研究者
J-GLOBAL ID:201701014285471615   更新日: 2020年10月12日

小沼 豊

Konuma Yutaka
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 教育心理学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2023 児童の「援助要請」を促進するための実践方略の開発
論文 (10件):
  • 教師の援助要請をしやすい環境づくり-グランデット・セオリー・アプローチを用いた質的分析-. 日本学校心理士会年報. 2020. 12. 64-75
  • 小野寺基史・井門正美・梅村武仁・野寺克美・松橋淳・小沼豊. 双方向遠隔授業システムを活用した対話型授業の構想と実践. 北海道教育大学大学院高度教職実践専攻研究紀要. 2020. 10. 1-13
  • 小沼豊. 特別支援教育における学習支援に関する一考察 -授業・生活場面におけるユニバーサルデザインに着目して-. 北海道教育大学大学院高度教職実践専攻研究紀要. 2020. 10. 51-58
  • 小沼豊. 学校安全・危機管理マネジメントに関する組織論的考察 -高信頼性組織(HRO)理論を手がかりとして-. 北海道教育大学大学院高度教職実践専攻研究紀要. 2020. 10. 145-157
  • 小沼 豊. 特別活動の学習経験が自身の指導観に与える影響. 教師学研究. 2016. 19. 35-42
もっと見る
書籍 (12件):
  • 「不登校の背景とその対応・支援 「いじめ」」(3章)
    『学級担任が行う不登校の予防と対応-学校がツライ子どもを増やさないために-』 会沢信彦・諸冨祥彦・大友秀人(編集)・図書文化社 2020
  • 「アンガーマネジメント教育」 情動のコントロールに困難を抱える子どもに対する支援方法-授業場面におけるアンガーマネジメントに着目して-
    『命を教育-命を大切にし、守る』・NSK出版 2020
  • 生徒指導 2019年 12 月号 [雑誌]
    学事出版 2019
  • 児童心理2018年12月号 [雑誌]
    金子書房 2018
  • いじめから子どもを守る学校づくり: いますぐできる教師の具体策
    図書文化社 2018 ISBN:4810087085
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • カウンセリングの根底にあるもの
    (2018)
  • 他児との人間関係に困難を抱える子どもの認知変容プロセス
    (日本教育心理学会 第59回総会 2017)
  • 発達面に「気になる幼児」に対する援助サービス-専門機関との連携を通して
    (日本学校心理学会 第19つくば大会 2017)
  • 修正版グランテッドセオリーを用いた男性保育者に対する援助体制について-職場での人間関係に着目して
    (日本質的心理学会 第14回 2017)
  • 新任保育者の職場適応に関する一考察
    (日本保育者養成学会 第1回大会 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2010 - 2013 名古屋大学大学大学院
学位 (2件):
  • 修士(教育学) (千葉大学)
  • 博士(心理学)Ph.D. (名古屋大学)
委員歴 (2件):
  • 2014/04 - 現在 スクールカウンセリング推進協議会 研究委員 及び 渉外委員
  • 2010/04 - 現在 千葉県青少年相談員 千葉県青少年相談員
受賞 (1件):
  • 2019/01 - 日本教育公務員弘済会 佳作 いじめの一次予防におけるアセスメントに関する一考察 ~文章完成法(SCT)の活用に着目して~
所属学会 (8件):
日本教師学学会 ,  日本保育者養成学会 ,  日本質的心理学会 ,  日本保育学会 ,  日本カウンセリング学会 ,  日本学校心理士会 ,  日本学校心理学会 ,  日本教育心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る