研究者
J-GLOBAL ID:201701014753064780   更新日: 2021年05月13日

山品 博子

ヤマシナ ヒロコ | Yamashina Hiroko
所属機関・部署:
職名: 講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (3件): 医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  医療技術評価学
研究キーワード (5件): Visual Assessment ,  視覚評価 ,  医用画像 ,  撮影技術 ,  マンモグラフィ
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2021 - 2025 視線解析に基づくマンモグラフィ撮影時のポジショニング技術の可視化と技術伝承
  • 2020 - 2024 呼吸循環フィットネスを評価する新しい指標の多角的検討
論文 (25件):
  • Ryusuke Suzuki, Teppei Suzuki, Shintaro Tsuji, Kensuke Fujiwara, Hiroko Yamashina, Akira Endoh, Katsuhiko Ogasawara. A Bayesian Network-Based Browsing Model for Patients Seeking Radiology-Related Information on Hospital Websites: Development and Usability Study. Journal of Medical Internet Research. 2021. 23. 1
  • Yasuhiro Morii, Seiichi Furuta, Tomoki Ishikawa, Kensuke Fujiwara, Hiroko Yamashina, Katsuhiko Ogasawara. Projecting supply and demand for pharmacists in pharmacies based on the number of prescriptions and system dynamics modeling. HUMAN RESOURCES FOR HEALTH. 2020. 18. 1
  • Yuji Sase, Daiki Kumagai, Teppei Suzuki, Hiroko Yamashina, Yuji Tani, Kensuke Fujiwara, Takumi Tanikawa, Hisashi Enomoto, Takeshi Aoyama, Wataru Nagai, et al. Characteristics of Type-2 Diabetics Who are Prone to High-Cost Medical Care Expenses by Bayesian Network. INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RESEARCH AND PUBLIC HEALTH. 2020. 17. 15. 1-10
  • Suzuki T, Hotta J, Kuwabara T, Yamashina H, Ishikawa T, Tani Y, Ogasawara K. Possibility of introducing telemedicine services in Asian and African countries. Health Policy and Technology. 2020. 9. 1. 13-22
  • Yasuhiro Morii, Takahiro Osawa, Teppei Suzuki, Nobuo Shinohara, Toru Harabayashi, Tomoki Ishikawa, Takumi Tanikawa, Hiroko Yamashina, Katsuhiko Ogasawara. Cost comparison between open radical cystectomy, laparoscopic radical cystectomy, and robot-assisted radical cystectomy for patients with bladder cancer: a systematic review of segmental costs. BMC urology. 2019. 19. 1. 110-110
もっと見る
MISC (4件):
  • 山品博子. ミャンマーの画像事情. 画像通信(Web). 2019. 42. 1. 67-70 (WEB ONLY)
  • 山品 博子. プレゼンテーション上達のコツ(09)英語でプレゼンテーション(2). JART = 日本診療放射線技師会誌. 2017. 64. 3. 322-326
  • 山品 博子. プレゼンテーション上達のコツ(08)英語でプレゼンテーション(1). JART = 日本診療放射線技師会誌. 2017. 64. 2. 219-224
  • 山品 博子, 浅野 みどり, 入山 茂美. 分野横断型リーディング大学院プログラムにおける短期海外研修の試行. 日本看護医療学会雑誌. 2015. 17. 2. 42-46
講演・口頭発表等 (36件):
  • The effect of breast compression on improving the quality of 2D mammography image: what radiographers should know
    (European Congress of Radiology 2020)
  • The eye-tracking system as an assessment tool for mammography positioning Authors
    (European Congress of Radiology 2020)
  • How should Mammography be performed? Better positioning , better quality of images
    (12th Annual Congress of the Association of Cambodian Radiologic Technologists 2020)
  • モーションキャプチャーシステムを用いたマンモグラフィ術者の動作解析
    (日本放射線技術学会 北海道支部学術大会 第75回秋季大会 2019)
  • Use of Simple PIN Photodiode Detector
    (the 8th Myanmar Medical Radiation Technologists Conference 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (北海道大学)
経歴 (4件):
  • 2021/05 - 現在 福島県立医科大学
  • 2021/05 - 現在 福島県立医科大学 附属病院 放射線部 講師
  • 2021/05 - 現在 福島県立医科大学 保健科学部 診療放射線科学科 講師
  • 2021/04 - 2021/05 福島県立医科大学 保健科学部 講師
委員歴 (9件):
  • 2019/04 - 現在 日本放射線技術学会 撮影部会 委員
  • 2019/04 - 現在 日本医用画像管理学会 国際交流理事
  • 2019/04 - 現在 日本放射線技術学会 東南アジア教育支援班 班員
  • 2019/04 - 2021/06 日本放射線技術学会 第77回日本放射線技術学会学術大会 実行委員
  • 2018/11 - 2021/03 北海道大学 卓越大学院 One-Health プログラム 卓越AllyCourse委員会
全件表示
受賞 (2件):
  • 2021/04 - 日本放射線技術学会 技術奨励賞 撮影分野(一般撮影) アイトラッキングによるマンモグラフィ撮影時の注視点検出:熟練者と初学者の比較
  • 2020/07 - 欧州放射線学会議 優秀演題賞
所属学会 (8件):
European Society of Radiology ,  日本放射線技術学会 ,  日本診療放射線技師会 ,  日本医用画像管理学会 ,  日本乳癌検診学会 ,  日本疫学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本国際保健医療学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る