研究者
J-GLOBAL ID:201701014025678593   更新日: 2020年03月30日

青木 奈律乃

アオキ ナツノ | Aoki Natsuno
所属機関・部署:
職名: 非常勤講師
研究分野 (4件): 実験心理学 ,  英語学 ,  日本語学 ,  言語学
論文 (6件):
  • Natsuno Aoki. Pre-head Processing Cost of Theme/location Alternations: An Experimental Study. Konan University. 2019
  • Natsuno Aoki, Kentaro Nakatani. A study of the bump alternation in Japanese from the perspective of extended/onset causation. Proceedings of the Workshop on Cognitive Aspects of the lexicon. 2016. 119-124
  • Kentaro Nakatani, Natsuno Aoki. A Judgment Study on Aspectual Diagnostics in Japanese. Japanese/Korean Linguistics 22. 2015. 22. 55-70
  • 青木 奈律乃. The Effect of the Choice of the Objects in Japanese Locative Alternation. 日本言語学会 第148回大会予稿集. 2014. 70-74
  • 青木 奈律乃, 中谷健太郎. 事象キャンセル可能性についての質問紙調査-その詳細データ-. 甲南大学紀要 文学編. 2013. 163. 41-57
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • Structural Preference in Japanese Locative Alternation
    (第34回甲南英文学会 2018)
  • Preverbal processing cost in locative alternation in Japanese
    (Tenth International Conference on Construction Grammar 2018)
  • What Decides Processing Cost in Locative Alternation in Japanese? -From Data of Self-paced Reading Study
    (Linguistics Beyond and Within 2017 2017)
  • オノマトペ副詞と時間副詞の相互作用からみるアスペクト解釈
    (第33回 甲南英文学会 2017)
  • When an onomatopoeia triggers different semelfactive interpretations: An experimental study
    (日本言語学会 第154回大会 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(文学) (甲南大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る