投稿奨励賞(学術総会部門)
  • 2020/05 - 日本産業衛生学会 第93回優秀演題賞 保健指導はストレス対策となりうるか 生活習慣・睡眠とストレス反応に関する縦断調査
  • 2018/10 - 日本時間生物学会 第25回日本時間生物学会学術総会優秀ポスター賞 睡眠の問題、クロノタイプ、Social Jet Lagよりも平日の起床時刻が高校生の出席不良と強く関連する
  • 2018/05 - 日本産業衛生学会 第91回日本産業衛生学会若手優秀演題賞 夜型のクロノタイプを持つ者の早すぎる起床時刻はプレゼンティーイズムを招く
所属学会 (5件):
日本学校保健学会 ,  日本産業衛生学会 ,  日本時間生物学会 ,  日本精神神経学会 ,  日本睡眠学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る