研究者
J-GLOBAL ID:201701014289901754   更新日: 2018年10月19日

田中 賢一郎

Kenichiro Tanaka
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): https://k-tanaka.me/https://k-tanaka.me/
研究分野 (1件): 知覚情報処理
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2018 - 2023 時間相関ビジョン-ナノ秒時間相関画像を用いたコンピュータビジョン技術の新展開-
  • 2018 - 2021 光計測と信号処理の融合による次世代アクティブ計測技術の開発
  • 2018 - コンピュテーショナルフォトグラフィを用いた安全・安心・安価な物体内部構造の可視化
  • 2014 - 2017 シーン中の光線解析に基づく画像の鮮明化
  • 2017 - 2018 Time-of-Flightカメラを用いた,光の時間的応答の違いに基づく半透明物体の材質と3次元形状の推定
論文 (11件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (4件):
  • Recovering Inner Slices of Translucent Objects by Multi-frequency Illumination
    (IEEE Conference on Computer Vision and Pattern Recognition (CVPR) (Oral) 2015)
  • Recovering Inner Slices of Translucent Objects by Multi-Frequency Illumination" (CVPR2015)
    (画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015) 2015)
  • Recovering Transparent Shape from Time-of-Flight Distortion" (CVPR2016)
    (画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016) 2016)
  • 光の広がりに着目したコンピュテーショナルフォトグラフィ
    (日本光学会情報フォトニクス研究グループ +CMOS 研究会 2017)
学歴 (1件):
  • 2014 - 2017 大阪大学 大学院情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻 博士後期課程
学位 (1件):
  • 博士(情報科学) (大阪大学)
経歴 (2件):
  • 2014/04 - 2017/03 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
  • 2017/04 - 現在 奈良先端科学技術大学院大学 助教
受賞 (5件):
  • 2018/08 - 画像の認識理解シンポジウム MIRUフロンティア賞
  • 2017/08 - 情報処理学会 MIRU 長尾賞(最優秀論文賞) Recovering Temporal PSF using ToF Camera with Delayed Light Emission
  • 2015/07 - MIRU2015 若手の会 若手優秀賞
  • 2014/03 - 大阪大学情報科学研究科 情報科学研究科賞
  • 2013/04 - IEEE International Conference on Computational Photography Honorable Mention Descattering Transmissive Observation using Parallel High-frequency Illumination
所属学会 (3件):
IEEE ,  CVF ,  情報処理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る