研究者
J-GLOBAL ID:201701014977550736   更新日: 2020年05月27日

川島 弘之

カワシマヒロユキ | Kawashima Hiroyuki
所属機関・部署:
職名: 助手
論文 (3件):
  • 川島 弘之, 古屋 武史, 植草 省太, 金田 英秀, 越永 従道. 非還納性鼠径ヘルニアと鑑別を要した鼠径部の横紋筋肉腫の1例. 日本小児血液・がん学会雑誌. 2017. 53. 5. 487-490
  • 菅本 祐司, 丸山 哲郎, 花井 禎, 清水 勇樹, 木村 正幸, 福長 徹, 田崎 健太郎, 豊住 武司, 武藤 靖英, 川島 弘之, 前岡 瑛里, 大森 一彦, 藤本 肇, 窪田 吉紘, 江口 正信, 松原 久裕. 腹腔鏡補助下手術にて根治が得られた魚骨穿通による直腸S状部膀胱瘻の1例. 千葉医学雑誌. 2016. 92. 4. 137-142
  • 川島 弘之, 杉藤 公信, 吉澤 信輔, 植草 省太, 古屋 武史, 大橋 研介, 池田 太郎, 越永 従道, 草深 竹志, 永瀬 浩喜. von Hippel-Lindau(VHL)遺伝子の生殖細胞変異を伴った傍神経節腫の1例. 日本小児外科学会雑誌. 2010. 46. 4. 777-782
MISC (3件):
  • 川島 弘之, 多田 実, 佐藤 亜耶, 古屋 武史, 内田 広夫. 【プロが見せる手術シリーズ(5):難易度の高い泌尿生殖器手術】 総排泄腔遺残に対する腟造設術(skin-flap法、pull-through法、腸管間置法). 小児外科. 2014. 46. 5. 459-464
  • 川島 弘之, 池田 太郎, 越永 従道. 【エビデンスに基づく手術の適応とタイミング】 毛巣洞. 小児外科. 2014. 46. 8. 868-871
  • 川島 弘之, 池田 太郎, 越永 従道. 【この症状の診断と次の一手】 乳児の仙骨部皮膚陥凹. 小児外科. 2013. 45. 2. 230-232
講演・口頭発表等 (5件):
  • 胆管炎を繰り返す胆道閉鎖症I-cyst型長期生存例に内視鏡治療が有用であった1例
    (第55回日本小児外科学会学術集会 2018)
  • 小児精索静脈瘤に対する単孔式リンパ管温存腹腔鏡下内精索動静脈結紮術の有用性
    (第548回日大例会 2018)
  • 保存的治療を先行させた胆嚢捻転症の1例
    (第54回日本小児外科学術集会 2017)
  • 腹腔鏡下腎尿管摘出術を行った癒合腎の1例
    (第541回日大医学会 2017)
  • 臓器がん、その他 マウス神経発達とヒト神経芽腫の発生におけるNr4A3遺伝子EXON1のDNAメチル化状態の関与
    (第69回日本癌学会総会 2010)
受賞 (1件):
  • 2013/11/30 - 日本小児血液・がん学会 第3回 日本小児血液・がん学会学術賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る