研究者
J-GLOBAL ID:201701015026199610   更新日: 2021年09月28日

野村 真利香

Nomura Marika
所属機関・部署:
職名: 協力研究員
研究分野 (4件): 栄養学、健康科学 ,  家政学、生活科学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  医療管理学、医療系社会学
研究キーワード (4件): 国際栄養 ,  国際保健 ,  疫学 ,  公衆衛生学
論文 (29件):
  • 加藤 浩樹, 池田 奈由, 杉山 雄大, 野村 真利香, 由田 克士, 西 信雄. 海外における減塩政策による循環器疾患予防に関するシミュレーションモデルを用いた医療経済的評価研究の現況. 日本公衆衛生雑誌. 2021. 68. 9. 631-643
  • 野村 真利香. 【拡大する母子保健】疾患の予防 母子保健における食育 国際潮流の視点から. 小児内科. 2020. 52. 12. 1758-1762
  • Hirotsugu Aiga, Marika Nomura, José Paulo M Langa, Mussagy Mahomed, Rosa Marlene, Albertina Alage, Nilton Trindade, Dino Buene, Hiroshi Hiraoka, Shunichi Nakada, et al. Spectrum of nutrition-specific and nutrition-sensitive determinants of child undernutrition: a multisectoral cross-sectional study in rural Mozambique. BMJ nutrition, prevention & health. 2020. 3. 2. 320-338
  • 町田 宗仁, 大澤 絵里, 野村 真利香, 曽根 智史. 国際保健人材の育成のための望ましいキャリアパスとその支援に関する調査. 日本公衆衛生雑誌. 2020. 67. 7. 471-478
  • Yusuke Kamiya, Marika Nomura, Hina Ogino, Kanako Yoshikawa, Latsamy Siengsounthone, Phonepadith Xangsayarath. Mothers' autonomy and childhood stunting: Evidence from semi-urban communities in Lao PDR. BMC Women's Health. 2018. 18. 1. 70
もっと見る
MISC (9件):
  • 野村真利香. 栄養政策等の社会保障費抑制効果の評価に向けた医療経済学的な基礎研究 栄養不良の二重負荷の観点による海外の栄養政策に関する研究. 栄養政策等の社会保障費抑制効果の評価に向けた医療経済学的な基礎研究 令和元年度 総括・分担研究報告書(Web). 2020
  • 西信雄, 野村真利香, 山口美輪, 小林正. 栄養政策等の社会保障費抑制効果の評価に向けた医療経済学的な基礎研究 アジア諸国との比較からみた日本の健康指標及び栄養政策の特徴. 栄養政策等の社会保障費抑制効果の評価に向けた医療経済学的な基礎研究 令和元年度 総括・分担研究報告書(Web). 2020
  • 野村 真利香, 相賀 裕嗣, 西 信雄, 村上 義孝. Planetary Health Dietとわが国の摂取エネルギー充足率の比較. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2019. 78回. 552-552
  • 野村 真利香. アクティブエイジングの推進に向けたアジア戦略:日本・台湾・タイの経験から 高齢期に対する肯定的意識に関する分析 アジア諸国の分析結果. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2018. 77回. 170-170
  • 町田 宗仁, 大澤 絵里, 野村 真利香, 曽根 智史. 国際保健政策人材に求められるキャリアパスおよびコンピテンシーの抽出. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2018. 77回. 581-581
もっと見る
書籍 (4件):
  • 2016年世界栄養報告(日本語翻訳版)
    2017
  • 2015年世界栄養報告(日本語翻訳版)
    2016
  • イエメン
    国際保健医療学第二版 2015
  • 栄養転換
    一般社団法人日本国際保健医療学会 国際保健用語集(改訂) 2015
講演・口頭発表等 (3件):
  • 持続可能な開発目標(SDGs)時代の栄養問題へのアプローチ
    (日本衛生学会(東京) 2018)
  • Implications for NCD prevention from the community-based baseline survey of the MHMS and JICA Health Promoting Village Project in Solomon Islands.
    (グローバルヘルス合同大会, 東京 2017)
  • SDGsは人々の健康に貢献するか?(公開ディベート)
    (グローバルヘルス合同大会(東京) 2017)
所属学会 (4件):
日本家政学会 ,  国際開発学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本国際保健医療学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る