研究者
J-GLOBAL ID:201701015203053639   更新日: 2022年06月27日

米永 一理

ヨネナガ カズミチ | YONENAGA Kazumichi
所属機関・部署:
職名: 特任准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
ホームページURL (1件): https://eatingloss.wixsite.com/2020
研究分野 (3件): 社会系歯学 ,  外科系歯学 ,  内科学一般
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2021 - 2026 カヘキシアマウスモデルにおけるサイトカイン分析と抗炎症治療の実証
  • 2020 - 2025 イートロスの体系化と診断/予防/治療方法の確立
  • 2017 - 2020 浮遊細胞を利用した脂肪幹細胞の高効率培養法の開発
  • 2016 - 2018 脂肪組織由来幹細胞の抗炎症作用による創傷治癒促進に関する基礎的研究
  • 2015 - 2016 細胞周期依存性の細胞接着変化を活用した間葉系幹細胞の高効率培養法の確立
論文 (33件):
  • Tonosaki K, Yonenaga K✉, Itai S, Oyama S, Mizuno T, Ono S, Watanabe R, Hoshi K. Complete lateral positioning enabled feeding in a patient with aspiration pneumonia. The Tokai Journal of Experimental and Clinical Medicine. 2022. In Press
  • Yonenaga K✉, Itai S, Hoshi K. Implications for clinical dental practice during the coronavirus disease pandemic: a scoping review. Journal of Prosthodontic Research. 2022. 66. 1. 6-11
  • Tonosaki K, Yonenaga K✉, Itai S, Mizuno T, Oyama S. Familial Mediterranean fever with psychiatric disorder which have not been diagnosed over 30 years: A case report. The Tokai Journal of Experimental and Clinical Medicine. 2021. 46. 4. 180-183
  • Tonosaki K, Yonenaga K✉, Ono S, Itai S, Oyama S, Mizuno T, Watanabe R, Hoshi K. Swallowing evaluation by the Kuchikara Taberu Balance Chart and videoendscopic examination reveals that respiratory conditions, chewing, and position are strongly related to dysphagia. Odontology. 2021. 109. 2. 448-454
  • Yonenaga K✉, Taga H, Eno Y, Watanabe M, Matsuo A, Itai S, Ono S, Takato T. Association between the Mallampati score and maximal mouth opening in patients with obstructive sleep apnea. Oral Science International. 2021. 18. 2. 116-119
もっと見る
MISC (102件):
  • 米永一理. 第4回 総論:漢方薬の使い方と副作用. Kampo Square(Webマガジン). 2022. 19. 11
  • 米永一理. イートロスを防いで豊かな人生100年時代へ. 糖尿病・内分泌代謝科. 2022. 54. 6. 660-668
  • 米永一理. 口腔ケアがなぜ大事かイメージできるようになろう. 月刊ケアマネジメント. 2022. 33. 6. 23-29
  • 米永一理. 医科・歯科・介護・薬剤師など多職種間で情報共有のハードルを下げることが大切(インタビュー記事). Monthry Dentist News. 2022. 15. 3
  • 板井俊介, 米永一理. 歯科口腔領域におけるポータブル超音波診断装置の使用例. 映像情報メディカル増刊号. 2022. 54. 6. 109-112
もっと見る
書籍 (21件):
  • 訪問歯科診療で特に配慮すべき全身疾患
    日本訪問歯科協会 2022
  • 歯科訪問診療報酬 逆引き点数表2022
    日本訪問歯科協会 2022
  • 映像情報メディカル増刊号 超音波診断 2022 BOOK 歯科口腔領域におけるポータブル超音波診断装置の使用例
    産業開発機構株式会社 2022
  • 今日の治療指針 口腔ケアと喫食
    医学書院 2022
  • 漢方カルタ
    たにぐち書店 2021
もっと見る
講演・口頭発表等 (155件):
  • The inhibitory effects of catechin on oral bacteria and halitosis
    (The 2st Annual Meeting of the International Society of Oral Care 2022)
  • カテキンによる口腔内細菌および口臭の抑制作用に関する検討
    (第19回日本口腔ケア学会総会・学術大会 2022)
  • 口腔ケアアンバサダーについての一般人の認識に関する研究-第1報
    (第19回日本口腔ケア学会総会・学術大会 2022)
  • 明日から使える歯科漢方 第3部 実践編
    (Doctorbook Academy 2022)
  • ヒト耳介軟骨細胞の保存温度によるバイアビリティーの検討
    (第21回日本再生医療学会総会 2022)
もっと見る
Works (6件):
  • MPラーニング 研修認定薬剤師対象講座 患者・家族に口腔の重要性をどう理解してもらうか ~薬剤師から提供する口腔関連情報~
    米永一理 2022 - 現在
  • 漢方カルタ
    米永一理 2021 -
  • 日本健康ライフデザイン機構 特定健康デザイン専門士受験資格認定講座 I 健康づくり概論 1.社会環境の変化と健康課題 2.健康づくり施策 3.生活習慣病とその予防 EBM(エビデンスの医学)
    米永一理 2021 -
  • ハミングバードプルーム
    米永一理 2020 -
  • 現代文明論 第3回 超高齢社会と地域の福祉・医療 後半
    東海大学現代文明論教育センター 2019 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • 鹿児島大学 歯学科
  • 東海大学 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東京大学)
経歴 (13件):
  • 2020/04 - 現在 東京大学大学院医学系研究科イートロス医学講座 特任准教授
  • 2017/04 - 現在 日本大学 歯学部 兼任講師
  • 2017/04 - 現在 十和田市立中央病院 総合内科
  • 2006/04 - 現在 東京大学医学部附属病院口腔顎顔面外科・矯正歯科(旧 顎口腔外科・歯科矯正歯科)
  • 2018/04 - 2021/03 JR東京総合病院 総合診療科 医長等
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2022/04 - 現在 日本口腔ケア学会 編集委員会
  • 2022/04 - 現在 日本口腔ケア学会 広報委員会
  • 2021/11 - 現在 日本プライマリ・ケア連合学会 代議員
  • 2021/04 - 現在 日本口腔ケア学会 組織委員会 副委員長
  • 2021 - 現在 日本口腔ケア学会 口腔ケアアンバサダー委員会 委員長
全件表示
受賞 (7件):
  • 2019/12 - 歯科鉄門会奨励賞
  • 2019/05 - JR東京総合病院 2018年度年次計画における病院運営貢献賞
  • 2017/11 - 青森県自治体病院・診療所協議会顕彰(2回目)
  • 2015/11 - 青森県自治体病院・診療所協議会顕彰
  • 2015/03 - 上十三歯科医師会特別功労賞
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る