研究者
J-GLOBAL ID:201701015209462271   更新日: 2021年11月15日

井原 駿

イハラ シュン | Ihara Shun
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://www.shunihara.com
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (5件): 意味論 ,  語用論 ,  統語論 ,  言語学 ,  英語学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2021 - 2023 自然言語における発話行為の意味論に対する形式的アプローチ
  • 2020 - 2021 日本語発話行為の統合的記述とその処理システムの構築
  • 2020 - 2021 言語の意味論的研究の教育への応用と関西地域における意味論研究の拠点形成
  • 2018 - 2021 言語と論理的思考の発達に関する研究
  • 2017 - 2020 組み合わせ範疇文法 (CCG) を用いた日本語発話形式処理システムの構築
全件表示
論文 (27件):
  • Shun Ihara, Yuta Tatsumi. The Duality of Negative Attitudes in Japanese Conditionals. Proceedings of JSAI International Workshop of Logic and Engineering of Natural Language Semantics 18 (LENLS18). 2021. 269-282
  • Shun Ihara. Division of Labor between Semantics and Pragmatics of Canonical and Non-canonical Imperatives. 言語研究. 2021. 160
  • 井原 駿. 日英語における命令文の特性と意味制約. 国際文化学研究. 2021. 56
  • Kenta Mizutani, Shun Ihara. Decomposing the Japanese deontic modal "hoo-ga ii". Japanese/Korean Linguistics, CSLI Publications. 2021. 28
  • Shun Ihara. From subjunctive alternatives to unconditionals and imperatives. Japanese/Korean Linguistics, CSLI Publications. 2021. 28. 195-210
もっと見る
MISC (4件):
  • 水谷謙太, 井原駿, 平山裕人. 意味論・語用論的な分析が求められる言語現象とは何か. JELS 37: Papers from the 37th Conference of the English Linguistics Society of Japan. ワークショップ報告書. 2020
  • 井原 駿. What ‘-nakereba naranai’ should and must be. 日本言語学会第157回大会予稿集. 2018. 306-311
  • Shun Ihara. A Unified Semantics for Japanese Jussives. The 20th International Congress of Linguists Abstract Book. 2018
  • 井原駿. 終助詞における義務的含意と前提の最大化. 日本言語学会第155回大会予稿集. 2017. 258-263
講演・口頭発表等 (36件):
  • The Duality of Negative Attitudes in Conditionals
    (Logic and Engineering of Natural Language Semantics 18 (LENLS18) 2021)
  • Two strategies for being "at least": English at least Japanese sukunakutomo
    (J/K29 2021)
  • Resolving teleological QuDs with/without discourse particles and vocatives
    (Sinn und Bedeutung 26 (SuB26) 2021)
  • Obligatory implicatures in discourse particles: A case of yo
    (東海・関西意味論研究会 (Semantics Workshop in Tokai and Kansai) 2021)
  • 自然言語による義務と認識の表出ーモダリティ表現の意味論・語用論研究の現在ー
    (国際文化学研究推進センター (Promis) 新任教員セミナー 2021)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2017 - 2020 大阪大学
学位 (2件):
  • 修士 (大阪大学)
  • 博士 (大阪大学)
経歴 (3件):
  • 2020/10 - 現在 神戸大学 大学院国際文化学研究科 助教
  • 2020/04 - 2020/09 独立行政法人日本学術振興会 Postdoctoral Fellow (PD)
  • 2017/04 - 2020/03 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
所属学会 (5件):
関西言語学会 ,  日本語用論学会 ,  日本英語学会 ,  言語処理学会 ,  日本言語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る