研究者
J-GLOBAL ID:201701014516162351   更新日: 2021年12月16日

庄島 正明

Shojima Masaaki
ホームページURL (1件): http://plaza.umin.ac.jp/shojima
研究分野 (5件): 生体医工学 ,  ヒューマンインタフェース、インタラクション ,  脳神経外科学 ,  放射線科学 ,  流体工学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2021 - 2023 アイトラッキングによるカテーテル術者の目線解析と訓練に役立つ目線パターンの解明
  • 2020 - 2022 3Dプリンタ用PVA材料の構造および熱物性と適応部位の解明
  • 2017 - 2019 脳血管内治療における暗黙知の可視化とデジタル画像処理に基づいたカテーテル治療支援システムの開発
  • 2016 - 2019 脳循環動態予測のためのデータ同化による全身循環血流解析システムの構築
  • 2015 - 2018 流体力学的アプローチによる脳動脈瘤血流変向手術の効果予測法の開発
全件表示
論文 (26件):
書籍 (2件):
  • 水力学的考察に基づく灌流ラインのセットアップ 脳血管内治療の進歩2019
    診断と治療社 2020
  • 水力学的考察に基づく灌流ラインのセットアップ「脳血管内治療の進歩2019」
    診断と治療社 2020
講演・口頭発表等 (41件):
  • 脳血管内治療の指導医が次世代バーチャル脳血管モデルの開発で感じたこと
    (医療用立体モデルコンソーシアム 2020)
  • アイトラッキング・テクノロジーによる脳血管内治療手技への科学的アプローチ
    (第36回日本脳神経血管内治療学会 2020)
  • テクノロジーを活用した血管内治療医促成トレーニングの安全性担保
    (第36回日本脳神経血管内治療学会 2020)
  • 名脇役の登場:フェノム27カテーテルによる経皮的脳血栓回収術の進歩
    (第36回日本脳神経血管内治療学会 2020)
  • 破裂脳動脈瘤治療におけるコイルとCアームと私達〜 360 × 360 × 360 〜
    (第36回日本脳神経血管内治療学会 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1990 - 1996 東京大学
  • 1984 - 1990 東大寺学園中学校・高等学校
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東京大学)
委員歴 (1件):
  • 2018/04/29 - 2020/03/31 公益社団法人 日本放射線技術学会 学術研究班 脳動脈瘤に対する数値流体力学解析における医用画像の取り扱いに関する標準化 班員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る