研究者
J-GLOBAL ID:201701015209462271   更新日: 2020年08月01日

井原 駿

イハラ シュン | Ihara Shun
所属機関・部署:
職名: 客員研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
ホームページURL (2件): https://sites.google.com/view/shunihara/homehttps://sites.google.com/view/shunihara/home
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (14件): Natural Language Processing ,  Formal Pragmatics ,  Formal Semantics ,  Semantics ,  計算言語学 ,  統語論 ,  自然言語処理 ,  発話行為 ,  終助詞 ,  日本語 ,  語用論 ,  形式意味論 ,  意味論 ,  言語学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2023 日本語発話行為の統合的記述とその処理システムの構築
  • 2020 - 2021 言語の意味論的研究の教育への応用と関西地域における意味論研究の拠点形成
  • 2018 - 2021 言語と論理的思考の発達に関する研究
  • 2017 - 2020 組み合わせ範疇文法 (CCG) を用いた日本語発話形式処理システムの構築
  • 2016 - 2018 量化に関する実験語用論的研究
論文 (21件):
  • 井原 駿, 浅野真菜. Rhetorical imperatives: expressing anti-preferences. Proceedings of Sinn und Bedeutung 24. 2020. 1
  • Shun Ihara. What do superlative modifiers encode and do not, at least?. Theoretical Approach to Natural Language. 2020
  • 井原駿. Decomposing Directive Strategies. 2020
  • 野口雄矢, 井原 駿. What sluicing tells us about imperatives. Japanese/Korean Linguistics. 2020. 27
  • 井原 駿, 水谷謙太. Hurford Conditionals in Japanese. Japanese/Korean Linguistics. 2020. 27
もっと見る
講演・口頭発表等 (30件):
  • From subjunctive alternatives to unconditionals and imperatives
    (The 28th Japanese/Korean Linguistics Conference (JK28) 2020)
  • Decomposing the Japanese Deontic Modal "hoo-ga ii"
    (The 28th Japanese/Korean Linguistics Conference (JK28) 2020)
  • Licensing of Minimizer PPIs under Negation
    (DegPol2020 (Workshop on Degree Expressions and Polarity Effects) 2020)
  • 日本語命令文の意味構造とそのバリエーション
    (立命館大学実践的理論言語学研究会 2020)
  • Pragmatics in conditionals: implicature, entailment, and Hurford’s constraint
    (日本英語学会第37回大会 Student Workshop 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2017 - 2020 大阪大学大学院 言語文化専攻(博士後期課程)
  • 2015 - 2017 大阪大学大学院 言語文化専攻(博士前期課程)
学位 (1件):
  • 博士(言語文化学) (大阪大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 立命館大学 衣笠総合研究機構 客員研究員
  • 2020/04 - 現在 独立行政法人日本学術振興会 Postdoctoral Fellow (PD)
  • 2020/03 - 現在 近畿大学 経済学部 非常勤講師
  • 2018/04 - 現在 摂南大学 外国語学部 非常勤講師
  • 2017/04 - 現在 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
所属学会 (5件):
関西言語学会 ,  日本語用論学会 ,  日本英語学会 ,  言語処理学会 ,  日本言語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る