研究者
J-GLOBAL ID:201701014794499316   更新日: 2022年04月06日

森田 能次

モリタ ヨシツグ | Morita Yoshitsugu
研究分野 (2件): 無機・錯体化学 ,  生体化学
研究キーワード (7件): 生物無機化学 ,  ヘムタンパク質 ,  錯体化学 ,  分子生物学 ,  超分子化学 ,  生体高分子化学 ,  生体関連化学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2022 アロステリック人工酸素運搬体(ヘモグロビン-アルブミン)トリマーの創製
  • 2020 - 2021 赤血球と同等の高い酸素輸送能をもつ人工酸素運搬体 の合成
  • 2020 - 2021 遺伝子組換え融合蛋白質からなる人工酸素運搬体の創製
  • 2017 - 高い酸素放出能・協同性を有する人工酸素運搬体としての(ヘモグロビン-アルブミン)クラスターの創製
論文 (36件):
  • Y. Morita, R. Takada, A. Saito, T. Komatsu. Genetically and chemically tuned haemoglobin-albumin trimers with superior O2 transport efficiency. Chemical Communications. 2021
  • Y. Enomoto, M. Akiyama, Y. Morita, T. Komatsu. Polyelectrolyte/Gold Nanoparticle Nanotube Incorporating Doxorubicin-Loaded Liposomes. Chemistry - An Asian Journal. 2021
  • Y. Morita, Y. Shindo, T. Komatsu. Protein Triad Comprising Genetically Fused Hemoglobin and Human Serum Albumins as an Artificial O2 Carrier Resistant to Haptoglobin Binding. Chem. Lett. 2021
  • M. Umebara, N. Sugai, K. Murayama, T. Sugawara, Y. Akashi, Y. Morita, R. Kato, T. Komatsu. Catalase-Driven Protein Microtube Motors with Different Exterior Surfaces as Ultrasmall Biotools. Mater. Adv. 2021
  • K. Ueyama, S. Hayakawa, K. Nishio, D. Sawaguchi, K. Niitsuma, S. Michii, R. Tsuruoka, M. Ozawaa, K. Torita, Y. Morita, T. Komatsu, R. Haraguchi, S. Fukuzawa. Halogen-Bonding-Donor Catalyzed Cyanosilylation of Aldehydes. Asian J. Org. Chem. 2021. 10. 7. 1742-1747
もっと見る
MISC (4件):
  • 小松晃之, 長谷川智美, 森田能次. イヌ・ネコアルブミン製剤の開発と人工赤血球への応用. 2020. 189. 102-107
  • T. Hayashi, Y. Morita, K. Oohora. Construction of a Methionine Synthase Model by Apomyoglobin Cobalt Corrin Complex. JOURNAL OF BIOLOGICAL INORGANIC CHEMISTRY. 2014. 19. S92-S92
  • 森田 能次. メチオニン合成酵素を指向したコバルトコリン誘導体含有ミオグロビンの調製と反応挙動. Bulletin of Japan Society of Coordination Chemistry. 2013. 61. 13-15
  • 北村 誠, 森田 能次, 榊原 和彦, 三木 功次郎. 高分子ゲルを用いた化学教材用ダニエル電池の製作. 論文集「高専教育」. 2008. 31. 229-233
書籍 (1件):
  • 赤血球代替物となる人工酸素運搬体の開発(フロンティア機能高分子金属錯体)
    編著:西原 寛、山元公寿、三共出版 2020
講演・口頭発表等 (116件):
  • アルブミン-ミオグロビン融合タンパク質の合成
    (第11回CSJ化学フェスタ2021 2021)
  • 酸素吸脱着により構造変化する組換えヘモグロビン集合体の合成
    (錯体化学第71回討論会 2021)
  • ビスターピリジン鉄錯体で連結したヘモグロビン超構造体の合成と形態制御
    (錯体化学第71回討論会 2021)
  • Synthesis and O2 affinity control of recombinant human hemoglobin nanoparticles
    (第15回バイオ関連化学シンポジューム 2021)
  • 協同効果を有する人工酸素運搬体(ヘモグロビン-アルブミン)トリマーの合成と酸素親和性制御
    (第70回高分子討論会 2021)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 2014 - 2016 大阪大学
  • 2013 - 2016 大阪大学 応用化学専攻 博士後期課程
  • 2011 - 2013 大阪大学 応用化学専攻 博士前期課程
  • 2009 - 2011 大阪大学 応用自然科学科
  • 2004 - 2009 奈良工業高等専門学校
学位 (2件):
  • 修士(工学) (大阪大学)
  • 博士(工学) (大阪大学)
経歴 (4件):
  • 2022/04 - 現在 大阪公立大学 特任研究員
  • 2017/04 - 2022/03 中央大学理工学部 助教
  • 2016/04 - 2017/03 九州大学 学術研究員
  • 2014/04 - 2016/03 日本学術振興会(JSPS)特別研究員
受賞 (7件):
  • 2020/03 - 中央大学 第 23 回 瀧野秀雄学術奨励賞
  • 2016 - 日本化学会第96春季年会 学生講演賞
  • 2014 - 日本化学会第94春季年会 学生講演賞
  • 2012/09 - イギリス化学会 錯体化学会第62回討論会 Dalton Award メチオニン合成酵素を指向したコバルトコリン誘導体含有ミオグロビンの調製と挙動解析
  • 2012/09 - イギリス化学会 錯体化学会第62回討論会 The Dalton Transactions Award メチオニン合成酵素を指向したコバルトコリン誘導体含有ミオグロビンの調製と挙動解析
全件表示
所属学会 (4件):
日本化学会 ,  錯体化学会 ,  高分子学会 ,  日本化学会 生体機能関連化学部会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る